文学その6

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

【免責事項】

このサイトには、Google により提供される翻訳が含まれる場合があります。Google は、明示的か黙示的かを問わず、翻訳に関するすべての保証(精度、信頼性に関するあらゆる保証、および商品性、特定目的への適合性、第三者の権利の非侵害性に関するあらゆる…

玄鶴山房:芥川 龍之介(1-50)/421

玄鶴山房 Genzuru Yamabo 芥川龍之介 Ryunosuke Akutagawa 一 one ………それは小ぢんまりと出来上った、奥床しい門構えの家だった。 ……… It was a small house with a deep gate. 尤もこの界隈にはこう云う家も珍しくはなかった。 However, such houses were n…

結婚難並びに恋愛難:芥川 龍之介(1-79)/79

結婚難並びに恋愛難 Marriage difficulties and romance difficulties 芥川龍之介 Ryunosuke Akutagawa あなたがたはゼライイドの話を知つてゐますか? Do you know the story of Zeraid? ゼライイドは美しい王女です。 Zeraid is a beautiful princess. 何…

軍艦金剛航海記:芥川 龍之介(145-209)/209

これは其の後の事だが、夕飯をすませて、士官室の諸君と話してゐると、上甲板でわあと云ふ聲が聞こえた事がある。 This was after that, but when I had dinner and talked to the officers in the officer's office, I heard a voice on the upper deck. 何…

軍艦金剛航海記:芥川 龍之介(97-144)/209

「遠流びと舟に泣く夜や子規。 "Night and Shiki crying in exiles and boats. と云ふんだ。 I said. S君の事をよんだんだがね。」 I read about Mr. S. " 二人は低い聲で笑つた。 The two laughed with a low voice. さうしてもう一度海を見て空を見て、そ…

軍艦金剛航海記:芥川 龍之介(44-96)/209

上から見てゐると、抛りこむ度にその細い綱が生きもののやうに海の上でうねくつた。 Seen from above, the thin rope swelled on the sea like a living creature every time it sank. その先につけてある分銅が、まだ殘つてゐる日脚に光つて、魚の跳ねるや…

軍艦金剛航海記:芥川 龍之介(1-43)/209

軍艦金剛航海記 Warship Kongo Voyage 芥川龍之介 Ryunosuke Akutagawa 一 one 暑いフロックを夏の背廣に着換へて外の連中と一しよに上甲板へ出てゐると、年の若い機關少尉が三人やつて來て、いろんな話をしてくれた。 When the hot flock was changed into …

久米正雄氏の事:芥川 龍之介(1-30)/30

久米正雄氏の事 About Masao Kume 芥川龍之介 Ryunosuke Akutagawa 久米は官能の鋭敏な田舎者です。 Kume is a sensual redneck. 書くものばかりじゃありません。 It's not all about writing. 実生活上の趣味でも田舎者らしい所は沢山あります。 There are …

久米正雄:傚久米正雄文体:芥川 龍之介(1-25)/25

久米正雄 Masao Kume ――傚久米正雄文体―― --Masao Kume style-- 芥川龍之介 Ryunosuke Akutagawa ……新しき時代の浪曼主義者は三汀久米正雄である。 ‥ …… Masao Kume, the romanist of the new era. 「涙は理智の薄明り、感情の灯し火」とうたえる久米、真白…

久保田万太郎氏:芥川 龍之介(1-55)/55

久保田万太郎氏 Mantaro Kubota 芥川龍之介 Ryunosuke Akutagawa 僕の知れる江戸っ児中、文壇に縁あるものを尋ぬれば第一に後藤末雄君、第二に辻潤君、第三に久保田万太郎君なり。 Among the Edo children I know, if you look at things related to the lit…

首が落ちた話:芥川 龍之介(171-215)/215

あいつはまた身の上話をしても、なかなか面白い事を云っていた。 Even if he talked about himself again, he said something quite interesting. 殊にあいつが頸に重傷を負って、馬から落ちた時の心もちを僕に話して聞かせたのは、今でもちゃんと覚えている…

首が落ちた話:芥川 龍之介(134-170)/215

その蒼い※気の中に、点々としてかすかにきらめくものは、大方昼見える星であろう。 The blue * The ones that sparkle in the air are mostly stars that can be seen in the daytime. もう今はあの影のようなものも、二度と眸底は横ぎらない。 Now, even so…

首が落ちた話:芥川 龍之介(86-133)/215

しかもその瓶の底には、泡の集ったような雲がどこからか生れて来て、またどこかへ※然と消えてしまう。 Moreover, at the bottom of the bottle, a cloud that looks like a collection of bubbles is born from somewhere, and then disappears. これが丁度…

首が落ちた話:芥川 龍之介(42-85)/215

――と思った時、何小二の頸のつけ根へは、何とも云えない、つめたい物が、ずんと音をたてて、はいったのである。 ――When I thought about it, something I couldn't say, something I wanted to squeeze, made a noise at the base of my neck. ―――――――――――――…

首が落ちた話:芥川 龍之介(1-41)/215

首が落ちた話 The story of the neck falling 芥川龍之介 Ryunosuke Akutagawa 上 Up 何小二は軍刀を抛り出すと、夢中で馬の頸にしがみついた。 Koji pulled out his Guntō and clung to the horse's neck crazy. 確かに頸を斬られたと思う――いや、これはし…

孔雀:芥川 龍之介(1-21)/21

孔雀 peacock 芥川龍之介 Ryunosuke Akutagawa これは異本「伊曾保の物語」の一章である。 This is a chapter of the different book "The Story of Isoho". この本はまだ誰も知らない。 No one knows this book yet. 「或鴉おのれが人物を驕慢し、孔雀の羽…