文学その6

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

【免責事項】

このサイトには、Google により提供される翻訳が含まれる場合があります。Google は、明示的か黙示的かを問わず、翻訳に関するすべての保証(精度、信頼性に関するあらゆる保証、および商品性、特定目的への適合性、第三者の権利の非侵害性に関するあらゆる…

鱷:ドストエフスキー フィヨードル・ミハイロヴィチ:森 林太郎(306-378)/1593

己の周囲は真つ暗だ。 My surroundings are completely dark. だが手捜りで検査して見る積りだ。 However, they are looking for the inspections. そんなら又逢ふから、内へ帰るが好い。 In that case, I would like to go back inside again. 心配するには…

鱷:ドストエフスキー フィヨードル・ミハイロヴィチ:森 林太郎(234-305)/1593

外でもないが己がこんな所に這入り込んでゐるのを、上役が聞いたら、なんと云ふかと云ふのが問題だ。 It's not outside, but when the boss hears me crawling into such a place, it's a problem. 外国旅行の許可を得てゐながら、※の腹の中に這入つてぐづ/…

鱷:ドストエフスキー フィヨードル・ミハイロヴィチ:森 林太郎(178-233)/1593

この男は室内に這入つては来ない。 This man does not crawl indoors. 足は敷居より外を踏んでゐて、上半身を前へ屈めて顔を出してゐる。 His feet are stepping out of the threshold, and his upper body is bowed forward and out. 多分入場料が払ひたく…

鱷:ドストエフスキー フィヨードル・ミハイロヴィチ:森 林太郎(122-177)/1593

なんだか絶望したイワンがわざ/\この世の一切の物を今一度見て暇乞をしたやうに思はれた。 Ivan desperately desperately wanted to look at everything in the world and begging for time. 併しぐづ/\してゐる隙はない。 There is no chance to do it.…

鱷:ドストエフスキー フィヨードル・ミハイロヴィチ:森 林太郎(61-121)/1593

きつとわたし夢に見てよ。」 Tight and dream. " 「大丈夫です。 "It's okay. 食ひ付きはしません。」 We do not eat. " ドイツ人は細君に世辞を言ふ気味で、かう云つた。 The Germans tended to compliment Hosoe, saying that. そして我々一行は少しも笑は…

鱷:ドストエフスキー フィヨードル・ミハイロヴィチ:森 林太郎(1-60)/1593

鰐 crocodile ドストエウスキー Fyodor Mikhailovich Dostoevski Dostoevsky Fyodor Mikhailovich Dostoevski 森林太郎訳 Translated by Taro Hayashi 一 一 己の友達で、同僚で、遠い親類にさへなつてゐる、学者のイワン・マトヱエヰツチユと云ふ男がゐる。…

老人:リルケ ライネル・マリア:森 林太郎(1-72)/72

老人 Old man GREISE GREISE ライネル・マリア・リルケ Rainer Maria Rilke Rainer Maria Rilke 森林太郎訳 Translated by Taro Hayashi ペエテル・ニコラスは七十五になつて、いろんな事を忘れてしまつた。 Peeter Nicholas has forgotten many things in 7…

防火栓:ヒルシュフェルド ゲオルヒ:森 林太郎(58-183)/183

せぎ合つてゐる人の体のぬくもりは、互に暖めはしないで、却て気分を悪くする。 The warmth of those who join each other does not warm each other, but rather makes them feel sick. そこで老人連はもういやになつて来たが、一しよに来た若い人達は早く…

防火栓:ヒルシュフェルド ゲオルヒ:森 林太郎(1-57)/183

防火栓 Fire hydrant DAS GROBE VERGNUGEN DAS GROBE VERGNUGEN ゲオルヒ・ヒルシユフエルド Georg Hirschfeld Georg Hirschfeld 森林太郎訳 Translated by Taro Hayashi 度度噂のあつた事が、いよ/\実行せられると聞いた時、市中の人民は次第に興奮して来…

フロルスと賊と:クスミン ミカイル・アレクセーヴィチ:森 林太郎(234-311)/311

無言の童が内から戸を開けて入れた。 A silent child opens the door from inside and enters. 童の顔は、いつもの子とは見えぬ程、恐怖のために変つてゐる。 The child's face is so deformed by fear that she cannot be seen as an ordinary child. そし…

フロルスと賊と:クスミン ミカイル・アレクセーヴィチ:森 林太郎(152-233)/311

勿論心附けは辞退せずに受けた。 Of course, I took my heart without declining. フロルスは頃日逃亡した奴隷が監獄の中に入れられてゐはせぬか、捜して見たいと要求したのである。 Flors demanded that the slaves who fled at that time were to be found…

フロルスと賊と:クスミン ミカイル・アレクセーヴィチ:森 林太郎(75-151)/311

「その夢をお話になるには、ひどく興奮なさる虞があるでせうか。」 "Is there any danger of getting excited to talk about that dream?" 「なに、なに」と、主人は忙しげに反復して云つて、額に出た玉の汗を拭つた。 "What, what," said the master, busy …

フロルスと賊と:クスミン ミカイル・アレクセーヴィチ:森 林太郎(1-74)/311

フロルスと賊と Flors and the thief クスミン Mikhail Alekseevich Kuzmin Mikhail Alekseevich Kuzmin 森林太郎訳 Translated by Taro Hayashi 表の人物 人物 People in the table Aemilius Florus 主人 Aemilius Florus master Mummus 老いたる奴隷 Mummu…

フロルスと賊と:クスミン ミカイル・アレクセーヴィチ:森 林太郎(1-74)/311

フロルスと賊と Flors and the thief クスミン Mikhail Alekseevich Kuzmin Mikhail Alekseevich Kuzmin 森林太郎訳 Translated by Taro Hayashi 表の人物 人物 People in the table Aemilius Florus 主人 Aemilius Florus master Mummus 老いたる奴隷 Mummu…

復讐:レニエ アンリ・ド:森 林太郎(690-765)/765

己のやうに賊のする儘にさせてゐないらしい。 It seems that I will not let you be a trap that a bandit will do. 物音で判断すると、さう思はれるのである。 Judging by sound, we can think of it. 己はレオネルロが抗抵して、ひどい怪我をしないと好い…