文学その6

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

【免責事項】

このサイトには、Google により提供される翻訳が含まれる場合があります。Google は、明示的か黙示的かを問わず、翻訳に関するすべての保証(精度、信頼性に関するあらゆる保証、および商品性、特定目的への適合性、第三者の権利の非侵害性に関するあらゆる…

年末の一日:芥川 龍之介(1-62)/121

年末の一日 Year-end day 芥川龍之介 Ryunosuke Akutagawa ………僕は何でも雑木の生えた、寂しい崖の上を歩いて行った。 ……… I walked on a lonely cliff with all sorts of trees. 崖の下はすぐに沼になっていた。 The bottom of the cliff soon became a swa…

日光小品:芥川 龍之介(86-120)/120

そうしてただ笑った。 Then I just laughed. 小供たちの声に驚かされたとみえておばあさんも私たちの方を見た。 The grandmother looked at us as if she was surprised by the voices of the small servants. けれどもおばあさんは盲だった。 But the grand…

日光小品:芥川 龍之介(37-85)/120

いつだったかこんな話をきいたことがある。 I have heard such a story sometime. 雪国の野には冬の夜なぞによくものの声がするという。 It is said that there are many voices in the snowy fields on winter nights. その声が遠い国に多くの人がいて口々…

日光小品:芥川 龍之介(1-36)/120

日光小品 Nikko Pieces 芥川龍之介 Ryunosuke Akutagawa 大谷川 Daiya River 馬返しをすぎて少し行くと大谷川の見える所へ出た。 After passing the horseback, I went to a place where I could see the Daiya River. 落葉に埋もれた石の上に腰をおろして川…

永久に不愉快な二重生活:芥川 龍之介(1-23)/23

永久に不愉快な二重生活 A double life that is forever unpleasant 芥川龍之介 Ryunosuke Akutagawa 中村さん。 Mr. Nakamura. 問題が大きいので、ちよいと手軽に考をまとめられませんが、ざつと思ふ所を云へばかうです。 Because the problem is big, I ca…

イズムと云ふ語の意味次第:芥川 龍之介(1-31)/31

イズムと云ふ語の意味次第 Depends on the meaning of the word ism 芥川龍之介 Ryunosuke Akutagawa イズムを持つ必要があるかどうか。 Whether it is necessary to have an ism. かう云ふ問題が出たのですが、実を云ふと、私は生憎この問題に大分関係のあ…

温泉だより:芥川 龍之介(121-176)/176

上さんはそのために長湯も出来ず、※々風呂を出てしまったそうです。 Because of that, Mr. Ue couldn't even take a long bath, and he said he had taken a bath. 共同風呂のまん中には「独鈷の湯」の名前を生じた、大きい石の独鈷があります。 In the midd…

温泉だより:芥川 龍之介(82-120)/176

勿論半之丞がお松に通いつめていたり、金に困っていたりしたことは全然「な」の字さんにはわからなかったのでしょう。 Of course, Hannosuke probably didn't know at all that he was commuting to Omatsu and was in trouble with money. 「な」の字さんの…

温泉だより:芥川 龍之介(43-81)/176

半之丞はこの金を握るが早いか、腕時計を買ったり、背広を拵えたり、「青ペン」のお松と「お」の字町へ行ったり、たちまち豪奢を極め出しました。 Hannosuke quickly grasped this money, bought a wristwatch, picked up a suit, went to the pine tree of …

温泉だより:芥川 龍之介(1-42)/176

温泉だより News from hot springs 芥川龍之介 Ryunosuke Akutagawa ……わたしはこの温泉|宿にもう一月ばかり滞在しています。 …… I have been staying at this hot spring | inn for another month. が、肝腎の「風景」はまだ一枚も仕上げません。 However…

鵠沼雑記:芥川 龍之介(1-83)/83

鵠沼雑記 Kugenuma miscellaneous notes 芥川龍之介 Ryunosuke Akutagawa 僕は鵠沼の東屋の二階にぢつと仰向けに寝ころんでゐた。 I lay down on my back on the second floor of the eastern house in Kugenuma. その又僕の枕もとには妻と伯母とが差向ひに…

横須賀小景:芥川 龍之介(1-36)/36

横須賀小景 Yokosuka small view 芥川龍之介 Ryunosuke Akutagawa カフエ Kafue 僕は或カフエの隅に半熟の卵を食べてゐた。 I ate a soft-boiled egg in the corner of a certain cafe. するとぼんやりした人が一人、僕のテエブルに腰をおろした。 Then one …

秋山図:芥川 龍之介(193-242)/242

「これがお話の秋山図ですか?」 "Is this the Akiyama map of the story?" 先生は無造作な挨拶をしてから、黄一峯の画に対しました。 The teacher gave a casual greeting and then addressed the painting by Huang Ichimine. そうしてしばらくは黙然と、…

秋山図:芥川 龍之介(145-192)/242

のみならず私も面識がある、王氏の手中に入ったのです。 Not only that, but I also got acquainted with Mr. Wang. 昔は煙客翁がいくら苦心をしても、この図を再び看ることは、鬼神が悪むのかと思うくらい、ことごとく失敗に終りました。 In the olden days…

秋山図:芥川 龍之介(98-144)/242

すると墻に絡んだ蔦や庭に茂った草の色は、以前とさらに変りません。 Then, the color of the vines entwined in the wall and the grass in the garden is the same as before. が、取次ぎの小厮に聞けば、主人は不在だということです。 However, if you as…