文学その6

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

【免責事項】

このサイトには、Google により提供される翻訳が含まれる場合があります。Google は、明示的か黙示的かを問わず、翻訳に関するすべての保証(精度、信頼性に関するあらゆる保証、および商品性、特定目的への適合性、第三者の権利の非侵害性に関するあらゆる…

冬:リルケ ライネル・マリア:堀 辰雄(1-27)/27

冬 winter ライネル・マリア・リルケ Rainer Maria Rilke Rainer Maria Rilke 堀辰雄訳 Translated by Tatsuo Hori まだすこしもスポオツの流行らなかつた昔の冬の方が私は好きだ。 I like the old winter, which is still a bit trendy. 人は冬をすこし怖が…

巴里の手紙:リルケ ライネル・マリア:堀 辰雄(225-289)/289

mortes de faim retombent de l'automne, mortes de faim retombent de l'automne, et on devine de toutes les cloches qui sonnent, et on devine de toutes les cloches qui sonnent, 〔les le`vres faites des me'taux timides〕. (Les le`vres faites d…

巴里の手紙:リルケ ライネル・マリア:堀 辰雄(187-224)/289

ロダンがこれらのすべての資料を一まとめにして置いたのです。 Rodin put all these materials together. が、「ラ・プリュウム*」の中に集められてある以外の、そしてより以上のものは、遂に一つも見出されませんでした。 But nothing more and more than …

巴里の手紙:リルケ ライネル・マリア:堀 辰雄(141-186)/289

それは人目につくやうなものではありませんでした。 It was not noticeable. そして、それは彼をぢつと支へて居りました。 And it was keeping him alive. この新しい動作は、その男を非常に落着かせたものか、彼は一瞬間全く輕快さうに歩いてゆきました。 T…

巴里の手紙:リルケ ライネル・マリア:堀 辰雄(102-140)/289

撒水車がゆつくりと登つてきました。 The sprinkler came up slowly. その管からは水が若々しく明るく噴出してゐました。 Water spewed out of the tube brightly and young. そして、まぶしいほど光つてゐる道路を、いい具合に暗くしてゐました。 And the r…

巴里の手紙:リルケ ライネル・マリア:堀 辰雄(72-101)/289

私は遂に、その鉛筆を買はなければならないことが分りました。 I finally found out I had to buy the pencil. そしてそれから、一八八〇年代の天鵞絨の長い外套をきて、使ひ古しの帽子の上に造花の薔薇をつけ(その帽子の下からは毛髮の束がはみ出してゐま…

巴里の手紙:リルケ ライネル・マリア:堀 辰雄(41-71)/289

私は長い病院に沿うて行きました。 I went along a long hospital. その門は、性急さうな、そしてがつがつしたやうな憐憫の樣子をして、大きく開かれてゐました。 The gate was wide open, with the hasty and courageous pity of pity. はじめて私が 〔Ho^t…

巴里の手紙:リルケ ライネル・マリア:堀 辰雄(1-40)/289

巴里の手紙 Paris letter ライネル・マリア・リルケ Rainer Maria Rilke Rainer Maria Rilke 堀辰雄訳 Translated by Tatsuo Hori ライネル・マリア・リルケは一九〇二年八月末はじめて巴里に出た。 Reinel Maria Rilke went to Paris for the first time at…

トレドの風景:リルケ ライネル・マリア:堀 辰雄(1-40)/40

トレドの風景 Landscape of Toledo ライネル・マリア・リルケ Rainer Maria Rilke Rainer Maria Rilke 堀辰雄訳 Translated by Tatsuo Hori 一九一二年秋、リルケは一人飄然と西班牙に旅した。 秋 In the fall of 1992, Rilke traveled alone to Nishibaki. …

ドゥイノ悲歌:リルケ ライネル・マリア:堀 辰雄(53-98)/98

我々が生命をあたへた事物、我々の生活に役立つた事物、我々と馴染み深くなつてゐる事物は、衰頽に向ひつつあり、しかもそれらのものはもう掛け換へのないものなのであります。 The things that have saved our lives, the things that have helped our live…

ドゥイノ悲歌:リルケ ライネル・マリア:堀 辰雄(30-52)/98

我々、うつしみの、現在の我々は、時間の世界のうちでは一瞬たりとも滿足できませぬ、又、そこに拘束せられてもをらぬ。 We, the present of depression, cannot be satisfied for a moment in the world of time, nor will we be restrained there. 我々は…

ドゥイノ悲歌:リルケ ライネル・マリア:堀 辰雄(1-29)/98

ドゥイノ悲歌 Duino tragic song ライネル・マリア・リルケ Rainer Maria Rilke Rainer Maria Rilke 堀辰雄訳 Translated by Tatsuo Hori 次ぎの手紙の斷片は、リルケの作品をポオランド語に飜譯したヴィトルト・フォン・フレヴィチのさまざまな質疑に答へて…

ジャム、君の家は:ゲラン シャルル:堀 辰雄(1-44)/44

ジャム、君の家は Jam, your house シャルル・ゲラン Charles Guerin Charles Guerin 堀辰雄訳 Translated by Tatsuo Hori 「マルテの手記」の一節に、巴里の陋巷で苦惱に充ちた生活をしてゐる孤獨なマルテが、或日圖書館で讀んだ一人の田園詩人――山のなかの…

さらにふたたび:リルケ ライネル・マリア:堀 辰雄(1-19)/19

さらにふたたび Again ライネル・マリア・リルケ Rainer Maria Rilke Rainer Maria Rilke 堀辰雄訳 Translated by Tatsuo Hori さらにふたたび、よしや私達が愛の風景ばかりでなく、 Again, not only is Yoshiya the scenery of love, いくつも傷ましい名前…

旗手クリストフ・リルケ抄:リルケ ライネル・マリア:堀 辰雄(388-430)/430

彼は腕のなかに、氣を失つた白衣の夫人のやうに、旗をかかへてゐた。 He put up his flag in his arm, like the fainted wife of a white coat. さうして彼は馬を見つけると、それに跳びのつて、驀地に駈けらせた。 Then he found a horse, and jumped over …