文学その6

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

文芸鑑賞講座:芥川 龍之介(151-191)/269

只何か漠然とした感銘を受けるのに了るだけであります。 All I have to do is impress with something vague. この丹念に目を配ることは一篇の大局を忘れない以上、微細に亘れば亘るほどよろしい。 It is all right to pay close attention to the details, …

文芸鑑賞講座:芥川 龍之介(107-150)/269

わたしの心構へをするなと言ふのも他意のある訳ではありません。 It doesn't mean that I shouldn't do my best. 片々たる批評家の言葉の為にも、何かと心構へを生じ易い結果、存外一かどの作品も看過されることが多いからであります。 This is because even…

文芸鑑賞講座:芥川 龍之介(71-106)/269

わたくしはこの議論の冒頭に文芸的素質のない人は如何に傑作に親んでも、如何に良師に従つても、鑑賞上の盲人に了る外はないと言ひました。 At the beginning of this discussion, I said that a person with no literary proficiency could be no more than…

文芸鑑賞講座:芥川 龍之介(36-70)/269

して見ればロダンの成長の一歩はこの美を鑑賞したことに懸つてゐる、――と言ふことに帰着しなければなりません。 If we look at it, we must come to the conclusion that Rodan's first step in growth depends on appreciating this beauty. これは如何なる…

文芸鑑賞講座:芥川 龍之介(1-35)/269

文芸鑑賞講座 Literature appreciation course 芥川龍之介 Ryunosuke Akutagawa 文芸上の作品を鑑賞する為には文芸的素質がなければなりません。 You must have a literary ability to appreciate a literary work. 文芸的素質のない人は如何なる傑作に親ん…

文学好きの家庭から:芥川 龍之介(1-30)/30

文学好きの家庭から From a literary home 芥川龍之介 Ryunosuke Akutagawa 私の家は代々お奥坊主だったのですが、父も母もはなはだ特徴のない平凡な人間です。 My house has been an Okubo for generations, but my father and mother are ordinary people …

プロレタリア文学論:芥川 龍之介(37-60)/60

斯の如く所謂宣伝の対照もはつきりせずその宣伝のために迷惑を蒙る資本家でない人もある。 As such, there are some people who are not capitalists who do not have a so-called contrast of advertising and are troubled by the advertising. それは兎に…

プロレタリア文学論:芥川 龍之介(1-36)/60

プロレタリア文学論 Proletarian Literature 芥川龍之介 Ryunosuke Akutagawa こゝではプロレタリア文学の悪口をいふのではない。 This is not a bad thing for proletarian literature. これを弁護しやうと思ふ。 I think I'll defend this. しかし私は一般…

仏蘭西文学と僕:芥川 龍之介(42-68)/68

せいぜい人を煙に捲くくらいが落ちである。 At best, it's about dropping people into smoke. ただせっかくしゃべったものだから、これだけのことはつけ加えておきたい。 I'm just talking to you, so I would like to add all that. というのは当時あるい…

仏蘭西文学と僕:芥川 龍之介(1-41)/68

仏蘭西文学と僕 French and Western literature and me 芥川龍之介 Ryunosuke Akutagawa 僕は中学五年生の時に、ドオデエの「サッフォ」という小説の英訳を読んだ。 When I was in the fifth grade of junior high school, I read the English translation o…

続澄江堂雑記:芥川 龍之介(1-82)/82

続澄江堂雑記 Sumiedodo miscellaneous notes 芥川龍之介 Ryunosuke Akutagawa 一 夏目先生の書 Book of Professor Natsume 僕にも時々|夏目先生の書を鑑定してくれろと言ふ人がある。 Some people also say that I should appraise Natsume-sensei's book.…

澄江堂雑記:芥川 龍之介(455-498)/498

従つてその時代の社会状態と云ふやうなものも、自然の感じを満足させる程度に於て幾分とり入れられる事になつて来る。 Therefore, the so-called social conditions of that era will be taken in to some extent to the extent that they satisfy the feeli…

澄江堂雑記:芥川 龍之介(416-454)/498

時時私は廿年の後、或は五十年の後、或は更に百年の後、私の存在さへ知らない時代が来ると云ふ事を想像する。 I sometimes imagine that after a new year, or after fifty years, or even a hundred years, a time will come when I do not know my existen…

澄江堂雑記:芥川 龍之介(363-415)/498

その後島木赤彦さんに注意されて見ると、この「とても」も「とてもかくても」の「とても」である。 After that, when attention was paid to Mr. Akihiko Shimaki, this "very" is also "very" even though "it is very difficult". 秋風やとても芒はうごく…

澄江堂雑記:芥川 龍之介(312-362)/498

二十三 「とても」 Twenty-three "Very" 「とても安い」とか「とても寒い」と云ふ「とても」の東京の言葉になり出したのは数年以前のことである。 It was a few years ago that the words "very" in Tokyo, such as "very cheap" or "very cold", came into …

澄江堂雑記:芥川 龍之介(251-311)/498

が、この頃ふとレミ・ド・グルモンのことを書いたものを読んだら、グルモンはその晩年にさへ、毎日ラ・フランスに論文を一篇、二週間目にメルキユウルに対話を一篇書いてゐたらしい。 However, when I read what I wrote about Remi de Gourmont around this…

澄江堂雑記:芥川 龍之介(199-250)/498

しかしふと目に止まつた西洋人の比喩の美しさを愛する心だけは残つてゐる。 However, only the heart that loves the beauty of the Western metaphor that suddenly caught my eyes remains. 「ツインガレラの顔は脂粉に荒らされてゐる。 "Twin Galera's fa…

澄江堂雑記:芥川 龍之介(148-198)/498

又俊寛の歌なるものは、康頼や成経より拙いやうである。 Also, Shunkan's song is less than Yasuyori and Seikei. 俊寛は議論には長じてゐても、詩人肌ではなかつたらしい。 Toshihiro seems to have been a poet's skin for a long time, even though he h…

澄江堂雑記:芥川 龍之介(99-147)/498

本と接触した結果である。」 This is the result of contact with a book. " しかし世人は書物に親しんでも、人生はわからぬと云ふかも知れない。 However, even if people are familiar with books, they may not know their lives. ルノアルの言つた言葉に…

澄江堂雑記:芥川 龍之介(50-98)/498

何の某の小説はセンテイメンタルだとか、何の某の戯曲はインテレクチユアルだとか、それらはいづれも帽子の場合と、選ぶ所のない言葉である。 Any novel is sentiental, some drama is intellectual, and they are all hats, and there is no choice. 帽子ば…

澄江堂雑記:芥川 龍之介(1-49)/498

澄江堂雑記 Sumiedo miscellaneous notes 芥川龍之介 Ryunosuke Akutagawa 一 大雅の画 Picture of one taiga 僕は日頃|大雅の画を欲しいと思つてゐる。 I usually think that I want a taiga picture. しかしそれは大雅でさへあれば、金を惜まないと云ふの…

続芭蕉雑記:芥川 龍之介(1-75)/75

続芭蕉雑記 Sequel Basho Miscellaneous Notes 芥川龍之介 Ryunosuke Akutagawa 一 人 One person 僕は芭蕉の漢語にも新しい命を吹き込んだと書いてゐる。 I wrote that Basho's Chinese language also brought new life to life. 「蟻は六本の足を持つ」と…

芭蕉雑記:芥川 龍之介(376-442)/442

殊に恋愛を歌つたものを見れば、其角さへ木強漢に見えぬことはない。 Especially if you look at the ones that you sang in love with, you can't seem to be a thief. 況や後代の才人などは空也の痩せか、乾鮭か、或は腎気を失つた若隠居かと疑はれる位で…

芭蕉雑記:芥川 龍之介(335-375)/442

鐘消えて花の香は撞く夕べかな The bell disappears and the incense of flowers scatters 僕の信ずる所によれば、これは明らかに朱飲山の所謂倒装法を俳諧に用ひたものである。 According to my belief, this is clearly the use of the so-called inclinin…

芭蕉雑記:芥川 龍之介(279-334)/442

今仮に是等の逸話を当代の新聞記事に改めるとすれば、質問を受けた芭蕉の態度はこの位淡泊を極めてゐるのである。 If the anecdote of this is changed to a newspaper article of the present age, Basho's attitude when asked a question is such that th…

芭蕉雑記:芥川 龍之介(226-278)/442

兎に角芭蕉の芸術的感覚は近代人などと称するものよりも、数等の洗練を受けてゐたのである。 Rabbit Basho was more artistic than the modern people. 九 画 9 drawings 東洋の詩歌は和漢を問はず、屡画趣を命にしてゐる。 The poetry of the Orient should…

芭蕉雑記:芥川 龍之介(166-225)/442

俳諧の月並みに堕したのは、――そんなことは今更弁ぜずとも好い。 The haiku has fallen to the level of the moon--I don't mind talking about that now. 月並みの喜劇は「芭蕉雑談」の中に子規|居士も既に指摘してゐる。 Shiki, a resident, has already …

芭蕉雑記:芥川 龍之介(109-165)/442

芭蕉も亦世捨人になるには余りに詩魔の翻弄を蒙つてゐたのではないであらうか? I wonder if Basho had too much tormented by the devil to become a retired person? つまり芭蕉の中の詩人は芭蕉の中の世捨人よりも力強かつたのではないであらうか? In ot…

芭蕉雑記:芥川 龍之介(57-108)/442

四 詩人 Four poets 「俳諧なども生涯の道の草にしてめんどうなものなり」とは芭蕉の惟然に語つた言葉である。 "Haiku is also a troublesome thing for the grass of a lifetime," says Basho's reluctant words. その他俳諧を軽んじた口吻は時々門人に洩ら…

芭蕉雑記:芥川 龍之介(1-56)/442

芭蕉雑記 Basho Miscellaneous Notes 芥川龍之介 Ryunosuke Akutagawa 一 著書 1 book 芭蕉は一巻の書も著はしたことはない。 Basho has never written a book. 所謂芭蕉の七部集なるものも悉門人の著はしたものである。 The so-called seven-part collectio…