文学その6

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

鱷:ドストエフスキー フィヨードル・ミハイロヴィチ:森 林太郎(306-378)/1593

己の周囲は真つ暗だ。 My surroundings are completely dark. だが手捜りで検査して見る積りだ。 However, they are looking for the inspections. そんなら又逢ふから、内へ帰るが好い。 In that case, I would like to go back inside again. 心配するには…

鱷:ドストエフスキー フィヨードル・ミハイロヴィチ:森 林太郎(234-305)/1593

外でもないが己がこんな所に這入り込んでゐるのを、上役が聞いたら、なんと云ふかと云ふのが問題だ。 It's not outside, but when the boss hears me crawling into such a place, it's a problem. 外国旅行の許可を得てゐながら、※の腹の中に這入つてぐづ/…

鱷:ドストエフスキー フィヨードル・ミハイロヴィチ:森 林太郎(178-233)/1593

この男は室内に這入つては来ない。 This man does not crawl indoors. 足は敷居より外を踏んでゐて、上半身を前へ屈めて顔を出してゐる。 His feet are stepping out of the threshold, and his upper body is bowed forward and out. 多分入場料が払ひたく…

鱷:ドストエフスキー フィヨードル・ミハイロヴィチ:森 林太郎(122-177)/1593

なんだか絶望したイワンがわざ/\この世の一切の物を今一度見て暇乞をしたやうに思はれた。 Ivan desperately desperately wanted to look at everything in the world and begging for time. 併しぐづ/\してゐる隙はない。 There is no chance to do it.…

鱷:ドストエフスキー フィヨードル・ミハイロヴィチ:森 林太郎(61-121)/1593

きつとわたし夢に見てよ。」 Tight and dream. " 「大丈夫です。 "It's okay. 食ひ付きはしません。」 We do not eat. " ドイツ人は細君に世辞を言ふ気味で、かう云つた。 The Germans tended to compliment Hosoe, saying that. そして我々一行は少しも笑は…

鱷:ドストエフスキー フィヨードル・ミハイロヴィチ:森 林太郎(1-60)/1593

鰐 crocodile ドストエウスキー Fyodor Mikhailovich Dostoevski Dostoevsky Fyodor Mikhailovich Dostoevski 森林太郎訳 Translated by Taro Hayashi 一 一 己の友達で、同僚で、遠い親類にさへなつてゐる、学者のイワン・マトヱエヰツチユと云ふ男がゐる。…

老人:リルケ ライネル・マリア:森 林太郎(1-72)/72

老人 Old man GREISE GREISE ライネル・マリア・リルケ Rainer Maria Rilke Rainer Maria Rilke 森林太郎訳 Translated by Taro Hayashi ペエテル・ニコラスは七十五になつて、いろんな事を忘れてしまつた。 Peeter Nicholas has forgotten many things in 7…

防火栓:ヒルシュフェルド ゲオルヒ:森 林太郎(58-183)/183

せぎ合つてゐる人の体のぬくもりは、互に暖めはしないで、却て気分を悪くする。 The warmth of those who join each other does not warm each other, but rather makes them feel sick. そこで老人連はもういやになつて来たが、一しよに来た若い人達は早く…

防火栓:ヒルシュフェルド ゲオルヒ:森 林太郎(1-57)/183

防火栓 Fire hydrant DAS GROBE VERGNUGEN DAS GROBE VERGNUGEN ゲオルヒ・ヒルシユフエルド Georg Hirschfeld Georg Hirschfeld 森林太郎訳 Translated by Taro Hayashi 度度噂のあつた事が、いよ/\実行せられると聞いた時、市中の人民は次第に興奮して来…

フロルスと賊と:クスミン ミカイル・アレクセーヴィチ:森 林太郎(234-311)/311

無言の童が内から戸を開けて入れた。 A silent child opens the door from inside and enters. 童の顔は、いつもの子とは見えぬ程、恐怖のために変つてゐる。 The child's face is so deformed by fear that she cannot be seen as an ordinary child. そし…

フロルスと賊と:クスミン ミカイル・アレクセーヴィチ:森 林太郎(152-233)/311

勿論心附けは辞退せずに受けた。 Of course, I took my heart without declining. フロルスは頃日逃亡した奴隷が監獄の中に入れられてゐはせぬか、捜して見たいと要求したのである。 Flors demanded that the slaves who fled at that time were to be found…

フロルスと賊と:クスミン ミカイル・アレクセーヴィチ:森 林太郎(75-151)/311

「その夢をお話になるには、ひどく興奮なさる虞があるでせうか。」 "Is there any danger of getting excited to talk about that dream?" 「なに、なに」と、主人は忙しげに反復して云つて、額に出た玉の汗を拭つた。 "What, what," said the master, busy …

フロルスと賊と:クスミン ミカイル・アレクセーヴィチ:森 林太郎(1-74)/311

フロルスと賊と Flors and the thief クスミン Mikhail Alekseevich Kuzmin Mikhail Alekseevich Kuzmin 森林太郎訳 Translated by Taro Hayashi 表の人物 人物 People in the table Aemilius Florus 主人 Aemilius Florus master Mummus 老いたる奴隷 Mummu…

フロルスと賊と:クスミン ミカイル・アレクセーヴィチ:森 林太郎(1-74)/311

フロルスと賊と Flors and the thief クスミン Mikhail Alekseevich Kuzmin Mikhail Alekseevich Kuzmin 森林太郎訳 Translated by Taro Hayashi 表の人物 人物 People in the table Aemilius Florus 主人 Aemilius Florus master Mummus 老いたる奴隷 Mummu…

復讐:レニエ アンリ・ド:森 林太郎(690-765)/765

己のやうに賊のする儘にさせてゐないらしい。 It seems that I will not let you be a trap that a bandit will do. 物音で判断すると、さう思はれるのである。 Judging by sound, we can think of it. 己はレオネルロが抗抵して、ひどい怪我をしないと好い…

復讐:レニエ アンリ・ド:森 林太郎(637-689)/765

我々は物を探る様な目なざしをして鏡の影を見た。 We looked at the shadow of the mirror, looking like things. 鏡の一面毎に我々の顔とアルドラミンの死骸とが変つてうつつてゐる。 Each face of the mirror crawls as our face and Aldramin's carcass c…

復讐:レニエ アンリ・ド:森 林太郎(582-636)/765

君も己もヱネチアの子だから為様が無い。 Because you and yourself are children of Nenetia, there is no way. 二人の痴戯を窮めるのを見て、レオネルロは微笑んだ。 Leonerlo smiled when she saw her compliments. そのうちに千七百七十九年のカルネワレ…

復讐:レニエ アンリ・ド:森 林太郎(529-581)/765

併し己を不思議な目に合せて、続いて老人が手紙で注意してくれたやうな運命に陥いれた、例の部屋は見附からなかつた。 At the same time, I found myself in a strange fate, followed by a fate that the old man had noted with a letter. どの部屋へも窓…

復讐:レニエ アンリ・ド:森 林太郎(478-528)/765

己に侮辱せられた報酬である。 It is a reward insulted by me. 併しその侮辱は己が故意に加へたのでは無い。 At the same time, the insult was not intentional. 第三者の盲目なる器械となつて、期せずして加へたに過ぎない。 It was just an unexpected a…

復讐:レニエ アンリ・ド:森 林太郎(427-477)/765

此予測は或は御身が思ふ程|厭ふべき事では無いかも知れない。 This prediction may or may not be what you think. 今からは目に視えぬ脅迫が御身の頭上に垂れ懸かつてゐる。 From now on, invisible threats hang over your head. 併し今から後御身が一切…

復讐:レニエ アンリ・ド:森 林太郎(368-426)/765

それに己はまだ一度もあれを遇すべき道を以てあれを遇することが出来なかつた。 And I still couldn't treat it with a way to treat it. 御身にも気が附いたらしかつた己の不機嫌はそれゆゑであつた。 I was so glad that I was aware of myself. それに御…

復讐:レニエ アンリ・ド:森 林太郎(307-367)/765

室内は只なんとなく暖く、そして匂のある闇であつた。 The room was somewhat warm and scented dark. 此夜は奇怪な、名状すべからざる夜であつた。 «This night was a strange night with no name. 己はこの室内で、不思議なことに遭遇して、そのうちにどれ…

復讐:レニエ アンリ・ド:森 林太郎(247-306)/765

そこで己は話をしながらも盛んにジエンツアノの葡萄酒を飲み続けて、肴には果物を食つた。 Then, while talking, I continued to drink Gienzano's sake and ate fruit in the bowl. その果物は黒ん坊が銀の針金で編んだ籠に盛つて持つて来たのだ。 The frui…

復讐:レニエ アンリ・ド:森 林太郎(196-246)/765

なぜだらうか。 Why do you get it? 己が怪訝の念を禁じ得ずして立つてゐると、己の肩の上に誰やらの手が置かれた。 When I stood without forbidden the spirit of doubt, someone's hand was placed on my shoulder. それは主人バルヂピエロの手であつた。…

復讐:レニエ アンリ・ド:森 林太郎(196-246)/765

なぜだらうか。 Why do you get it? 己が怪訝の念を禁じ得ずして立つてゐると、己の肩の上に誰やらの手が置かれた。 When I stood without forbidden the spirit of doubt, someone's hand was placed on my shoulder. それは主人バルヂピエロの手であつた。…

復讐:レニエ アンリ・ド:森 林太郎(151-195)/765

これ丈の服装と容貌とを持つてゐれば、幸福の女神に対して、極大胆な要求をしても好ささうだ。 If you have this length of clothing and appearance, you will love the daring demands of the goddess of happiness. 噂に聞けば、フランスの美人は或る風姿…

復讐:レニエ アンリ・ド:森 林太郎(106-150)/765

なんだか自分が往来で自分に出逢ふやうな気がする。 I feel like I'm going to meet myself as I go. それに今陸に上つて見ると、これから真直にどこまででも行かれる。 And if you look up on the land now, you can go straight anywhere. 元の所に帰るや…

復讐:レニエ アンリ・ド:森 林太郎(51-105)/765

こんな楽しかつた日の記念の数々は、運河のうねりの数々よりも多く、その記念のかゞやきは、運河の水の光より強い。 There are more commemorations of such a fun day than the swells of the canal, and the commemorative glow is stronger than the ligh…

復讐:レニエ アンリ・ド:森 林太郎(1-50)/765

復讐 revenge BALTHASAR ALDRAMIN. KURZE LEBENSGESCHICHTE AUS DEM ALTEN VENEDIG. BALTHASAR ALDRAMIN. KURZE LEBENSGESCHICHTE AUS DEM ALTEN VENEDIG. アンリ・ド・レニエエ Henri de Regnier Henri de Regnier 森林太郎訳 Forest Taro translation 一 o…

不可説:レニエ アンリ・ド:森 林太郎(98-159)/159

そこにゐる乞食坊主を見たり、大きい墓地に往つて見たりしようと云ふのである。 It is said that he wants to see the beggar shaved there and go to a large cemetery. スクタリの墓地は実に立派な所である。 Sukary's cemetery is a wonderful place. 君…