文学その6

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

2019-07-31から1日間の記事一覧

駆落:リルケ ライネル・マリア:森 林太郎(129-192)/192

その内夜が明け掛つた。 Among them, the night was over. フリツツは床の上で寒けがして、「己はもうアンナは厭になつた」と思つてゐる。 Fritztsu gets cold on the floor and thinks, "I am already Anna." なんだか頭がひどく重い。 Somehow my head is …