文学その6

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

尼:ウィード グスターフ:森 林太郎(74-148)/278

己はさうありたいと思ふのだが。」

I think that I want to be there. "

「いゝえ。

"No.

大違です。

It is a big difference.

なんなら内で先生の手紙を見せて上げませう。」

Let me show you the teacher's letter and raise it inside. "

「でも、人間と猩々とが。」

"But humans and jealousy."

「いいえ。

"No.

さう大した懸隔はないのです。

There is no big gap.

それよりかもつと。」

If it has more than that. "

「それは褻涜と云ふものだ。」

"It's a wolf."

「さうでせうか。

"Are you going?

わたしなんぞは敢て自ら其任に当つても好い積です。」

I really like to be a part-time manager. "

「もう馬鹿な事をよせよ。」

"Let's foolish already."

「でも、あなたはお分かりにならないか知れませんが、一体科学が。」

"But you may not understand, but there is integrated science."

「もうよせ。

"Om well.

己は其問題をさう敷衍して見たくはないのだ。」

I do not want to see the problem of bribery. "

「そんならよします。

"I'll do that.

兎に角わたしはさう云ふ事を考へて、あの芝生の広場から最初に曲つた角の小家の辺で、日なたぼつこりをしてゐました。

In my mind, I thought about the sage, and from the lawn square, I first came to the corner of the horned house that turned around and came to see the sun.

もう尼さん達が幾組もわたしの前を通り過ぎました。

Several sets have passed by me in front of me already.

併しわたしは只何やらはつきりしない、黒い物が、砂の上を音もせずにすべつて行つたとしか感ぜなかつたのです。

At the same time, I felt that nothing black and white had slipped on the sand without making any noise.

すると突然或声が耳に入つて、わたしは沈思の中から醒覚しました。

Suddenly, a voice came in my ear, and I awoke from the midst of thought.

其|詞は、『それからシリアのアンチオツフス王の所を出て、地中海の岸に沿うて、今一度』と云つたのです。

The phrase says, 'That then came out of the king of Antiochus of Syria and along the shores of the Mediterranean, once again.'

何も其詞には変つた事はなかつたのですが、其声がわたしの胸にこたへたのです。

Nothing has changed into a verse, but a hoarse voice has come to my heart.

まあ、なんと云ふ声でせう。

Well, I will speak in a voice.

いかにも打ち明けたやうな、子供らしい、無邪気な、まあ、五月頃の山毛欅の木の緑の中で、鳥が歌ふやうな声なのですね。

The bird sings like a singing voice in the green of the Mayo Yamage tree in the middle of May.

わたしが目を挙げて見ると、尼さんが二人前を通つてゐるのです。

When I look up my eyes, Ms. Roh passes through two people.

一人は若くて、一人は年を取つてゐます。

One is young and one is old.

年を取つた方はわたしの知つた顔です。

Those who got older are the faces I have known.

色が蒼くて、太つて、眉毛が一本もなくつて、小さい、鋭い、茶いろな目をしてゐるのです。

It is bright, thick, with no eyebrows, and has small, sharp, brown eyes.

若い方は、それまでつひぞ見たことのなかつた顔です。

Young people are the faces that I have never seen before.

なんとも云へない、可哀らしい顔なのですね。

It's a pretty face I can't say.

ところがわたしがさう気が附いた時には、もう二人はわたしの掛けたベンチの傍を通り過ぎて、わたしに背を向けて歩いてゐます。

However, when I was nervous, the other two passed by my bench and walked back to me.

実は、兄いさん、わたし今少しで口笛を吹く所でした。

Actually, my brother, I was a place to whistle now.

さうしたらわたしの方を振り返つて見る筈でしたからね。

It was a habit of looking back at me when I did that.

併しわたしは吹きませんでした。

But I did not blow.

一体わたしはなんでも思つた事を、すぐに実行すると云ふ事はないのです。

There is no way I can do anything I thought right away.

いつでも決断を段々に積み貯へて行くと云ふ風なのです。

It's kind of like going to store decisions at any time.

其代には時期が来ると、それが一頓に爆発します。」

When the time has come, it explodes at first glance. "

「その若い女はどんな様子だつたのだい。」

"What does the young woman look like?"

兄も問題に興味を感じて来たらしい。

My brother also seems to have been interested in the problem.

「さあ。

"here we go.

其時すぐにはわたしも、どんな様子だと、すぐには思ひ浮べることが出来ませんでした。

I could not immediately come to think of anything as I did soon.

わたしには只目の前に其女の唇がちらついてゐました。

In front of my eyes, the girl's lips flickered.

そこでわたしは兎に角立ち上がつて、跡に附いて行きました。

So I came up to the fortress and went to the mark.

もうヘツケル先生の事も猩々の事も忘れてゐたのですね。

He also forgot about Mr. Hetzkel and all the other things.

矢つ張人間は人間同士の方が一番近い間柄なのです。

Yatsu Haru human beings are the closest between human beings.

道の行止まりまで往くと、尼さん達はこつちへ引き返して来ます。

When you come to the end of the road, the ladies return to their hometown.

わたしは体がぶるぶる震え出したので、そこのベンチに掛けて、二人を遣り過しました。

I trembled with my body, so I hung on the bench there and sent me over.

わたしは年を取つた尼さんの方はちつとも見ないで、只若い方をぢつと見詰めてゐました。

I didn't see the old one, but I looked over the young one.

暗示を与へると云ふ風に見たのです。

I saw it in an imposing manner.

するとその若い尼さんが上瞼を挙げてわたしを見ました。

Then the young niece raised the upper row and saw me.

わたしを見たのですね。

Did you see me?

兄いさん。

Brother.

クツケルツケルツク。

Kutskertsk.

クツケルツケルツク。」

Kutskertsk. "

「それはなんだい。」

"What is it?"

兄は心配らしく問うた。

My brother asked me to worry.

「それですか。

"Is that?

歓喜の声です。

It is a voice of joy.

偉大な感情を表現するには、原始的声音を以てする外ありません。

To express great emotions, there is nothing more than primitive voices.

余計な事を言ふやうですが、これもダアヰニスムの明証の一つです。

It is an extra thing, but this is also one of the clear signs of Daanism.

兄いさん。

Brother.

想像して見て下さい。

Please imagine.

尼さんの被る白い帽子の間から、なんとも云へない、可哀らしい顔が出てゐるのです。

There is a pretty face coming out of the white hat that Mr. Ms. wears.

長い、黒い睫毛が、柔い、琥珀色をした頬の上に垂れてゐます。

A long, black eyebrow drips over a soft, amber-colored cheek.

それは一旦挙げた上瞼を、すぐに又垂れたからです。

That is because I had dropped the upper chopsticks I mentioned once again.

それに其唇と云つたら。」

And if you say it a lip. "

「お前なんとか詞を掛けたのかい。」

"Are you somehow going over the words?"

「いいえ。

"No.

わたしは只其唇を見詰めてゐました。」

I looked down at my lips. "

「どんなだつたのだい。」

"What kind of weather is it?"

「ええ。

"Yes.

野茨の実です。

It is a wild fruit.

二粒の野茨の実です。

It is two wild seeds

真つ赤に、ふつくりと熟して、キスをせずにはゐられないやうなのです。

It's a true red, it's so fat and ripe that you can't beat without a kiss.

その旨さうな事と云つたら。」

If you say that. "