文学その6

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

尼:ウィード グスターフ:森 林太郎(149-213)/278

「でもまさかキスをしはしなかつただらう。」

"But I'm just a kiss and I'm full."

かう云つた兄は目を大きく※いて、額には汗を出してゐた。

My older brother had big eyes * and sweated her forehead.

「いいえ。

"No.

其時はどうもしはしませんでした。

I didn't care about my time.

併しどうしてもあれにキスをせずには置くまいと、わたしは心に誓ひました。

I sweared in my heart that I would not put it without kissing him.

ああした口はキスをするための口で、祈祷をするための口ではないのですから。」

That's a mouth for kissing, not for praying. "

「そんな時は、己に克たなくては。」

"When I do, I have to beat myself."

兄は唐突なやうにかう云つて、手に持つてゐた杖を敷石の上に衝き立てた。

My brother called for a sudden slap, and pushed the cane he had in his hand on the paving stone.

「無論です。

"No.

実際わたしも其日の午後には長椅子の上に横になつてゐて、克己の修行をしました。

In fact, I also sat sideways on the chaise longue in the afternoon of the day, and practiced Kumi.

所がどうもああした欲望の起つた時は、実際それを満足させるより外には策はありません。

There is no better way out than satisfying the situation when the place has a desire to do it.

しかもなる丈早く満足させるですね。

And I'm satisfied with the length as soon as possible.

どうせそれまでは気の落ち着くことはないのですから。」

After all, you won't feel calm until then. "

「所がお前欲望にもいろいろあるからな。

"Because there are many things in your desires.

若し自殺したいと云ふ欲望でも起つたとすると。」

Let's say that even a desire to commit suicide has happened. "

「それですか。

"Is that?

それもわたしは度々経験したのですが。」

I also experienced it often. "

「したのだがどうだ。」

"What's up?"

「したのですが、失敗しました。

"I did, but it failed.

わたしは鴉片を二度飲みました。

I drank a piece twice.

しかも二度目には初の量の三倍を飲みましたが、それでも足りなかつたと見えます。」

And although I drank three times the first dose for the second time, it still seems to be enough. "

「そんな事を。」

"That's right."

「まあ、聞いて下さい。

"Well, please listen.

二度目の時は可笑しうございましたよ。

The second time, it would be funny.

たしか十四時間眠つて、跡で十二時間吐き続けました。

Surely I slept for fourteen hours and kept spiting for twelve hours at the mark.

往来で女の物を売る声がしても、小僧が口笛を吹いても、家の中で誰かゞ戸をひどく締めても、わたしはすぐにそれに感じて吐いたのです。

Even if the traffic was to sell women's things, even if the little boy blew her whistle, or if anyone in the house seriously tightened the door, I immediately felt it and vomited.

そのうちわたしの上の部屋に住んでゐる学生が、あのピツコロと云ふ小さい横笛を吹き始めました。

The student who lives in the room above me begins to blow a small lie called "Pizkolo".

するとわたしは止所なしに吐きました。

Then I vomited without stop.

なんでも三十分ばかり倒れてゐて、笛の調子につれて吐いたのです。

Everything fell for about thirty minutes, and I threw up, and I spited as I felt.

ぴいひよろひよろと吐いたのです。

I threw it up and down.

大ぶ話が横道に這入りましたが。」

There was a big talk about the sidewalk. "

「いや。

"Disagreeable.

もう己は其上の事を聞きたくないのだ。」

I don't want to hear about it. "

「でも聞いて下さらなくては、わたしが好かつたか悪かつたか分らないぢやありませんか。

"But if you don't listen and ask, do you not know whether I was good or bad?

そこでわたしはキスをしようと思つたのです。

So I thought to kiss.

心を落ち着かせるにはキスをせずには置かれないと思つたのです。

I thought that I could not be put without a kiss to calm my mind.

そこで例の長椅子の上で工夫したのですね。

So we devised on the example long chair.

或日の事、その二人の尼さん達がお城の所の曲角を遣つて来る時、わたしは道の砂の上に時計を落して置きました。

One day, when the two men came to the corner of the castle, I dropped my watch on the sand of the road.

すると年を取つたのが見付けて拾ひました。

Then I found out that I got old and picked it up.

わたしはそこへ駆け付けて、長々とフランス語で礼を言ひました。

I rushed there and longed to say thanks in French.

其間|傍にゐる若いのは、ちつともわたしの方を見ません。

Kasama | The young one who roams beside does not look at me either.

一度も見ません。

I do not see it once.

多分アンチオツフス王の事をでも考へて立つてゐたのでせう。

Maybe I thought about King Antiochus, and I thought about it.

そこでわたしもどうもその若いのに詞を掛けるわけには行かなかつたのです。

So I had no choice but to put the lyrics on that young one.

わたしは只柔い頬つぺたを見たり、睫を見たり、特別に念入に口を見たりしてゐました。

I looked at my brows and cheeks, I looked at my brows, and I carefully watched my mouth.

そのうちわたしは気の違つたやうな心持になりました。

In the meantime, I became indifferent.

そこで暇乞をしようと思ふと、どうした拍子か、わたしのステツキが股の間に插まつたので、わたしは二人の尼さんの前でマズルカを踊るやうな足取をしました。

So I thought to do my spare time, my applause, my steppe was in my crotch, so I did a footstep to dance the mazuruka in front of the two nieces.

年を取つたのは口を幅広くして微笑する。

When I got old, I smiled widely.

若いのの口の角にも、ちよいと可笑しがるやうな皺が出来たのです。

Even at the corners of the mouth of a young man, I was able to make a jealousy that would be funny.

わたしは好い徴候だと思ひました。

I thought it was a good sign.

兎に角地中海の波に全く沈没してゐるわけでもないことが分かつたからですね。

It was understood that it wasn't the case that I was sinking into the waves of the Horn Mediterranean Sea at all.

そのうち二人が礼をして往つてしまひました。」

Two of them went out for thanks. "

 兄は笑つた。

My brother laughed.

「まあ、そんなに急いで笑はないで下さい。

"Well, don't laugh so quickly.

まだ話はおしまひではありませんからね。

It's not a story yet.

わたしは其日に帰る時、心に誓つたのです。

I sweared to my heart when I returned to Eve.

三十日間パンと水とで生きてゐても好いから、どうしてもあの唇にキスをしなくてはならないと誓つたのです。」

I vowed to live in bread and water for thirty days, so I really needed to kiss that lip. "

「併し。」

"Similar"

「まあ、黙つて聞いて下さい。

"Well, please shut up and listen.

話は是からです。

The story is right.

なんでも三四日立つてからの午頃でした。

It was about noon after standing for three or four days.

わたしはいつものベンチに掛けて、お城の方角を見詰めてゐました。

I hung on the usual bench and looked down at the direction of the castle.

わたしは其日に二人がきつと来ると云ふことを知つてゐました。

I learned that in the last day two men were coming tight.

来たらきつとキスをすると云ふ事も知つてゐました。

When I came, I kissed me and I knew what happened.

雨が少し降つて来たので、わたしは外套の襟を立てて、帽子を目深に被つてゐました。

As it rained a little, I stood with a coat collar and covered my hat with a deep eye.