文学その6

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

尼:ウィード グスターフ:森 林太郎(214-278)/278

なんでもアメリカの森の中でジヤグアルが物を覗つてゐるのはこんな按排だらうと、わたしは思ひました。

I thought that it would be full of jealousy that Jaguaru threw things in the American forest.

その時刻には散歩に出る人なんぞは殆無いのです。

There are few people who go out for a walk at that time.

わたしは震えながら腰を掛けてゐました。

I shook and sat down while shaking.

帰られる身の上なら帰りたい位でした。」

I would like to go home if I can go home. "

「帰れば好かつたのだ。」

"I would have liked to go home."

「でも帰れば又初から遣り直すことになつたのです。」

"But if I came back I had to try again from the beginning."

「併し。」

"Similar"

「まあ、聞いて下さい。

"Well, please listen.

突然わたしはぎくりとしました。

Suddenly I was aching.

曲角に黒い姿が二つ見えたのです。

I saw two black figures in the corner.

一人が蝙蝠傘を斜に連の人の前に差し掛けてゐます。

One person leans in front of a row of people with an umbrella in a slant.

傘を持つてゐたのは、年を取つた尼さんでした。

The one who got an umbrella came to me, the old man.

二人は真つ直にわたしの方へ向いて来ます。

The two will go straight towards me.

わたしは木の背後にでも躱れてゐて、そこから飛び付かうか、木の枝にでも昇つてゐて、そこから飛び降りようかと思ひながら、其儘ぢつとしてすわつてゐました。

I fell in love with the back of the tree and jumped up, jumped up from there, climbed up on the branch of the tree, and came back as a niece, hoping to jump from there.

すると例の人の顔が段々近くなつて来ます。

Then the faces of the people in the example come closer and closer.

柔い、むく毛の生えた頬や、包ましげな目が見えます。

You can see soft, loose-haired cheeks and sorrowful eyes.

それから口が見えます。

Then I can see my mouth.

しまひには只唇ばかりが見えます。

I can only see my lips in Shimahi.

其唇は丁度アルバトロス鳥を引き寄せる燈明台のやうなものです。

The lip is just like a bastard that attracts Albatross birds.

そのうちとうとうわたしのまん前に来ました。

I finally came to my house at last.

わたしはゆつくり立ち上がりました。

I stood up calmly.

そして。」

And. "

「こら」と云つて、兄は己の臂を掴んだ。

As he said, "My brother," his brother grabbed his niece.

併し己はそれに構はずに、昔の記念のために熱しつつ語り続けた。

At the same time, I continued to talk while heating up for the memorials of the past.

「そしてわたしは大股に年を取つた尼さんの前を通り過ぎて、若い尼さんの頭を両手の間に挾みました。

"And then I passed in front of Mr. Aoi, who had grown old, and I drew a young woman's head between her hands.

わたしは今もその黒い面紗を押さへたわたしの指と、びつくりした、大きい、青い目とを見るやうです。

I still see my fingers who pressed the black face, and the large, blue eyes they made.

わたしは自分の口を尼さんの口の所へ、俯向くやうにして持つて往つて、キスをしました。

I brought my mouth to the place of Ms. Minato, and I had a kiss and came and kissed.

キスをしました。

I kissed you.

気の狂つたやうにキスをしました。

I kissed you crazy.

尼さんはとうとうわたしに抱かれてしまひました。

At last, I was embraced by me.

わたしはそれをベンチへ抱へて往つて、傍に掛けさせて、いつまでもキスをしました。

I took it to the bench, got it to the side, and kissed forever.

兄いさん。

Brother.

とうとう尼さんが返報に向うからもわたしにキスをしたのです。

Finally, I also kissed me because I was heading for a return.

尼さんの熱い薔薇の唇がわたしのを捜すのですね。

You're the one of Ms. Ms.'s hot nephew's lips searching for me.

あんなキスはわたし跡にも先にも受けたことがありません。

I have never received such a kiss on my mark or earlier.

わたしは邪魔がないと、其儘夜まで掛けてゐたのです。

If I did not get in my way, I hung up until the night.

所が生憎。」

The place is ginger. "

「誰か来たのかい。」

"Who is it?"

「いいえ。

"No.

さうぢやないのですが、何遍となく同じ詞を、わたしの耳の傍で繰り返すものがあつたのです。

There is nothing wrong with it, but there has been something that repeats the same phrase without my side, beside my ears.

わたしは頭を挙げて其方を見ました。

I looked up with my head raised.

見れば年を取つた方の尼さんが、丁度ソドムでのロトの妻のやうに、振り上げた手に蝙蝠傘を持つて、凝り固まつたやうに立つてゐて、しやがれた声で繰り返すのです。

If you look at it, if you look old, Mr. Ms. Roto's wife, just like Sodom, holds an umbrella in his hand raised, stands firmly in a firm, simmering manner, and repeats with a screeching voice It is

Mon dieu, mon dieu, que faites―vous donc, monsieur? que faites, faites, fai―aites―vous donc? わたしは又自分の抱いてゐる女を見ました。

Mon dieu, mon dieu, que faites-vous donc, monsieur? Que faites, faites, fai-aites-vous donc? I saw the woman who I shook again.

蒼い顔と瞑つた目とを見ました。

I saw an ugly face and closed eyes.

併し妙な事にはキスをしない前程美しくはありませんでした。

On the other hand, it was not as beautiful as I did not kiss for strange things.

それから、えゝ、それでおしまひでした。

Then, eh, it was ok.

わたしは逃げ出しました。」

I ran away. "

 兄も己も大ぶ竪町を通り越してゐた。

Both my brother and I went past Oguramachi.

そこで黙つて引き返して並んで歩いた。

So I shut up and turned back and walked side by side.

兄が今口を開いたら、其口からは己を詛ふ詞が出るだらうと、己は思つてゐた。

When my brother opened her mouth now, I thought that I had heard that I had written a song from Higuchi.

 兄は突然顔を挙げて、夢を見るやうな目附で海の上を見ながら、己に問うた。

My brother suddenly raised her face and asked herself while looking at the sea with eyes and eyes with a dream.

「本当に向うからキスをしたのかい。」

"Did you kiss because you really headed?"

 己は此詞に力を得て微笑んだ。

I smiled with the help of the lyrics.

そして兄と一しよに竪町の家に往て、ラゴプス鳥を注文した。

He and his brother went out to the town of Tsubaki-cho and ordered the Lagoss bird.

底本:「鴎外選集 第14巻」岩波書店

Motomoto: "Seigai Chosen Vol. 14" Iwanami Shoten

   1979(昭和54)年12月19日第1刷発行

December 19, 1979 (Showa 54) Issue 1 issue

初出:「我等 一ノ一」

First appearance: "Our company Ichinoichi"

   1914(大正3)年1月1日

January 1st, 1914 (Taisho 3)

入力:tatsuki

Input: tatsuki

校正:はやしだかずこ

Proofreading: Kazuko Hayashi

2000年6月8日公開

Published June 8, 2000

2016年2月1日修正

February 1, 2016 correction

青空文庫作成ファイル:

Aozora Bunko Creation File:

このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。

This file was created by the Internet library, Aozora Bunko (http://www.aozora.gr.jp/).

入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。

Volunteers were the ones who took part in input, proofreading and production.