文学その6

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

樺太脱獄記:コロレンコ ウラジミール・ガラクティオノヴィチ:森 林太郎(269-338)/1714

そんな時随分煙突から煙の出てゐる天幕の近所を通る事もあります。

At times like that, I sometimes go through the neighborhood of the tent where the smoke comes out of the chimney.

そんな時は馬が勝手にその方へ向いて歩き出します。

In such a case, the horse walks to that direction.

併しわたくしは兎角気が進みません。

At the same time, I don't feel like going forward.

こんな内へ這入つてなんになるものか。

What does it mean to get into such a place?

事に依つたら焼酎の一杯位飲ませて貰はれよう。

If you depend on things, let's drink a cup of shochu.

だがそんな事は難有くはないと、わたくしは思ふのですね。

But I don't think it would be difficult.

それがあなたの内の火を見た時、もし泊めて貰はれるなら、泊めて貰ひたいものだと、わたくし、ふいと思ひましたよ。

When I saw the fire in you, I thought that if I stayed and burned, it would be nice to stay.

どうも御厄介になつて済みません。

Sorry for the inconvenience.

わたくしの部落の方へお出でになつたら、どうぞ忘れないで、お寄りなすつて下さい。

If you come to my village, please don't forget to hang out.

好い加減な事を言ふのではありませんから。」

I'm not saying good or bad things. "

     三

Three

 ワシリは茶を飲んでしまつて、又煖炉の火の前に腰を掛けた。

Wasiri drank tea and sat down in front of the fire in the furnace.

無論まだ寝るわけには行かない。

Of course I can't go to sleep yet.

主人を乗せて来て汗になつた馬が落ち着いた上で、飼を付けて遣つて、それから寝なくてはならない。

After the husband who got on the husband has settled down and settled down, he has to keep the horse, and then go to sleep.

食料は枯草で好いのである。

Food is preferred with hay.

ヤクツク地方の馬は余り丈夫ではない。

Yakutsk horses are not so strong.

併し飼ふには面倒が少ない。

There are few troubles to the side by side.

ヤクツク人はバタやその外の食料を馬に付けて、ずつと遠いウチユウル河の方に住んでゐるツングスク人に売りに行く。

The Yakutsk people put their butter and other food on their horses and go to sell them to the Tungsk people who live in the distant Uchiyu River.

森の中や鉱山で稼いでゐる所へ売りに行くのである。

They go to the places where they earn in the forest or in mines.

何百ヱルストといふ遠道を歩かせる。

Hundreds of Rust walk along the way.

途中では枯草を食はせる事も出来ないのである。

You cannot eat hay on the way.

 そんな時には、日が暮れると、茂つた森の中に寝る。

At that time, when the sun goes down, I sleep in the thick forest.

木を集めて焚火をする。

Collect trees and set fire.

馬は森に放して置く。

Leave the horse free in the forest.

さうすると雪の下に埋もれてゐる草を捜して、ひとりで食ふのである。

Now he searches for the grass that is buried under the snow and eats alone.

それから夜が明けると、又遠道を歩かせる事になつてゐる。

Then, when the night dawns, I will come back to walk the far way.

 飼ふにその位骨の折れない馬だけれど、一つ注意しなくてはならない事がある。

飼 It ’s a horse that ’s hard to break, but there ’s one thing to watch out for.

それは道を歩かせた跡で直ぐ飼を付けてはならないといふ事である。

It is a matter of course that you must not keep the animal immediately after you have walked the road.

それから十分に物を食はせた時は、直ぐに歩かせる事が出来ない。

Then when you eat enough, you can't walk right away.

一日の間食はせずに置いて、それから使ふのである。

Leave it for a day and then use it.

 さういふわけで、ワシリは三時間馬の体の冷え切るのを待たなくてはならない。

Sawai Fuwaji must wait for the three-hour horse to cool down.

己も付き合ひに起きてゐる。

I also get up and talk to myself.

そこで二人向き合つて坐つてゐるが、めつたに詞は交はさない。

So they sat face to face, but they did not exchange words.

 ワシリは煖炉の火が消えさうになるので、薪を一本づゝくべてゐる。

ワ As the fire in the furnace disappears, scoop up the firewood one by one.

ヤクツクで冬を通した人は、煖炉に薪をくべ足すのが習慣になつてゐるのである。

People who have gone through the winter in Yakutsk are accustomed to adding firewood to the furnace.

 長い間黙つてゐて、突然ワシリが「遠いなあ」と云つた。

黙 I stayed silent for a long time and suddenly the eagle said "I'm far away".

自分で何か考へた事に、自分で返事をしたらしい。

It seems that he responded to his thoughts on his own.

「何が」と己が問うた。

I asked "What".

「わたくし共の故郷です。

“It ’s my hometown.

ロシアです。

Russia.

こゝまで来ると、何もかも変つてゐます。

When you come to this place, everything will change.

馬でさへさうですね。

It ’s a horse.

国では馬に乗つて内へ帰れば、何より先に飼を付けなくてはならない。

In the country, if you ride a horse and go home, you have to keep it first.

ところが、この土地でそんな事をしようものなら、馬は直ぐに死んでしまふ。

However, if you are going to do this in this land, the horse will die soon.

人間だつて違ひますね。

It ’s not human.

森の中に住んでゐる。

Live in the forest.

馬肉を食ふ。

Eat horse meat.

おまけに生で食ふ。

In addition, eat raw.

腐つてゐても食ふ。

Even if it rots, it will eat.

いやはや。

No.

恥といふものを知らない。

I don't know shame and shit.

人が宿を借りて、煙草入を出せば、直ぐ下さいと云つて手を出すといふ風ですからね。」

If a person rents an inn and puts out a cigarette, it's an infancy to get out of hand. "

「それは土地の慣はしだから為方がない。

“It ’s a custom of the land, so there ’s no use.

その貰ふ人も余所で泊れば、人に煙草を遣るのだからな。

If that person stays in the other place, he sends tobacco to the person.

お前さんにだつて補助をして、今のやうに暮して行かれるやうにしてくれたぢやないか。」

I wonder if you've helped me out and helped you to live the way you are now. "

「それはさうですね。」

“That ’s right.”

「どうだね。

“How is it?

気楽に暮してゐるかね。」

I wonder if I can live comfortably. "

かう云つて己はワシリの顔を見た。

I saw the face of Basili.

 ワシリは微笑んで、「さやう」と云つたが、跡は黙つて薪を炉にくべてゐる。

Wasiri smiled and said "Sayau", but the trace was silent and the firewood was poured into the furnace.

煖炉の火が明るく顔を照すのを見ると、目がどんよりしてゐる。

When I see the fire in the furnace shining brightly, my eyes roar.

 暫くしてワシリが云つた。

After a while, Basili said.

「まあ、わたくしの事を話し出しては際限がありません。

“Well, there is no limit to talking about me.

これまで好い目に逢つた事もないが、今だつて好い目を見てはゐませんよ。

I haven't found a good eye so far, but I still don't want to see a good eye.

十八位の時までは、少しは好かつたのです。

Until the 18th place, I liked it a little.

詰まり両親の言ふ事を聞いてゐた間が、為合せだつたのです。

While I was curious to hear what my parents were saying, I had a good time.

それをしなくなつた時、為合せといふものが無くなつたのです。

When I stopped doing it, I lost all the stuff I needed.

それからといふものは、わたくしは、自分を死んだものゝやうに思つてゐます。」

After that, I will think of myself as a dead one. "

 かう云つた時、ワシリの顔は曇つて、下唇がぴくぴく引き吊つた。

When I said it, my face was cloudy and my lower lip was hanging.

丁度子供のするやうな工合である。

It's just a kid-friendly process.