文学その6

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

樺太脱獄記:コロレンコ ウラジミール・ガラクティオノヴィチ:森 林太郎(661-735)/1714

さて同志の頭数を調べて見ると、ブランがゐない。

Well, looking at the number of comrade heads, Bran is ugly.

 同志は随分粒が揃つてゐる。

同 Comrade will have enough grains.

ワシリと一しよに出て来たヲロヂカは矢張流浪人だが、ワシリと仲の好い友達である。

Odeka, who came out with Wasiri, is a Yajin Ryuujin, but is a good friend of Wasiri.

マカロフといふ大男がゐる。

Makarov and a great man speak.

これは大胆で、機敏で、これまで鉱山から二度逃げ出した事がある。

This is bold, agile and has escaped from the mine twice.

それからチエルケス人が二人ゐる。

Then two Chierkes sing.

思ひ切つた事をする連中だが、仲間に対しては義理が堅い。

Those who do their best, but they have strong in-laws for their friends.

それから韃靼人が一人ゐる。

Then one person speaks.

狡猾で、随分裏切りも為兼ねない男だが、その狡猾なところを利用すれば、有用な人物にもなりさうである。

A man who can betray him for a long time, but if he uses it, he can become a useful person.

その外のものも、皆流浪人で、これまでシベリア中を股に掛けて歩いた連中である。

The others are all roamers, and they have been walking around Siberia on their crotches.

 一日森の中で暮して、その晩も泊つた。

I lived in the forest all day and stayed that night.

翌日まだブランを待つてゐる。

The next day still waits for Blanc.

それでもブランは来ない。

Still, Bran does not come.

 第七号舎へ韃靼人を覗きに遣つた。

遣 I went to the seventh building to peek at Hayato.

韃靼人はこつそり忍んで行つて、ボブロフを呼び出した。

Hayato went sneaking and called Bobrov.

これはワシリの親友で、囚人仲間一同から尊敬せられてゐる有力者である。

This is Basili's best friend, a powerful man who is respected by all the prisoners.

 翌朝ボブロフが森の中へ尋ねて来た。

The next morning Bobrov asked into the forest.

「どうだい。

"How is it?

何か己がして遣らなくてはならない用があるのかい。」

Is there anything I have to do for myself? "

「外ではないが、どうぞあのブランに来るやうに言つてくれ。

"I'm not outside, but please tell me as soon as you come to that Blanc.

あれが一しよに来なくては、出掛けられないのだ。

You can't go out unless it comes together.

もしまだ糧食が足りないといふなら、少し分けて遣つてくれ。

If you don't have enough rations yet, please divide it up.

己達はあの爺いさんの来るのを待つてゐるのだからな。」

We are waiting to see that ugly-san come. "

 この話を聞いてから、ボブロフは第七号舎に帰つて見た。

After hearing this story, Bobroff went back to the 7th building and saw it.

併しブランはまだなんの用意もしてゐない。

At the same time, Bran is still ready.

只あちこち歩き廻つて、空を見て独語を言つてゐるのである。

歩 Walk around and look at the sky and speak German.

 ボブロフが声を掛けた。

Bobrov called out.

「おい。

"Hey.

ブラン。

Blanc.

何をぐづ/\してゐるのだい。」

What are you waiting for? "

「なんだ。」

"what."

「なんだもないものだ。

“It ’s nothing.

なぜ用意をしないのだ。」

Why not prepare. "

「己かい。

“I ’m self.

己は墓に這入る用意をしてゐる。」

I prepare to enter the grave. "

 ボブロフは少しじれて来た。

”Bobrov has been getting a little stuck.

「それはなんといふ言草だ。

“That ’s what it is.

お前の同志のものが、もう四日も森の中にゐて、お前の来るのを待つてゐるぢやないか。

Will your comrade come to the forest for four days and wait for you to come?

お前が行かないので、あいつらが戻つて来ようものなら、ボツクの上で叩き殺されてしまふだらう。

Because you don't go, if they are going to come back, they will be beaten and killed on the box.

お前は流浪人になつて、年を取つてゐながら、義理を知らないのか。」

Do you not know the law while you become a wanderer and get old? "

 ブランは涙を飜してゐる。

Blanc cry with tears.

「さうさな。

"Sausa.

もう己はおしまひだ。

I am Oshima Hida.

どうせ己は島から外へ出る事は出来ない。

Anyway, I can't get out of the island.

己は年が寄つた。

I got older.

もう生きてゐる事は出来ない。」

I can't live alive anymore. "

「年が寄らうが寄るまいが、それはお前の事だ。

"It's up to you whether the year goes or not.

一しよに逃げ出して、途中で死んだつて、誰もお前を悪くいふものはない。

There is nothing wrong with you when you run away and die on the way.

ところがあの十一人の人間が、お前のお蔭で、ボツクの上で死んだ日には、どうもお前をその儘では置かれないぜ。

But on the day when that eleven man died on you, you wouldn't put you in that cage.

為方がないから、己は仲間に言つて聞かせる。

Since there is no way to do it, I will tell my friends.

さうしたらどうなるかといふ事は、お前だつて知つてゐるだらう。」

I'll tell you what will happen if you do. "

 ブランは真面目で答へた。

Blanc took the answer seriously.

「成程、それは知つてゐる。

“Now, I know it.

さうなつたつて、誰を恨みやうもない。

There's no one to jealousy.

己もそんなはめになつて死にたくはない。

I don't want to die like that.

どうも行かなくてはなるまいかな。

I wonder if I have to go.

だが、己はまだちつとも支度をしてゐない。」

However, I am still ready to prepare. "

「それは己が拵へて遣る。

"I'll send it to you.

直ぐ遣る。

Immediately.

何々がいるのだ。」

There is something. "

「好い上着が十二いる。」

“There are twelve favorite jackets.”

「みんなはもう持つてゐるぜ。」

“Everyone will already have it.”

 ブランは詞に力を入れて繰り返した。

Blanc repeated the lyrics with emphasis.

「己のいふ事を聞いてくれ。

“Listen to your affairs.

みんなが上着を一枚づゝ持つてゐる事は、己も知つてゐる。

Everyone knows that everyone has a piece of jacket.

だが、二枚づゝなくては行けないのだ。

But you can't go without two.

土人のボオトを手に入れるには、てんでに上着を脱いで遣らなくてはならない。

In order to get the earthen bot, you have to take off your outer coat.

それから好いナイフが十二本、鉞が二つ、鍋が三つだ。」

Then there are twelve favorite knives, two bowls and three pots. "

 ボブロフは仲間を集めて、ブランの云つた事を取り次いだ。

Bobrov gathered his friends and relayed what Bran said.

 仲間が不用の上着を持つてゐるものは、皆そこへ出した。

ゐ Everything that the fellow had with an unnecessary jacket went out there.

この陰気な牢屋の中を出て、自由な天地に帰らうとして、大胆な為事に掛かる同志のものに対して、仲間で誰一人本能的に同情してゐないものはないから、上着の掛替は惜まないのである。

There is no one who can instinctively sympathize with each other's instinct for comrades who are involved in bold events as they leave this insidious prison and return to free heaven and earth. There is no exchanging money.

鍋やナイフも只で貰ひ集めたり、又少しの銭を出して、移住人から買ひ取つた。

I collected pots and knives with a bowl, and bought some money from the migrants.

     六

Six

 新しい囚人が島に来てから十三日立つた。

】 I was standing thirteen days after a new prisoner came to the island.

 翌朝ボブロフがブランを森の中へ連れて行つて、入用の品も運んで遣つた。

The next morning, Bobroff took Bran into the forest and carried the necessary items.