文学その6

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

樺太脱獄記:コロレンコ ウラジミール・ガラクティオノヴィチ:森 林太郎(871-930)/1714

待つてゐろ。

Please wait.

今に外して遣る。

I will remove it now.

あした又働いてくれなくてはならないぞ。

I have to work tomorrow.

あしたは韃靼の馬と駈競をするのだ。」

Tomorrow competes with the horse. "

 それから己の方に向いて云つた。

Then he said to me.

「好い馬ですよ。

“I like this horse.

わたくしが乗り馴らしました。

I got used to it.

どんな競馬馬と駈競をさせても好いのです。

I like to compete with any horse.

旋風のやうに走りますよ。」

I will run in a whirlwind. "

 ワシリは繩を解いて枯草のある方へ馬を遣つた。

Wasiri unraveled the horse and sent the horse to the one with hay.

己はワシリと一しよに天幕の内へ這入つた。

I entered the tent together with Wasiri.

     七

Seven

 ワシリの顔は天幕に帰つてからも矢張不機嫌らしく見えた。

Wasiri's face looked grumpy even after returning to the tent.

そして話を為掛けてあるのを忘れたか、それとも跡を話したくなくなつたかと思はれる様子をしてゐる。

He then seems to have forgotten to talk to him or think he has lost his desire to talk.

そこで話の結末が聞きたいと云つて催促して見た。

So I urged you to hear the end of the story.

 ワシリは機嫌を直さずに答へた。

Wasiri did not fix his mood and answered.

「なんの話す程の事があるものですか。

“What do you talk about?

どんな事を云つて好いか、分からなくなつてしまひました。

I don't know what I like to say.

兎に角随分ひどい目に逢つたのですよ。

I was caught in terrible eyes.

ああ。

Oh.

併し話し出したものですから話してしまはなくてはなりますまいなあ。」

I have to talk to you because it was something that was also spoken. "

「それから十二日の間歩きましたが、まだ島の果までは行き付かなかつたのです。

"I then walked for twelve days, but I still hadn't reached the end of the island.

一体なら八日で、向岸へ越される筈なのですが、用心をしなくてはならないのと、案内者の好いのがないのとで、無駄をしたのです。

It would be 8 days to go to the opposite bank, but I wasted because I had to be cautious and there was no favor from the guide.

海岸を歩けば平地であるのに、岩山に登つたり、谷合の沼を渡つたりして時間を費したのです。

Even if I walked along the coast, it was flat, but I spent time by climbing a rocky mountain or crossing a marsh in a valley.

最初出立する時、十二日分の食物を用意したのですから、それもそろそろ無くなり掛かつて来ました。

When I first left, I prepared 12 days of food, so it was almost gone.

そこで一度分の分量を減らしました。

So I reduced the amount of one minute.

堅パンの残つてゐるのを、成るたけ食べてしまはないやうにして、てんでに食物を捜して、それで飢を凌いだのです。

He had to eat as much as possible to eat the rest of the hard bread, so he hunted for food in the end and surpassed hunger.

森の中には木の実が沢山あるものですから、成るたけそれを取つて食べるやうにしました。

There are a lot of nuts in the forest, so I decided to grab it and eat it.

 そんな風にしてリマンといふ湾のある所へ出ました。

That's how I went to a place with Reman and Ifu Bay.

この湾の水は常に鹹いのですが、時々黒竜江の水が押して来ると、淡水になつて、飲む事が出来るのです。

The water in this bay is always ugly, but sometimes when the water of Heilongjiang comes in, you can drink it as fresh water.

こゝからボオトに乗つて出れば、黒竜江へ這入られるのです。

You can get into Heilongjiang by boarding a boat from here.

 どうしてボオトを手に入れようかと相談したところが、老人はもう疲れ果てゝ、目がどんよりしてゐて、なんの智慧も出ないのです。

Talking about how to get a voto, the old man is already exhausted, obsessed with eyes, and no wisdom.

それでもとうとうかう云ひました。

Still, he finally said.

「どうせボオトは土人の持つてゐるのを手に入れるのだ。」

“Anyway, a bot gets a sword from the earthling.”

 これだけの事は云ひましたが、その土人をどこへ捜しに行つたら好いか、又土人の手から船を得るには、どういふ手段を取つたら好いかといふ事は、老人が教へてくれません。

I've told you all about this, but where do you want to go to find the alien, and how to get the ship from the alien's hand? I will not teach you.

 そこでヲロヂカとマカロフとわたくしとで、同志の者にかう云ひました。

So, with Worojika, Makarov and me, I told my comrades.

「おい。

"Hey.

皆の者はこゝで待つてゐてくれ。

Everyone should wait and wait.

己達はこの岸に沿うて歩いて見る。

We walk along this shore.

為合せが好かつたら、土人を見付けて、どうにかしてボオトを手に入れようと思ふ。

If you're good at making a match, find an earthenman and somehow get a voto.

二三艘もあれば結構だがさう行かなければ、一艘でも手に入れるやうにしよう。

If there is a couple of nieces, it's fine, but if you don't go, get one.

みんな用心してゐるのだぜ。

Everyone will be cautious.

この辺にも警戒線が布いてあるかも知れないから。」

Because there may be warning lines around here. "

 かう云つてみんなを残して置いて、わたくし共三人は岸を歩き出しました。

Leaving everyone behind, we and the three of us walked up the shore.

少し歩いて岩のある所へ来ると、そこに網を繕つてゐる男がゐるのです。

If you walk a little and come to a place with a rock, there will be a man who repairs the net.

このオルクン奴をわたくし共に逢はせて下さつたのは、実に神のお恵みだと思ひます。」

I think it was God's blessing that I gave this Orcun guy to me. "

「なんだい。

“What is it?

そのオルクンといふのは。

The Orkun and Ifuno.

その男の名かい。」

The name of the man. "

「どうですかねえ。

"How is it?

さういふ名だつたかも知れません。

Maybe it was a name.

併しわたくしの察したところでは、どうもオルクンといふのは酋長といふ事らしかつたのです。

At the same time, I noticed that Orcun and Inouno were the chief boss.

兎に角何がなんだか分からなかつたのですけれども。

I don't know what the horns are.

わたくし共は、そいつを驚かして、逃がしてはならないと思つて、用心してそろそろ側へ寄りました。

We were surprised and thought that we should not let it go, so we approached the side soon.

それから間が近くなつた時、突然側へ駈け付けて、その男を取り巻きました。

Then when I was close, I suddenly turned to the side and surrounded the man.

その時そいつが指で自分の顔をさしてオルクン、オルクンといふのです。

At that time, he is pointing his face with his finger, Orcun, Orcun and Ifu.

 わたくし共はなんの事だか分かりませんが、こつちもどうかして用事を向うへ知らせて遣らうと思つて工夫をしました。

I don't know what both of us are, but I've devised a way to let you know that I'm going to go to the business.

とうとうヲロヂカが杖で砂の上へ、舶の形をかいて見せました。

Finally, Worojika showed the shape of the ship on the sand with a cane.

こんな物がいるといふ積りですね。

If there is such a thing, it is piled up.

 さうすると、その男がちよつと考へてゐたが、直ぐに呑み込んで合点合点をしました。

Then, the man came to think, but immediately swallowed and scored a goal.