文学その6

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

パアテル・セルギウス:トルストイ レオ:森 林太郎(103-153)/2042

そして間もなく目的を達した。

And soon he reached his purpose.

次いで交際社会で立派な地位を占めようと思つた。

Next, I decided to occupy a fine position in dating society.

そこで舞踏の稽古をして上手になつた。

So I practiced butoh and became good.

上流社会で舞踏会や夜会を催す事があると、ステパンはきつと請待せられる事になつた。

When there was a ball or a night party in the upper society, Stepan was able to be held on tight.

ところがそれまでになつたステパンの心中には満足の出来ない事があつた。

However, there was something that I couldn't be satisfied with in the heart of Stepan.

それはどこへ往つても第一の地位を占めようと思つてゐるのに、実際は中々それどころではなかつたからである。

That's because I'm thinking of taking the first place wherever I go, but in fact it wasn't.

 その頃の上流社会と云ふものは、大抵左の四種類の人物から成り立つてゐた。

At that time, the so-called “upper society” usually consisted of four types of people on the left.

多分今でもこれから後でも同じ事だらう。

Probably the same thing now and later.

その種類は第一が財産のある貴顕である。

As for the kind, the first is Takaaki with wealth.

第二は貴顕の間に生れて育つたゞけで、財産のない人々である。

The second is the people who were born and raised during the period, and have no wealth.

第三は貴顕の間に割り込まうとしてゐる財産家である。

The third is a wealthy family who tries to break into you.

第四は貴顕でもなく、財産家でもないのに、強ひて貴顕や財産家と同じ世渡をしようとしてゐる人達である。

The fourth is those who are neither Takaaki nor property owners, but who are eager to live in the same world as Takaaki and property owners.

 第一第二の階級には、ステパンは這入る事が出来ない。

ス テ Stepan cannot enter the first or second class.

ステパンは第三第四の仲間から歓迎せられる丈である。

Stepan is the length welcomed by the third and fourth members.

さてその仲間に這入つてから、ステパンはまづ貴夫人のどれかに関係を付けようと企てた。

Now, after getting into the group, Stepan first tried to relate to one of Mrs. Takashi.

併しそれは間もなく出来て、然も余り容易に出来たので我ながら驚いた。

At the same time, it was possible to do it soon and it was so easy that I was surprised.

 さて暫くして気が付いて見ると、自分の交際してゐる社会は決して最上流ではない。

Now, if you notice it for a while, the society that you dating is not the most upstream.

それより上に別天地がある。

There is another heaven above it.

その別天地では随分喜んで自分を請待してはくれるが、どうしても他人扱にしてゐる。

In that other place, he will be willing to accept himself, but he will be treated as someone else.

勿論自分に対してその人々の言つたり、したりする事は丁寧で親密らしくは見える。

Of course, what people say and do to you seems to be polite and intimate.

併し矢張仲間としては取扱つてくれない。

At the same time, it will not be handled as Yabari friends.

そこでステパンはその仲間に入らうと企てた。

Stepan then tried to join the group.

それには二つの途がある。

There are two ways to do this.

一つは侍従武官になる事である。

One is to become a warrior.

これは早晩出来さうに思はれる。

I think this will happen early.

今一つは最上流の令嬢と結婚する事である。

The other thing is to marry the top-class daughter.

ステパンはこれをも為遂げようと企てた。

Stepan tried to accomplish this too.

 ステパンの選んだのは絵のやうに美しい令嬢である。

Stepan chose a beautiful daughter as pictured.

それが女官を勤めてゐる。

That's how she works as a female officer.

この令嬢は単に最上流の社会に属してゐると云ふばかりではない。

It's not just that this daughter belongs to the most upstream society.

最上流の中の極めて高貴な最も勢力のある人達からうるさい程大事にせられてゐる。

It is beaten up by the noblest and most powerful people in the most upstream.

その令嬢はコロトコフ伯爵の娘である。

The daughter is the daughter of Count Korotkov.

ステパンがこの人に結婚を申込まうとしたのは、決して最上流の社会に交らうとする手段ばかりではない。

Stepan's attempt to apply for marriage to this person is by no means the only way to get into the top-class society.

その娘が如何にも人好のする質であつたので、ステパンはそれに接近してから間もなく恋ひ慕ふやうになつてゐた。

As her daughter was of a good quality, Stepan soon fell in love soon after approaching it.

令嬢は初めはステパンに対して非常に冷淡であつた。

The daughter was initially very cold against Stepan.

それが或る時どうした事か突然態度を一変して、ステパンに優しくするやうになつた。

I suddenly changed my attitude about what happened at some point, and finally became gentle to Stepan.

殊に母の伯爵夫人がステパンを屋敷へ引き寄せようとして骨を折るやうになつたのは、不思議な程であつた。

In particular, it was strange that the mother of the Countess broke the effort to draw Stepan to the mansion.

 さてステパンは正式に結婚を申込んだ。

Now Stepan has officially applied for marriage.

申込はすぐに聴き入れられた。

The application was heard immediately.

ステパンはこれ程の幸運が余り容易に得られたので、我ながら不思議に思つた。

Stepan was so curious that he was so lucky.

それにどうも母と娘との挙動に怪しいところがあるらしく感ぜられた。

I also felt that there was something suspicious about the behavior of my mother and daughter.

併しもうその娘に溺れるまでに恋をしてゐたので、目もくらみ耳も鈍くなつてゐて、ペエテルブルク中で知らぬものゝない、此娘の秘密をステパンは知らずにゐた。

At the same time, I fell in love with my daughter before I fell in love with him, and my eyes and dazzling ears dulled.

 それは伯爵コロトコフの令嬢には、ステパンが結婚の約束をする一年前に、帝のお手が付いたと云ふ一件である。

It is one thing that the daughter of Earl Korotkoff got the hand of the emperor one year before Stepan promised marriage.

 式を挙げる日が極まつてからの事である。

The day after the ceremony is over.

ステパンはその日の二週間前に伯爵家の別荘に呼ばれて滞留することになつた。

Stepan was called and stayed at the Countess's villa two weeks before that day.

別荘はツアルスコエ・セロである。

The villa is Tuarskoye Sero.

時は五月の暑い日である。

Time is a hot day in May.

ステパンと娘とは花園の中を散歩して、そこにある菩提樹並木の蔭のベンチに腰を掛けた。

Stepan and his daughter walked in the garden and sat on the bench of the linden tree lined tree.

その日には、白の薄絹の衣裳を着てゐた令嬢マリイがいつもよりも一層美しく見えた。

On that day, the daughter Marie, dressed in a white thin silk costume, looked more beautiful than usual.

おぼこ娘の初恋と云ふものを人格にして見せたらこんなだらうと思はれる程である。

If you show your boyfriend's first love as a personality, you can think of it like this.

ステパンがこの天使のやうな純潔な処女心を、うかとした挙動や言語で傷るやうな事があつてはならぬと心配して、特別な優しさと用心深さとを以て話を為掛けてゐると、マリイは伏目になつたり、又背の高い美男のステパンを仰いで見たりしてゐる。

Stepan is worried that this angel's naive virginity will not be hurt by obscene behavior and language, and speaks with special kindness and caution. , Marii hits his back, and looks up at Stephan, a tall beautiful man.