文学その6

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

パアテル・セルギウス:トルストイ レオ:森 林太郎(202-268)/2042

女は思案した。

The woman thought.

「どうせ自分が黙つてゐたつて、此事が夫の耳に入らずには済まない。

"In any case, I can't do this without my husband's ears.

もうかうなつて見れば、打ち明けたところで、此人に棄てられる気遣はない。

If you look at it already, there is no concern about this person being abandoned.

併しこれまでになつたのは、ほんに嬉しい。

At the same time, I'm really happy that I have so far.

若し此人に棄てられる事があるやうでは、わたしに取つては大変だから」と思案した。

“If you are abandoned by this person, it ’s hard to deal with me.”

そして優しい目附でステパンが姿を見た。

And Stepan saw her with a gentle weight.

背の高い立派な巌丈な体である。

It is a tall and elegant body.

女は今では此男を帝よりも愛してゐる。

The woman now loves this man more than the emperor.

若しそれが帝でなかつたら、十人位此男の代りに人にくれて遣つても好いと思つてゐる。

If it is an emperor, he would like to send it to a man instead of this man.

そこでかう言ひ出した。

That ’s why I started to speak.

「あなたにお話いたして置かなくてはならないのでございますがね。

"I have to tell you and put it.

わたくしあなたに隠し立をいたしては済みませんから。

I don't have to hide you.

わたくし何もかも言つてしまひますわ。

I will tell you everything.

どんな事を言ふのだとお思ひなさいませうね。

I wonder what you say.

実はわたくし一度恋をしたことがございますの。」

Actually, I have fallen in love once. "

かう云つて女は又自分の手をステパンの手の上に載せて歎願するやうに顔を見た。

The woman also put her hand on Stepan's hand and looked at her face as he pleaded.

 ステパンは黙つてゐた。

Stepan was silent.

「あなた相手は誰だとお思ひなさいますの。

“Who do you think you are?

あの陛下でございます。」

That is His Majesty. "

「それは陛下を愛すると云ふことは、あなたにしろわたし共にしろ、皆してゐるのです。

“That means that you love His Majesty.

女学校にお出の時の話でせう。」

Let's talk about going to a girls' school. "

「いゝえ、それより後の事でございます。

“No, it's later.

無論只|空にお慕ひ申してゐたので、暫く立つと、なんでもなくなつてしまひましたのですが、お話いたして置かなくてはならないのは。」

Of course, I've been in the sky, so when I stood for a while, I wouldn't do anything, but I had to talk to you. "

「そこで。」

"Therefore."

「いゝえ。

“No way.

それが只プラトオニツクマンにお慕ひ申したと云ふばかりではございませんでしたから。」

It wasn't just that he told Prato Onitsukuman. "

 言ひ放つて、女は両手で顔を隠した。

“The woman hid her face with both hands.

「なんですと。

“What?

あなた身をお任せになつたのですか。」

Did you leave it to you? "

 女は黙つてゐた。

女 The woman stopped silently.

 ステパンは跳り上つた。

Stepan jumped up.

顔の色は真つ蒼になつて表情筋の痙攣を起してゐる。

The color of the face becomes true and the convulsions of the facial expression muscles occur.

此時ステパンが思ひ出したのはネウスキイで帝に拝謁した時、帝が此女と自分との約束が出来たのを聞かれて、ひどく喜ばしげに祝詞を述べられたことである。

Stepan came up with the idea that when he worshiped the emperor in Neusky, he heard that the emperor had made a promise with him, and he was very happily greeted.

「あゝ。

“Oh.

ステパンさん。

Stepan.

わたくしは飛んだ事を申し上げましたね。」

I told you that I flew. "

「どうぞもうわたくしに障らないで下さい。

"Please do not disturb me anymore.

障らないで下さい。

Please do not disturb.

あゝ。

Ah.

実になんともかとも言はれない苦痛です。」

It ’s a pain that ca n’t be said. "

かう云つて、ステパンはくるりと背中を向けて帰り掛けた。

That's why Stepan turned around and turned back.

 そこへ母親が来掛かつた。

My mother arrived there.

「侯爵。

"Marquis.

どうなされたのです。」

How was it done? "

かう云ひ掛けたが、ステパンの顔色を見て詞を続けることが出来なかつた。

I couldn't continue the lyrics when I saw Stepan's complexion.

 ステパンの両方の頬には忽然血が漲つて来たのである。

血 Blood was steadily on both cheeks of Stepan.

「あなたは御承知でしたね。

“You know.

御承知でわたくしを世間の目を隠す道具にお使になりましたね。

With your knowledge, you used me as a tool to hide the eyes of the world.

あゝ。

Ah.

若しあなたが貴夫人でなかつたら。」

If you are a lady. "

最後の詞を叫ぶやうに言つたのである。

He screamed the last lyrics.

それと同時にステパンは節榑立つた拳を握り固めて夫人の顔の前で振つた。

At the same time, Stepan squeezed his fist and swung in front of his face.

そしてくるりと背中を向けて駆け出した。

And he ran away with his back facing.

 ステパンは許嫁の女の情夫が、若し帝でなくて、外の誰かであつたら、きつと殺さずには置かなかつただらう。

Stepan will not be left alone without being killed if the wife of the bride is not a young emperor but someone outside.

ところがそれが帝である。

But that is the emperor.

自分の神のやうに敬つてゐる帝である。

He is an emperor who respects his God.

 ステパンは翌日すぐに休暇願と辞表とを一しよに出した。

Stepan immediately issued a vacation request and a letter of resignation the next day.

そして病気だと云つて一切の面会を謝絶した。

And he apologized for all visits for being sick.

それから間もなくペエテルブルクを立つて荘園に引つ込んだ。

Shortly thereafter, he stood in Petersburg and pulled it into the manor.

 夏の間中掛かつて、ステパンは身上の事を整理した。

During the summer, Stepan organized his personal life.

夏が過ぎ去つてしまふと、再びペエテルブルクに帰らずに、僧になつて僧院に這入つた。

When the summer passed, I went to the monastery as a monk without returning to Petersburg again.

 マリイの母は此様子を聞いて、余り極端な処置を取らせまいと思つて手紙を遣つた。

Marie's mother heard this and sent a letter thinking she wouldn't be able to take too much action.

併しステパンは只自分は神の使命の儘にするので、その使命の重大な為めに、何事も顧る事が出来ないのだと云ふ返事をした。

At the same time, Stepan replied that he was in the midst of God's mission, so he could not take care of anything because of the mission's significance.

ステパンが此時の心持を領解してゐたのは、同じやうに自信のある、名誉心の強い同胞のワルワラ一人であつた。

Stepan dismissed the feelings of this time, and was one of the same confident and honorable brother Walwala.

 ワルワラはステパンの心を洞察してゐた。

Walwara insighted into Stepan's heart.

ステパンは僧院に這入ると同時に、世間の人が難有く思つてゐる一切の事、自分も奉公をしてゐる間矢張難有く思つてゐた一切の事を抛つたのである。

At the same time that Stepan entered the monastery, he saw all the things that the people of the world thought to be difficult, and all the things that were thought of and thought of Yagari who was doing the service.

ステパンはこれまで自分の羨んでゐる人々を眼下に見下すやうな、高い地位に身を置いたのである。

Stepan has so far placed himself in a high position, as soon as he looks down on the people who hesitate.