文学その6

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

パアテル・セルギウス:トルストイ レオ:森 林太郎(269-316)/2042

併しステパンが僧になつた動機はこればかりではない。

At the same time, this is not the only reason why Stepan became a monk.

これより外に、ワルワラの理解し得ない動機がある。

Beyond this, there is a motive that Walwara cannot understand.

これは此男が真に宗教上の感情を有してゐたのである。

This is what this man really felt with religious feelings.

此感情が自信や名誉心と交錯して一しよになつて、此男の動作を左右してゐるのである。

This feeling is intermingled with confidence and honor, and this man's behavior is influenced.

崇拝してゐたマリイに騙されて、非常な侮辱を蒙つたと思ふと同時に、ステパンは一時絶望の境遇に陥つた。

At the same time, Stepan fell into a state of despair, at the same time as having thought that he had been insulted by Marui, who had been worshiped.

そして子供の時から心の底に忘れずに持つてゐた信仰に立ち戻つて神にたよることになつたのである。

And since I was a kid, I always remembered my faith and returned to the faith that I had to rely on God.

two

 ステパンが僧院に入つたのは、ロシアでポクロフと云ふ聖母の恩赦の日である。

Stepan entered the monastery on the day of the pardon of Our Lady called Pokrov in Russia.

此日にステパンは平生自分を凌いでゐた人々の上に超絶した僧侶生活に入つたのである。

On this day, Stepan entered the life of a priest who surpassed Hirao himself.

 僧院の長老は上品な老人で、貴族と学者と文士とを兼ねてゐた。

The elder of the monastery was a classy old man who was a nobleman, a scholar, and a literary man.

長老はルメニアから起つた寺院の組合に属してゐて、此組合は宗門の師匠に対して絶対の服従をしてゐるのである。

The elder belongs to a temple union that originated in Rumenia, and this union obeys absolute masters of the sect.

 此長老の師匠は名高いアンブロジウスである。

This elder teacher is the famous Ambrosius.

アンブロジウスの師匠はマカリウスである。

Ambrosius's teacher is Macarius.

マカリウスの師匠はレオニダスである。

Macarius's teacher is Leonidas.

レオニダスの師匠はパイジウス・ヱリチユコウスキイである。

Leonidas's teacher is Paigeus Richiyuki Kosuki.

 ステパンは此長老の徒弟になつた。

Stepan became an apprentice of this elder.

併しこゝでもステパンは人に傲る癖を出さずにはゐられなかつた。

At the same time, Stepan couldn't be beaten without giving a habit of talking to people.

僧院内では誰よりもえらいと思つたのである。

I thought it was better than anyone in the monastery.

それからどんな場所で働く時にもさうであつたが、ステパンはこゝでも自分の内生活を出来るだけ完全にしようと企てゝ、さてその目的に向いて進む努力に面白みを感じてゐるやうになつた。

Then, as always, when I work, Stepan tries to make my inner life as complete as possible. Natsuta.

 前にも話した通に、ステパンは聯隊にゐた時、模範的士官であつた。

As I said before, Stepan was an exemplary officer when he was in the Corps.

そしてそれに満足しないで、何か任務を命ぜられると、それを十二分に遂行せずには置かなかつた。

And if you weren't satisfied with it and were given a mission, you couldn't do it enough.

詰り軍隊に於ける実務の能力に、ステパンは新しいレコオドを作つたのである。

Stepan created a new record for his practical ability in the clogging army.

さて今僧院に入つたところで、ステパンはこゝでも同じやうに成功しようと思つた。

Now that we entered the monastery, Stepan decided to succeed in the same way.

そこでいつも勉強する。

I always study there.

慎深くする。

Be modest.

謙遜する。

Be humble.

柔和に振舞ふ。

Behave meekly.

行為の上では勿論、思想の上でも色慾を制する。

Of course, in terms of deeds, it also controls the color of thought.

それから何事に依らず服従する。

Then submit without depending on anything.

 中にもこの服従と云ふものが、ステパンの為めには、僧院内の生活を余程|容易くしてくれる媒になつた。

This obedience has also become a medium that makes life in the monastery much easier for Stepan.

宮城のある都に近い僧院で、参詣する人の数も多いのだから、ステパンがさせられる用向にも、随分迷惑千万な事が少くない。

In the monastery near the city where Miyagi is located, there are a lot of people to visit.

さう云ふ時にステパンは何事にも服従しなくてはならぬと云ふ立場からその用向を辨ずることにしてゐる。

At that time, Stepan said that he had to submit to everything, and he decided to use it from the standpoint.

宝物の番人をさせられても、唱歌の群に加へられても、客僧を泊らせる宿舎の帳面附をさせられても、ステパンは己は何事に付けても文句を言ふべき身の上ではない、服従しなくてはならないのだと、自分で自分を戒めて働いてゐる。

Regardless of whether you are a treasure guard, added to a group of singing songs, or attached to a dormitory where a monk stays, Stepan should complain no matter what He works by admonishing himself that he must be obedient and not obedient.

それから何事に付けても懐疑の心が起りさうになると、これも師匠と定めた長老に対する服従と云ふところから防ぎ止めてしまふ。

Then, if any suspicion arises, it will be prevented from being obedient to the elder who has been designated as a teacher.

若しこの服従と云ふことがなかつたら、ステパンは日々の勤行の単調で退屈なのに難儀したり、参詣人の雑沓をうるさがつたり、同宿の不行儀なのを苦に病んだりした事だらう。

If there was nothing to do with this obedience, Stepan was difficult to be tedious in daily work, was messed up by the attendant's miscellaneousness, and suffered from the bad behavior of the inn. Yeah.

 然るにステパンは服従を旨としてゐるので、さう云ふ一切の困難を平気で、嬉しげに身に受けてゐる。

However, Stepan praises obedience, so he can accept all the difficulties and feel happily.

そればかりではない。

Not only that.

その迷惑をするのが却て慰藉になり、たよりになるのである。

The annoyance will be comforting and joyful.

ステパンはこんな独語を言つてゐる。

Stepan speaks such German.

「毎日何遍となく同じ祈祷の文句を聞かなくてはならぬのはどうしたわけだか、己には分らない。

"I don't know why I have to listen to the same prayer every day.

併し兎に角さうしなくてはならないのだ。

At the same time, you must be horny.

だから己にはそれが難有い」と云つてゐる。

That ’s why it ’s difficult for me. ”

或る時師匠がステパンに言つて聞かせた。

At one point, the teacher told Stepan.

「人間は体を養ふ為めに飲食をすると同じ事で、心を養ふ為めに心の飲食をしなくてはならぬ。

“A human being eats and drinks to support her body, and she must eat and drink her heart to support her mind.

それが寺院での祈祷だ」と云ふのである。

That is the prayer at the temple. "

ステパンはそれを聞いて信用した。

Stepan heard it and trusted.

そこで朝早く眠たいのに床から起されて勤行に出て往つても、それがステパンの為めに慰安になり、又それに依つて歓喜を生ずることになるのである。

So if you want to sleep early in the morning but get up from the floor and go to work, it will be comforting for Stepan, and it will be a pleasure.

その外自分が誰にでも謙遜してゐると云ふ意識も、師匠たる長老に命ぜられて自分のするだけの事が一々規律に※つて無瑕瑾だと云ふ自信も、ステパンに歓喜を生ぜさせるのである。

In addition, the consciousness of being humble to anyone else, the self-discipline that everything you do is ordered by the elder who is the teacher, and the innocence of being self-sufficient, also brings joy to Stepan It is made to do.