文学その6

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

パアテル・セルギウス:トルストイ レオ:森 林太郎(732-807)/2042

戸をお開けなすつて。」

How to open the door. "

 セルギウスは全身の血が悉く心の臓に流れ戻つて、そこに淀んだやうな気がした。

Sergius felt that he was swallowed up by the blood of his whole body flowing back to his heart.

息が詰つた。

I was short of breath.

やう/\の事で、「而して主は復活し給ふべし、敵を折伏し給ふべし」と唱へた。

On the other hand, he said, “The Lord will be resurrected and betrayed, and the enemy will be surrendered.”

地獄から現れた悪霊を払ひ除けようと思つたのである。

He wanted to get rid of the evil spirits that appeared from hell.

「わたくしは悪魔なんぞではございません。

“I am not a devil.

只あたりまへの罪の深い女でございます。

She is a sinful woman to the heels.

あたりまへの意味で申しても、又形容して申しても、道に踏み迷つた女でございます。」

Regardless of what I mean, I am a woman who has lost her way. "

初め言ひ出した時から、なんだかその詞を出す唇は笑つてゐるらしかつたが、とう/\こゝまで言つて噴き出した。

From the time I first spoke out, the lips that put out the lyrics somehow laughed and struck me, but finally I screamed out to the bottom.

それからかう云つた。

After that, he told me.

「わたくしは寒くて凍えさうになつてゐますのですよ。

“I'm cold and freezing.

どうぞあなたの所にお入れなすつて下さいまし。」

Please put it in your place. "

 セルギウスは顔を窓硝子に当てた。

Sergius put his face on the window glass.

併し室内の燈火の光が強く反射してゐて、外は少しも見えなかつた。

At the same time, the light of the bonfire in the room was strongly reflected and I could not see anything outside.

そこで両手で目を囲つて覗いて見た。

So I looked around with my hands around my eyes.

外は霧と闇と森とである。

Outside is fog, darkness and forest.

少し右の方を見ると、成程女が立つてゐる。

If you look to the right, a woman will stand up.

女は毛の長い、白い毛皮を着て、頭には鳥打帽子のやうな帽子を被つてゐる。

The woman wore long fur, white fur, and wore a hat with a bird hat on her head.

その下から見えてゐる顔は非常に可哀らしい、人の好さゝうな、物に驚いてゐるやうな顔である。

The face that can be seen from below is very pitiful.

それがずつと窓の近くへ寄つて首を屈めて乗り出して来た。

As it gradually approached the window, it began to bow and bow.

二人は目を見合せた。

They looked together.

そして互に認識した。

And they recognized each other.

これは昔見た事のある人だと云ふのではない。

This is not to say that I have seen it before.

二人はこれまで一度も逢つた事がないのである。

The two have never been jealous.

併し目を見交した所で、互に相手の心が知れたのである。

In the place where they saw the eyes, the hearts of the other party were known.

殊にセルギウスの方で女の心が知れた。

The heart of the woman was known especially by Sergius.

只一目見たばかりで、悪魔ではないかと云ふ疑は晴れた。

At first glance, the suspicion of being a devil was clear.

只の、人の好い、可哀らしい、臆病な女だと云ふことが知れた。

He was known to be a niece's favorite, poor and cowardly woman.

「あなたはどなたですか。

"Who are you?

なんの御用ですか。」

What are you looking for? "

セルギウスが問うた。

Sergius asked.

 女は我儘らしい口吻で答へた。

女 The woman went to the answer with a pretty kiss.

「兎に角戸を開けて下さいましな。

"Please open the corner door to the wall.

わたくしは凍えてゐるのでございますよ。

I will freeze and cry.

道に迷つたのだと云ふことは、さつき云つたぢやありませんか。」

Isn't Satsuki saying that he has lost his way? "

「でもわたしは僧侶です。

“But I am a monk.

こゝに世を遁れて住んでゐるのです。」

He lives in the world. "

「だつて好いぢやありませんか。

“Are there any good traps?

開けて下さいましよ。

Please open it.

それともわたくしがあなたの庵の窓の外で、あなたが御祈祷をして入らつしやる最中に、凍え死んでも宜しいのですか。」

Or is it okay for me to freeze and die while you are praying and entering outside your window? "

「併しこゝへ這入つてどうしようと。」

“What should I do if I enter the sidewalk?”

「わたくしあなたに食ひ付きはいたしません。

“I will not eat you.

どうぞお開けなすつて。

Please open it.

凍え死ぬかも知れませんよ。」

It may freeze and die. "

段々物を言つてゐるうちに、女は実際気味が悪くなつたと見えて、しまひは殆ど泣声になつてゐる。

As I talked about the steps, the woman actually seemed ugly and Shimahi almost crying.

 セルギウスは窓から引つ込んだ。

Sergius pulled in from the window.

そして荊の冠を戴いてゐるクリストの肖像を見上げた。

Then he looked up at the portrait of Christ who wore a crown.

「主よ。

"Lord.

お助け下さい。

Please help.

主よ。

Lord.

お助け下さい。」

Please help. "

かう云つて指で十字を切つて額を土に付けた。

I cut the cross with my fingers and put the forehead on the soil.

それから前房に出る戸を開けた。

Then I opened the door to the front chamber.

そこで手探に鉤のある所を捜して鉤をいぢつてゐた。

So I looked for a place where there was a trap in my fate and asked for a trap.

 その時外に足音が聞えた。

At that time, I heard footsteps outside.

女が窓から戸口の方へ来たのである。

A woman came from the window toward the doorway.

突然女が「あれ」と叫んだ。

Suddenly the woman shouted "That".

 セルギウスは女が檐下の雨落に足を踏み込んだと云ふ事を知つた。

Sergius knew that a woman stepped into the rain of her majesty.

手に握つてゐる戸の鉤を撥ね上げようとする手先が震えた。

The tip of the hand trembling and shaking the door that squeezed into my hand trembled.

「なぜそんなにお手間が取れますの。

“Why can you take so much trouble?

入れて下すつたつても好いぢやありませんか。

Are there any good habits to put in and out?

わたくしはぐつしより濡れて、凍えさうになつてゐます。

I get wetter than Gusushi and get frozen.

あなたが御自分の霊の助かる事ばかり考へて入らつしやるうちに、わたくしはこゝで凍え死ぬかも知れませんよ。」

While you are only thinking about what your spirit is helping, I may freeze and die. "

 セルギウスは扉を自分の方へうんと引いて、鉤を撥ね上げた。

Sergius pulled the door towards him and repelled the bag.

それから戸を少し開けると、覚えずその戸で女の体を衝いた。

Then when I opened the door a little, I struck the woman's body at that door.

「あ。

"Ah.

御免なさいよ。」

Please excuse me. "

これは昔貴夫人を叮嚀に取扱つた時の呼吸が計らず出たのであつた。

This was because the breath when I handled Mrs. Takashi in the old days came out.

 女は此詞を聞いて微笑んだ。

The woman smiled when she heard this word.

「これは思つたよりは話せる人らしい」と心の中に思つたのである。

I thought in my heart, “This seems to be a person who can speak more than I thought.”

「ようございますよ。

"Thank you.

ようございますよ。」

Thank you. "

かう云ひながら、女はセルギウスの側を摩り抜けるやうにして中に這入つた。

In spite of this, the woman broke through Sergius's side and entered inside.

「あなたには誠に済みません。

“I ’m really sorry for you.

こんな事を思ひ切つていたす筈ではないのですが、実は意外な目に逢ひましたので。」

I'm not really thinking about this, but I was actually surprised. "

「どうぞ」とセルギウスは女を通らせながら云つた。

"Please," Sergius said while passing the woman.