文学その6

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

パアテル・セルギウス:トルストイ レオ:森 林太郎(808-871)/2042

暫く嗅いだ事のない上等の香水の匂が鼻をくすぐつた。

The smell of a fine perfume that I hadn't smelled for a while tickled my nose.

 女は前房を通り抜けて、庵室に這入つた。

The woman passed through the front chamber and entered the mansion.

 セルギウスは外の扉を締めて鉤を卸さずに、女の跡から帰つて来た。

Sergius came back from the trace of the woman without closing the door and taking out the bags.

「イエス・クリストよ、神の子よ、不便なる罪人に赦し給へ。

"Jesus Christo, Son of God, forgive inconvenient sinners.

主よ不便なる罪人に赦し給へ。」

Forgive the sinner who is inconvenient, Lord. "

こんな唱事を続け様にしてゐる。

I will continue to sing like this.

心の中でしてゐるばかりでなく、唇まで動いてゐる。

Not only sings in my heart but also moves to my lips.

それから「どうぞ」と女に言つた。

Then I told the woman, “Please”.

 女は室の真ん中に立つてゐる。

The woman stands in the middle of the room.

着物から水が点滴のやうに垂れる。

Water drips from the kimono.

それでも女の目は庵主の姿を見て、目の中に笑を見せてゐる。

Still, the woman's eyes see the lord and laugh in her eyes.

「御免なさいよ。

"I'm sorry.

あなたのかうして行ひ澄ましてお出なさる所へお邪魔に来まして済みませんね。

I'm sorry you haven't come to the place where you will go out.

でも御覧のやうな目に逢ひましたのですから、為方がございません。

However, because I was caught in the eyes of seeing, there is no way.

実は町から橇に乗つて遊山に出ましたの。

Actually, I got on a mountain pass from town and went to Yuzan.

そのうちわたくし皆と賭をして、ヲロビエフスカから町まで歩いて帰ることになりましたの。

Soon, I bet with everyone and walked from Worovievska to the town.

ところが道に迷つてしまひましてね。

However, please get lost.

わたくし若しあなたの御庵室の前に出て来なかつたら、それこそどうなりましたか。」

What happened to me if I didn't come out in front of your palace? "

女はこんな※を衝いてゐる。

A woman hits such a *

饒舌りながらセルギウスの顔を見てゐるうちに、間が悪くなつて黙つてしまつた。

As I looked at Sergius's face while swearing, I was silent and silent.

女はセルギウスと云ふ僧を心にゑがいてゐたが、実物は大分違つてゐる。

The woman scolded the monk, Sergius, with her heart, but the real thing was quite different.

予期した程の美男ではない。

Not as beautiful as expected.

併し矢張立派な男には相違ない。

At the same time, there is no difference in Yahari's fine man.

頒白の髪の毛と頬髯とが綺麗に波を打つてゐる。

The pale hair and cheeks swell with beautiful waves.

鼻は正しい恰好をして、美しい曲線をゑがいてゐる。

The nose looks right and has a beautiful curve.

目は、真つ直に前を見てゐる時、おこつた炭火のやうに赫いてゐる。

When eyes look straight ahead, they crawl at the charcoal fire.

兎に角全体が強烈な印象を与へるのである。

The whole corner gives a strong impression to the heel.

 セルギウスは女が※を衝くのを看破してゐる。

Sergius sees the woman fighting *

「は、さうですか」と女を一目見て、それから視線を床の上に落して云つた。

“Wow, are you?” She glanced at the woman and then dropped her gaze on the floor.

「わたくしはこれからあちらへ這入ります。

“I will go over there.

どうぞこゝでお楽になさりませ。」

Please feel free to relax. "

かう云つてセルギウスは壁に懸けてあるランプを卸して、一本の蝋燭に火を移した。

So Sergius wholesaled the lamps hanging on the wall and transferred the fire to a candle.

そして女の前で叮嚀に礼をして、奥の小部屋に引つ込んだ。

I thanked the niece in front of the woman and pulled it into the small room in the back.

小部屋は板囲の中になつてゐる。

The small room crawls inside the board.

 女はセルギウスが何やらあちこち動かし始めたのを聞いてゐる。

The woman hears Sergius starting to move around.

「わたしとの間の交通遮断をするのだな」と思つて、女は微笑んだ。

The woman smiled, thinking, "I'm going to block traffic with me."

さて白の毛皮を脱いで、髪の毛の引つ掛かつてゐる帽子を脱いだ。

Now, I took off my white fur and took off my hat that once caught my hair.

それから帽子の下に巻いてゐた刺繍のある巾を除けた。

Then I removed the width of the embroidery wound under the hat.

女は窓の外へ来た時、実はそんなに濡れてはゐなかつた。

When the woman came out of the window, she was actually obsessed with being so wet.

さも濡れたらしい様子をして、草庵に入れて貰はうとしたのである。

He seemed to get wet, and he tried to put it in the grass.

それから戸口へ廻る時、実際|行潦へ左の足を腓腸まで蹈み込んだ。

Then when I went to the doorway, I actually swallowed my left foot to the enema.

靴に一ぱい水が這入つた。

There was a lot of water in the shoes.

女は今|氈一枚で覆つてあるベンチのやうな寝台に腰を掛けて、靴を脱ぎ始めた。

The woman is now | Sit down on a couch on a bench covered with a bag and begin to take off her shoes.

そして此庵室を見廻して、却々好い所だと思つた。

I looked around this room and thought it was a good place.

間口が三尺、奥行が四尺位しかない、小さい一間で、まるで人形の部屋のやうに清潔にしてある。

The frontage is three scales and the depth is only four scales, and it is a clean space just like a doll room.

自分の腰を掛けてゐる寝台の外には、壁に取り付けた書棚と祈祷の時|跪く台とがあるばかりである。

There are only bookshelves mounted on the wall and a bed that can be prayed |

戸の側の壁に釘が二三本打つてあつて、それに毛皮と僧の着る上衣とが懸けてある。

There are two nails hitting the wall on the side of the door, and the fur and the monk's upper garment.

祈祷の台の側には荊の冠を戴いたクリストの画像を懸けて、その前に小さい燈火を点じてある。

On the side of the prayer stand, there is a picture of Christo with a crown of firewood, and a small bonfire is lit in front of it.

室内には油と汗と土との臭が充ちてゐる。

The room is filled with odors of oil, sweat and earth.

女には室内の一切の物が気に入つた。

The woman liked everything in the room.

此臭までが気に入つた。

I liked this smell.

女の一番気にしてゐるのは足の濡れたのである。

The most worried about the woman is the wet feet.

中にも行潦に蹈み込んだ左の足は殊にひどく濡れてゐるので、女は早く靴を脱がうとしてあせつてゐる。

The left foot, which was swallowed in the inside, is particularly badly wet, so the woman scolds her as she takes off her shoes quickly.

女は靴をいぢりながら絶えず微笑んでゐる。

The woman screams and smiles constantly as she hits the shoes.

自分の企てた事をこゝまで運ばせたのを喜んでゐるばかりではない。

I'm not just happy to bring my plans to this place.

あの丈夫さうな、異様な、好いたらしい男をちよいと困らせたのが愉快なのである。

It is pleasant to have troubled a man who seemed to be strong, strange, and likable.

「わたしがいろんな事を言つたのに、ろくに返事もしてくれなかつたが、まあ、それはどうでも好い」と心の中に女は思つた。

The woman thought in her mind, "I told you many things and didn't reply to me, but I liked it."

そしてすぐに声を出して云つた。

And he said immediately.

「セルギウスさん。

"Sergius.

セルギウスさん。

Mr. Sergius.

あなたのお名はさう仰やるのでしたね。」

You said your name. "

「何か御用ですか」と小声で答へた。

“Is it something for you?” I answered with a low voice.

「御免なさいよ。

"I'm sorry.

こんなにわざと寂しくして暮してお出なさる所へ、お邪魔に出て済みません。

I can't go out of my way to the place where I live so lonely.