文学その6

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

パアテル・セルギウス:トルストイ レオ:森 林太郎(950-1022)/2042

わたくしはあなたをお呼申さないで済むことなら、お呼申しはいたしません。

If I don't call you, I won't call you.

わたくしは病気です。

I am sick.

どうしたのだか分りません。」

I don't know what happened. "

女の声は激してゐる。

The woman's voice screams intensely.

「あゝ。

“Oh.

あゝ。」

Ah. "

女はうめいた。

The woman groaned.

そして頭を音のするやうに寝台の上に投げた。

He threw his head on the bed as soon as it sounded.

不思議な事には、実際此時|脱力したやうな、体中が痛むやうな、熱がして寒けがするやうな心持になつたのである。

Strangely, this is actually the moment when you feel weakened, your body hurts, you feel hot and cold.

「お聞きなさいよ。

“Listen.

あなたがどうにかして下さらなくてはならないのです。

You have to manage somehow.

わたくしどうしたのだか分りません。

I don't know what happened.

あゝ。

Ah.

あゝ。」

Ah. "

かう云つて女は上衣の前のボタンをはづして胸を出して、肘までまくつた腕を背後へひろげた。

The woman put out her chest with the button in front of her upper garment, and spread her arm up to her elbow.

「あゝ。

“Oh.

あゝ。」

Ah. "

 此間始終セルギウスは板為切の奥に立つて祈祷してゐた。

During this time, Sergius prayed and stood behind the plate.

とう/\晩に唱へるだけの祈祷の文句を皆唱へてしまつて、しまひには両眼の視線を自分の鼻の先に向けて、動かずに立つてゐて、「イエス・クリストよ、神の子よ、我に御恵を垂れ給へ」と繰り返してゐた。

Too / \ All the words of a prayer that only sings in the evening are chanted, and Shimahi puts his eyes on the tip of his nose and stands without moving, "Jesus Christ. “Son of God, let me bless me.”

セルギウスの耳には何もかも聞えてゐる。

Sergius hears everything and hears it.

女が着物を脱いだ時、絹のさら/\と鳴る音も聞えた。

When the woman took off her kimono, I could hear the sound of silk.

セルギウスは気が遠くなるのを感じた。

Sergius felt distracted.

次の一刹那には堕落してしまふかも知れぬやうな気がした。

The next moment, it crashed and I felt like I was not sure.

そこで暫くも祈祷を絶やさなかつた。

Therefore, I had been praying for a while.

此時のセルギウスの感情は、昔話の主人公が、背後を振り返つて見ずに、前へ前へと歩いて往かなくてはならぬ時の感情と同じ事だらう。

The feelings of Sergius at this time are the same as the feelings when the protagonist of the old tale has to walk back and forward without looking back.

セルギウスには身の周囲に危険があり害毒があるのが分つてゐる。

Sergius finds out there are dangers and poisons around him.

そしてその方を一目も見ずにゐるのが、唯一の活路だと云ふことが分つてゐる。

And it turns out that it is the only way to go without seeing that person.

それに突然、どうしてもあつちの方を見なくてはゐられないと云ふ不可抗力のやうな慾望が起つた。

Suddenly, there was an enviable envy of force majeure, saying that you have to look at them.

それと同時に女の声がした。

At the same time, there was a woman's voice.

「お聞きなさいよ。

“Listen.

あなたそれでは人道にはづれてお出なさいますよ。

You will come out according to humanity.

わたくしは死んでしまふかも知れません。」

I may be dead. "

「好いわ。

"I like it.

己はあいつの所へ往つて遣らう。

I will go to him and send him.

併し昔の名僧は片手を火入の中へ差込んで、片手で女の体を押へたと云ふことだ。

At the same time, the old priest inserted one hand into the fire and pushed the woman's body with one hand.

己もさうしよう。

Let's meet yourself.

だがこゝには火入はない。」

But there is no fire in this pot. "

セルギウスは四辺を見廻した。

Sergius looked around the four sides.

そしてランプが目に付いた。

And I saw a lamp.

セルギウスは指をランプの火の上に翳して額に皺を寄せて、いつまでも痛を忍んでゐようと思つた。

Sergius put his finger on the fire of the lamp and put a spear on his forehead, and thought that he would endure the pain forever.

最初はなんの感じもしなかつた。

At first I didn't feel anything.

それから指がたしかに痛むとか、又どれだけ痛むとか云ふことが、まだはつきり知れぬうちに、セルギウスは痙攣のやうな運動を以て手を引いた。

Then Sergius pulled out with a convulsive exercise before he knew how much pain and how painful his fingers were.

そして手の先を振り廻した。

And swung around the tip of the hand.

「いや、これは己には出来ない」と、セルギウスは諦めた。

“No, I can't do this,” Sergius gave up.

「神様に掛けてお願します。

"I ask you to hang on to God.

ほんにどうぞ来て下さいまし。

Please come to see me.

わたくしは死にます。

I will die.

あゝ。」

Ah. "

「己はとう/\堕落してしまはんではならぬのか。

“I ’m not good.

いや/\。

Disagreeable/\.

断じてさうはなりたくない。

I don't want to refuse.

今すぐに往きます。」

I will go right now. "

かう云つてセルギウスは扉を開いた。

So Sergius opened the door.

そして女の方を見ずに寝台の側を通つて前房へ出た。

And without looking at the woman, I went to the front chamber through the bedside.

そこにはいつも薪を割る木の台がある。

There is a wooden stand that always breaks firewood.

セルギウスは手探でその台の所へ往つた。

Sergius went to the table by fumbling.

それから壁に寄せ掛けてある斧を手に取つた。

Then I picked up the ax on the wall.

セルギウスは「只今」と声高く答へて、左の手の示指を薪割台の上に置いて、右の手に斧の柄を握つて、斧を高く振り上げて、示指の中の節を狙つて打ち下した。

Sergius responded loudly, saying “Now”, placed the index finger of the left hand on the wood table, grabbed the handle of the ax in the right hand, shook the ax high, and moved the knot in the index finger. I aimed down.

指はいつもの薪よりは容易く切れて、いつもの薪と同じやうに翻筋斗をして台の縁に中つて土間に落ちた。

The fingers were cut off more easily than the usual casket, and in the same way as the ordinary casket, they were transverted to the edge of the base and fell into the soil.

指の痛をまだ感ぜないうちに、指の地に落ちた音が聞えた。

Before I felt the pain of my finger, I heard the sound that fell on my finger.

併しまだ気の落ち着かぬうちに灼くやうな痛がし出して、たら/\流れる血の温みを覚えた。

At the same time, I started to feel a sore pain before I felt calm, and I learned the warmth of the flowing blood.

セルギウスは血の滴る指の切口を法衣の裾に巻いて、手をしつかり腰に押し付けた。

Sergius wrapped a bloody finger cut around her hem and squeezed her hand against her waist.

そして庵室の中に這入つて、女の前に立つた。

And I got into the room and stood in front of the woman.

「どこかお悪いのですか。」

"Where is it wrong?"

声は静であつた。

The voice was quiet.

 女はセルギウスの蒼ざめた顔を仰ぎ視た。

The woman looked up at Sergius's face.

僧の左の頬は痙攣を起してゐる。

The monk's left cheeks convulsed and crawled.

女は何故ともなく、急に恥しくなつて、飛び上つて、毛皮を引き寄せて、堅く体に巻き付けた。

For some reason, the woman suddenly became embarrassed, jumped up, pulled the fur, and wrapped it tightly around her body.

「わたくし大変に気分が悪くなりましたものですから。

“I am very sick.

きつと風を引いたのでございませう。

Thank you for drawing a tight wind.

あの。

that.

セルギウスさん。

Mr. Sergius.

わたくしは。」

I. "