文学その6

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

パアテル・セルギウス:トルストイ レオ:森 林太郎(1023-1096)/2042

 セルギウスはひそやかな歓喜に赫く目を挙げて女を見た。

Sergius looked at the woman with her eyes crying out for a quiet joy.

そして云つた。

And he said.

「姉妹よ。

"Sisters.

あなたはなぜ御自分の不滅の霊魂を穢さうとなすつたのですか。

Why did you stand to worship your immortal soul?

世の中には誘惑のない所はありません。

There is no place without temptation in the world.

併し自分の身から誘惑の出て行くもの程傷ましいものはありますまい。

At the same time, there is nothing so hurt that the temptation comes out of me.

どうぞあなたも祈祷をなすつて下さい。

Please pray for yourself too.

主が我々にお恵をお垂下さるやうに。」

The Lord will give us grace. "

 女は此詞を聞きながら、セルギウスの顔を見てゐた。

女 While listening to this word, the woman looked at Sergius's face and glared.

そのうちなんだかぽた/\と水のやうな物が床の上に落ちる音がした。

Over time, there was a sound of some kind of pottery / water and falling objects on the floor.

女は下の方を見た。

The woman looked down.

そしてセルギウスの左の手から法衣をつたつて血の滴つてゐるのを見付けた。

Then he found a dripping blood from the left hand of Sergius.

「あなたお手をどうなすつたのです。」

"What did you do with your hands?"

口でかう云つた時、女はさつき前房で物音のした事を思ひ出した。

When she spoke with her mouth, she thought of a noise in Satsuki's front chamber.

そこで忙はしくランプを手に持つて、前房へ見に出た。

So I was busy and had a lamp in my hand and went to see my anterior chamber.

床の上には血まぶれになつた指が落ちてゐた。

On the floor, a bloody finger fell and cried.

女はさつきのセルギウスの顔よりも蒼い顔をして、引き返して来て、セルギウスに物を言はうとした。

The woman looked ugly than Satsuki's face, turned back, and tried to tell Sergius something.

 セルギウスは黙つて板為切の中へ這入つて、内から戸を締めた。

Sergius silently entered the board and shut the door from the inside.

 女は云つた。

The woman said.

「どうぞ御免なすつて下さいまし。

"Thank you for your help.

まあ、わたくしはどういたして此罪を贖つたら宜しいでせう。」

Well, I'd be happy if I could apologize for this sin. "

「どうぞ此場をお立ち退き下さい。」

“Please leave this place.”

「でもせめてそのお創に繃帯でもいたしてお上申したうございますが。」

“But at the very least, I would like to thank you for your creation.

「いや。

"Disagreeable.

どうぞお帰り下さい。」

Please come home. "

 女は慌しげに、無言で衣物を着た。

The woman was dressed in silence.

そして毛皮を羽織つて寝台に腰を掛けた。

Then he put on his fur and sat down on the bed.

 その時森の方角から橇の鐸の音がした。

At that time, there was a sound of frogs from the direction of the forest.

「セルギウスさん。

"Sergius.

どうぞ御勘辨なすつて下さいまし。」

Please feel free to contact us. "

「宜しいからお帰り下さい。

"Please come back because it's good.

主があなたの罪をお赦し下さるでせう。」

The Lord will forgive you for your sins. "

「セルギウスさん。

"Sergius.

わたくしはこれから身持を改めます。

I will change my possession from now on.

どうぞわたくしをお見棄下さらないで。」

Please don't miss me. "

「宜しいからお帰り下さい。」

"Please come back because it's good."

「どうぞ御勘辨なすつて、わたくしを祝福して下さいまし。」

“Please congratulate me and congratulate me.”

 板為切の奥から声がした。

A voice came from behind the plate.

「父の名、御子の名、精霊の名を以て祝福します。

“I bless you with the name of the Father, the name of the Son, and the name of the spirit.

お帰りなさい。」

Welcome home. "

 女は欷歔をして立ち上つて庵室を出た。

女 The woman stood up and left the room.

 外にはいつも此女に附き纏つてゐる辯護士が来て待つてゐた。

辯 The outside guard always wore this girl and waited.

「とう/\わたしが賭に負けましたね。

"Tow / \ I lost my bet.

どうも為方がありません。

There is no way to do it.

どつちの方にお掛けですか。」

Which one are you calling? "

「どちらでも。」

"Either."

女は橇に乗つた。

The woman got on a kite.

 女は帰途に一言も物を言はなかつた。

The woman never said anything on her way home.

 一年立つてからマスコフキナ夫人は尼になつた。

Mrs. Maskovkhina became a niece after standing for a year.

矢張|山籠をしてゐるアルセニイと云ふ僧の監督を受けて、折々此人に手紙で教を授けて貰つて、厳重な僧尼の生活を営んだ。

Yahari: Under the supervision of Arseny, a priest who sings at the foot of the mountain, he gave him a letter to teach him.

Four

 セルギウスはその上七年間程山籠をしてゐた。

Sergius was on the mountain for about seven years.

最初は人が何か持つて来てくれると、それを貰つた。

At first, when a person brought something, he beat it.

茶だの、砂糖だの、白パンだの、牛乳だの、又薪や衣類などである。

It is tea, sugar, white bread, milk, rice cakes and clothes.

併し次第に時が立つに連れて、セルギウスは自分で厳重な規則を立てゝそれを守つて行くやうになつた。

At the same time, as time went on, Sergius set up his own strict rules and followed them.

何品に依らず万已むを得ない物の外は、人が持つて来ても拒絶した。

I refused to bring anything outside of anything that was inevitable regardless of the item.

とう/\一週間に一度貰ふ黒パンの外には何品をも受けぬやうになつた。

Too / \ Once a week, I got to get nothing out of the black bread.

よしや人が物を持つて来ても、悉く草庵に尋ねて来る貧乏人に分配して遣つてしまふ。

Even if a person brings a thing, he distributes it to the poor who asks Kusanagi.

 セルギウスはいつも庵室内で暮らしてゐる。

Sergius always lives in the room.

祈祷をしたり客と話をしたりしてゐるのである。

They pray and talk with customers.

その客の数が次第に殖えて来た。

The number of customers gradually grew.

寺院に詣るのは一年に三度だけである。

I only go to the temple three times a year.

その外で庵室から出るのは、木を樵る時と水を汲む時とに限つてゐる。

Outside the room, the only time you can leave the room is when you crawl a tree or draw water.

こんな生活を五年間続けてゐた後に、前段に話したマスコフキナ夫人との出来事があつたのである。

After having lived like this for five years, there was an incident with Mrs. Maskovkina that I talked about in the previous section.

此出来事は程なく世間に広く聞えた。

This event was soon heard widely.

夫人が夜庵室に来た事、それから女の身持が変つた事、尼になつた事が聞えたのである。

I heard that the wife came to the nightroom, that the woman's personality changed, and that she became a nephew.

 此時からセルギウスの評判が次第に高くなつた。

[From this time, Sergius's reputation gradually increased.

尋ねて来る人の数が次第に殖えた。

The number of people who asked me grew gradually.

僧侶で草庵の側に来て住むものが出来て来た。

A monk came to live on the side of Kusanagi.

側に宿泊所をさへ建てることになつた。

I decided to build an accommodation on the side.

世間の習慣で何事をも誇張するために、セルギウスのした事は大した事のやうになつて、その高徳の評判は人の耳目を驚かすやうになつた。

In order to exaggerate everything in the customs of the world, what Sergius did was a great deal, and his reputation for virtue has astounded people's ears.

客が遠方から来る。

A customer comes from a distance.

病人を連れて来る。

Bring the sick.

世評に依れば、その病人が皆セルギウスの祈祷で直ると云ふことになつた。

According to the public opinion, all the sick people can be repaired with Sergio's prayer.