文学その6

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

パアテル・セルギウス:トルストイ レオ:森 林太郎(1153-1198)/2042

こんな風に云はれて見れば、一々道理はある。

If you look at it like this, there is a reason.

併しその云ふが儘になつてゐて見ると、一切の内生活が外面に転じてしまふことを免れない。

At the same time, when that word is used as a habit, it is inevitable that all internal life will turn to the outside.

自己の内面にあつた生命の水源が涸れてしまふ。

The water source of life that is inside of me is drowning.

自分のしてゐる事が次第に人間の為めにするばかりで、神の為めにするのではなくなる。

The things you do are only for humans, not for God.

客に教を説いて聞かせたり、客を祝福して遣つたり、病人の為めに祈祷したり、客に問はれてどんな生活をするが好いと言つて聞かせたり、不思議に病気が直つたとか、又受けた教の功能があつたとか云ふ礼を聞いたりする時、セルギウスはそれを嬉しがらずにはゐられない。

Preaching and telling the customer, blessing and sending the customer, praying for the sick, telling the customer what kind of life they want to live, and telling them that their illness is mysterious. Sergius cannot be beaten without rejoicing when he or she hears the reverence of the teaching or the profession he has received.

又自分が人間の性命の上に影響することの出来るのを、価値のある事のやうに思はずにはゐられない。

Also, I can't believe that I can influence human sexual life, as it is worthwhile.

セルギウスには自分が人間世界の光明のやうに思はれる。

Sergius feels like the light of the human world.

併し此心情を明白に思ひ浮べて見ると、曾て我内面に燃えてゐた真理の神々しい光明が、次第に暗くなつて消えて行くのだと云ふ事が、はつきりして来る。

At the same time, when you clearly think of this feeling, the truthful divine luminosity that has burned inside me suddenly fades away and fades away.

「己のしてゐる事がどれだけ神の為めで、又どれだけ人間の為めだらうか。」

“How much do you do for God and how much for humanity?”

此問題が絶えずセルギウスを責める。

This problem constantly blames Sergius.

セルギウスにはこれに答へる勇気がない。

Sergius has no courage to answer this.

そして心の底では、こんな風に神の為めにする行の代りに人間の為めにする行を授けたのは、悪魔の所為だらうと思はれる。

And at the bottom of my heart, I think that it is because of the Devil that I gave the line for the human being instead of the line for the God.

その証拠には昔は山籠の住家へ人の尋ねて来るのがうるさかつたのに、今では人が来ないと寂しくてならない。

In the past, it was noisy to ask people to go to the residences in the foothills.

今は人の来るのがうるさくないでもなく、又その為めに自分が疲れもするが、矢張心中では人が来て自分を讃め称へてくれるのが嬉しくなつてゐるのである。

Now it is not noisy for people to come, and for that reason I am tired, but in Yahari, I am glad that people come and give me praise.

 或る時セルギウスは此土地を立ち退いて、どこかへ身を隠してしまはうかと思つた。

At some point, Sergius vacated this land and thought that he would hide himself somewhere.

そんな時に何から何まで工夫して百姓の着る襦袢、上衣、ずぼん、帽子などまで用意した事がある。

At that time, I have devised everything from what to what to prepare for a peasant, a robe, a hood, a hat and so on.

人には自分で着るのではなくて、自分を尋ねて来る貧乏人に遣るのだと云つた。

He told people not to wear them themselves, but to send them to the poor who asked them.

さてその出来上つた品々をしまつて置いて考へた。

Now I decided to put the finished items together.

あれを着て、長くなつた髪を切つて、立ち退けば好いのである。

I'd like to wear that, cut long hair and eviction.

此土地を離れるには、まづ汽車に乗るとしよう。

Let's take a train to leave this land.

三百ヱルストばかりも遠ざかつたら好からう。

It ’s good if you ’re just going away.

それから汽車を降りて村落の間を歩かうと考へた。

Then I decided to get off the train and walk between the villages.

そこで或る時廃兵の乞食が来たのにいろ/\な事を問うた。

Then, he asked a question of abandoned beggars.

村落を歩くにはどうして歩くか。

How do you walk in a village?

どうして合力をして貰ふか。

Why do you join forces?

どうして宿を借るかと云ふのである。

It is why you rent an inn.

廃兵はどんな人が多分の合力をしてくれるものだとか、宿を借るにはどうして借るものだとか、話して聞かせた。

He told me about what the abandoned soldiers would probably do, and why they borrowed to rent an inn.

セルギウスはそれを聞いて、自分もその通りにしようと思つた。

Sergius heard it and decided to do it.

或る夜とう/\例の衣服を出して身に着けて、これから出掛けようとまで思つた。

One night / \ I put on and put on some clothes and thought about going out.

併しその時になつて、去留いづれが好からうかと、今一応思案した。

At the same time, I pondered now whether I would like to leave.

暫くの間はどちらにも極める事が出来なかつた。

For a while, I couldn't master either.

そのうち次第に意志が一方に傾いて来て、とう/\出掛けるのを廃して、悪魔のするが儘になつて留まる事にした。

Over time, the will gradually leaned to one side, and finally we decided to abandon going out and stay in the trap of the devil.

只その時拵へた百姓の衣類が、こんな事を考へたり、感じたりした事があると云ふ記念品になつて残つてゐるだけである。

只 At that time, the peasant's clothing just left it as a souvenir that you have thought or felt this.

 毎日客の数が殖えて、セルギウスは祈祷をしたり、心の修養を謀つたりする時間が少くなつた。

The number of customers grew every day, and Sergius had less time to pray and conspire to rejuvenate.

稀に心の明るくなつた刹那が来ると、セルギウスは自分を地から湧く泉に此べて見る。

Rarely, when the moment comes to a bright heart, Sergius sees himself in the spring that springs from the ground.

自分は最初から水の湧く力の弱い泉ではあつたが、兎に角生きた水が噴き出してゐた。

I was hot from the beginning with a weak spring, but the living water erupted into the ridge.

静に底から洩いて来て、外へ溢れてゐた。

He leaked quietly from the bottom and overflowed outside.

その泉のやうに、自分は素と真の生活をしてゐたのだ。

Just like that fountain, I lived a real life.

そこへあの女が来た。

That woman came there.

今では尼になつてアグニアと呼ばれてゐる女である。

Now she is a woman who is called Agnia after becoming a niece.

あれが来てゐた一晩の間、自分はあれが事を思ひ続けてゐたが、それと同じやうに今でもあれが事は心に刻まれて残つてゐる。

During the night when he came, I kept thinking about it, but as it is, it still remains in my heart.

あの女は自分が真の生活をしてゐる時、自分を誘惑しに来たのだ。

That woman came to seduce her when she lived in a true life.

そしてその清い泉の一口を飲んだ。

And he drank a bite of that clean fountain.

それから後はもう自分の泉には水がたんとは溜まらない。

After that, there is no water in my fountain anymore.

そこへ咽のかわく人が大勢来てせぎ合つて、互に押し退けようとしてゐる。

There are many throaty people who come together and beat each other.

その人達の足で、昔の泉は踏み躪られて跡には汚い泥が残つてゐる。

With their feet, the old fountain is trampled and dirty mud is left behind.