文学その6

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

パアテル・セルギウス:トルストイ レオ:森 林太郎(1256-1327)/2042

面白くもなんともない。

It ’s not interesting.

こんな人達から新しい事を聴くことは決して出来ない。

You can never hear new things from these people.

又こんな人達に宗教心を起させようとしても徒労である。

Also, it is hard work to try to bring such people to a religious spirit.

それは皆セルギウスには好く分つてゐる。

It's all good for Sergius.

それでもセルギウスは此大勢の人を見るのが厭ではない。

Still, Sergius is not afraid to see this large number of people.

此人達は皆自分を尊信して、自分の祝福を受けたり、自分の意見を聞いたりしようと思つて来るのだと思へば憎くもない。

I don't hate that these people all come to believe in themselves, receive their blessings, and listen to their opinions.

そこでセルギウスは此人達をうるさがりながら歓迎してゐるのである。

So Sergius nodded and welcomed them.

 番僧セラビオンは群集を追ひ散らさうとした。

The priest Serabion tried to chase the crowd.

そして群集に向つて、セルギウス様は疲労してゐられると断つた。

And to the crowd, Sergius-sama refused to be exhausted.

併しセルギウスは「子等をして我許に来さしめよ」と云ふ福音書の詞を思つて、自分の挙動に自分でひどく感動しながら、群集を呼び寄せるやうに言ひ付けた。

At the same time, Sergius thought of the gospel verse, saying, “Let's come to pardon with children”, and he was very impressed by his own behavior and finally attracted the crowd.

 セルギウスは身を起して欄の所に出た。

Sergius woke up and went to the column.

その外には群集が押し合つて来てゐる。

Outside, crowds come together.

セルギウスは一同に祝福を授けて、それから一人一人物を問ふのに答へ始めた。

Sergius congratulated them all and then began to answer each question.

その自分の声が弱いのに、自分で感動しながら答へ始めた。

Even though his voice was weak, he started moving to the answer.

併しなんと思つても来てゐるだけの人に皆満足を与へることは出来ない。

At the same time, no one can give satisfaction to anyone who just comes and speaks.

セルギウスは又目の前が暗くなつて、よろけ出した。

Sergius stumbled out again, darkening in front of her eyes.

やう/\手で欄を掴まへて倒れずにゐた。

Yeah / \ I grabbed the column with my hand and hit it without falling down.

血が頭に寄つて来て、一度顔が蒼くなつて、すぐ火のやうに赤くなるのを感じた。

I felt that blood came to my head, my face crazed once, and it quickly turned red on fire.

「どうぞ皆さんあしたまで待つて下さい。

"Please wait for everyone tomorrow.

わたしにはけふはもう御返事が出来ません。」

I can't reply to me anymore. "

かう云つて置いて、又一同に祝福を授けて、木の下のベンチの方へ帰らうとした。

I left it all together and blessed them all and went back to the bench under the tree.

例の商人がすぐに来て手を引いてベンチへ連れて往つて、腰を卸させた。

An example merchant immediately came and pulled his hand to the bench and let his waist wholesale.

群集の中からはこんな声がする。

A voice like this comes from the crowd.

「セルギウス様。

"Sergius.

どうぞわたし共を見放さないで下さい。

Please do not let go of us.

わたし共はあなたに見放されては、もう生きてゐられません。」

If we let go of you, we will not be alive again. "

 商人はセルギウスを楡の木の下のベンチに連れて往つて置いて、自分は巡査のやうに群集を追ひ散らすことに努力してゐる。

The merchant takes Sergius back to the bench under the oak tree and puts himself in an effort to scatter the crowd as the patrollers.

自分の声をセルギウスに聞かすまいとして、小声で云つてゐるが、その癖語気は鋭く、脅すやうである。

In order to avoid listening to Sergius's own voice, he speaks quietly, but his voice is sharp and threatening.

「さあ、退いた退いた。

"Now, I retreated and retreated.

こゝを退くのだ。

Retreat this.

祝福をして戴いたぢやないか。

Do you have a blessing?

その上どうして貰はうと云ふのだ。

On top of that, why are you going?

退くのだ。

Retreat.

それが厭なら少し寄附でもするが好い。

If it is a habit, donate a little.

おい、そこにゐるをばさん。

Hey, I'll talk to you.

お前も退くのだ。

You also retreat.

どこへ押して来ようと云ふのだ。

Where are you going to push?

さつきも聞いた通り、もうけふはおしまひなのだ。

As I heard Satsuki, Mokefu is Oshima Hina.

又あした来たら、お前も伺ふ事が出来るかも知れない。

If you come again, you may be able to ask.

運次第だ。

It depends on your luck.

もうけふは駄目だよ。」

You can't use it anymore. "

「いゝえ。

“No way.

わたくしは只セルギウス様を、一目拝めば宜しいのです。」

I would like to worship Sir Sergius at a glance. "

かう云つたのは婆あさんである。

It is Mr. Tatsumi.

「お顔ならすぐに見せて遣る。

“If you have a face, show it immediately.

何を押すのだ。」

What do you push? "

 商人が随分群集につらく当るのが、セルギウスに聞えた。

I heard from Sergius that the merchants had a hard time hitting the crowd.

セルギウスは庵室の小使を呼んで、あの人に余りひどく人を叱らないやうに言へと命じた。

Sergius called the ambassador to Jamuro and ordered him to speak to him so badly that he wouldn't speak too badly.

かう云つたつて、商人は矢張追ひ退けるとは、セルギウスにも分つてゐる。

In the meantime, the merchant tells Sergius that he will retreat Yabari.

自分ももう一人でゐたい、休みたいと思つてゐる。

I think I want to get alone and take a rest.

それでも小使を遣つて商人に注意を与へた。

Still, he sent an ambassador to give attention to the merchant.

これは群集に感動を起させようとしたのである。

This tried to impress the crowd.

 商人は答へた。

The merchant went to the answer.

「好いよ、好いよ。

"I like it, I like it.

何もわたしは皆を追ひ退けるのではない。

Nothing will dismiss me.

只少し抑へるだけだ。

I'm just a little depressed.

打ち遣つて置くと、あの人達は人一人責め殺す位平気なのだ。

If you leave it alone, they are ok to blame and kill each person.

皆自分の事ばかり考へてゐて、人を気の毒だなんぞとは思はない。

I don't think everyone feels sorry about their own things and feels sorry for them.

行けないよ。

I can't go.

退くのだと云つてゐるぢやないか。

Won't you say you're going to retreat?

あす来るのだよ。」

Tomorrow will come. "

とう/\群集が悉く散つてしまふまで、商人は止めなかつた。

Too / \ The merchant was unstoppable until the crowd was scattered.

 商人がこんなに骨を折るには種々の理由がある。

There are various reasons why merchants are so hard.

一つは自分が平生秩序を好んでゐるからである。

One is because I like the peaceful order.

今一つは大勢の人を追ひまくるのが面白いのである。

Another interesting thing is to chase many people.

併し今一つ何よりも大事な理由がある。

At the same time, there is one more important reason.

それは自分が一人残つてセルギウスに頼まうと思ふことがあるのである。

There are times when I think that I will leave Selius alone and ask Sergius.

 商人は妻を亡くした独りものである。

The merchant is the one who lost his wife.

妻の死んだ跡に病気な娘が一人残つてゐる。

One sick daughter is left behind at the trace of his wife's death.

その娘は病気があるために、人に※に遣ることが出来ぬのである。

Because her daughter is sick, she cannot send it to a person.

商人は此娘を連れて千四百ヱルストの道をわざ/\来た。

The merchant took this daughter with her and came on the path of Rust.

これは娘の病気をセルギウスに直して貰はうと思ふからである。

This is because I think that my daughter's illness will be corrected by Sergius.