文学その6

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

パアテル・セルギウス:トルストイ レオ:森 林太郎(1523-1605)/2042

そしてもう己は負けた、情慾を抑へる力が、もう己には無いと思つた。

And I thought I had lost, and I no longer had the power to suppress emotion.

「マリアと云ふの。

“Maria is called.

なぜ聞くの。」

Why are you listening? "

かう云つて娘はセルギウスの手を握つて接吻した。

The daughter kissed holding Sergius's hand.

それから両腕でセルギウスの体に抱き付いて、しつかり抱き締めた。

Then I hugged Sergius with both arms and hugged him.

「マリア。

"Maria.

お前どうするのだい。

What are you doing?

お前は悪魔だなあ。」

You are a devil. "

「あら。

"Oh.

何を言つてゐるの。

What are you talking about?

こんな事はなんでもありやしないわ。」

I can't do anything like this. "

かう云つていよ/\きつく抱き締めて一しよに床の上に腰を掛けた。

I hugged tightly and sat down on the floor.

     ――――――――――――

――――――――――――

 夜が明けてセルギウスは戸の外へ出た。

At dawn, Sergius went out of the door.

「一体|昨夕の事は事実だらうか。

"One-piece | Is it true that last evening?

今にあの父親が来るだらう。

That father will come now.

そしたら娘が何もかも話すだらう。

Then my daughter will tell you everything.

あいつは悪魔だ。

He is a devil.

まあ、己は何をしたのだらう。

Well, what did I do?

あそこには斧がある。

There is an ax over there.

己のいつかの時指を切つたのが、あの斧だ」。

It ’s that ax that cut my finger at some point. ”

セルギウスは斧を手に持つて、庵室に帰つた。

Sergius returned to the mansion with an ax in his hand.

 世話をしてゐる僧が出迎へた。

僧 A monk who takes care of me picks me up.

「薪をこはしませうか。

“Would you like to squeeze it?

こはすのなら、その斧を戴きませう。」

If this is the case, I'll give you that ax. "

 セルギウスは斧を渡した。

Sergius handed an axe.

そして庵室に入つた。

Then I entered the room.

娘はまだ横になつたまゝでゐる。

The daughter still squeezes next to her.

眠つてゐる。

I fall asleep.

セルギウスはひどく気味悪く思つて娘を見た。

Sergius looked ugly and saw her daughter.

それから兼ねてしまつて置いた百姓の衣類を取り出してそれを着た。

Then I took out the peasant's clothes that I also left and put it on.

それから剪刀を取つて髪を短く切つた。

Then I took a scissors and cut my hair short.

 セルギウスは庵室を抜け出して、森の中の道を河に沿うて下つて行つた。

Sergius escaped from the mansion and went down the road in the forest along the river.

此河岸をばもう四年|以来歩いた事がないのである。

I have never walked along this river for four years.

 街道は河の岸にある。

The highway is on the river bank.

それをセルギウスは日が中天に昇るまで歩いた。

Sergius walked until the sun rose to the middle.

それから燕麦の畑に蹈み込んでそこに寝て休んだ。

Then I swallowed up in the soba field and slept there.

 セルギウスは夕方になつて或る村の畔に来た。

Sergius came to a village in the evening.

併しその村には足を入れずに河の方へ歩いて往つて、懸崖の下で夜を明かした。

At the same time, he walked to the river without going into the village and dawned under the cliff.

 目の覚めたのは、翌朝日の出前半時間ばかりの時であつた。

I woke up only the first half hour of sunrise the next morning.

どこもかしこも陰気に灰色に見えてゐる。

Everywhere and insanely, it looks gray.

西から冷たい朝風が吹いて来る。

A cold morning wind blows from the west.

「あゝ。

“Oh.

己は此辺で始末を付けなくてはならぬ。

I have to clean up here.

神と云ふものはない。

There is no such thing as God.

だが始末はどう付けたものだらう。

But how do you handle it?

河に身を投げようか。

Will you throw yourself into the river?

己は泳ぎを知つてゐるから、溺れないだらう。

Because I know swimming and speak, I can't speak.

首を縊らうか。

Will you hit your neck?

あ。

Ah.

こゝに革紐がある。

There's a leather strap in here.

あの木の枝が丁度好い。」

I just like that tree branch. "

此手段は容易く行ふことが出来さうである。

This means can be done easily.

手に取られさうに容易いのである。

It is easy to be picked up.

それが為めにセルギウスは却て身震をして身を背後へ引いた。

For this reason, Sergius shook himself and pulled himself back.

そしていつもこんな絶望の時にしたやうに、祈祷をしようと思つた。

And I always wanted to pray as I did in this despair.

併し誰に祈祷をしたらよからう。

And whoever prays to you.

神と云ふものは無い。

God and cloud Fu things are not.

セルギウスは横になつて頬杖を衝いてゐた。

Sergius lay down and hit the cheek.

その時突然非常に眠たくなつた。

I suddenly became very sleepy at that time.

もう頭を上げてはゐられない。

I can't beat my head anymore.

そこで肱を曲げてそれを枕にしてすぐに寐入つた。

So he bent the bag and turned it into a pillow and immediately inserted it.

 此眠は只一刹那で覚めた。

This sleep was awakened at the moment.

そしてセルギウスの心頭には、半ばは夢のやうに、昔の記念が浮んで来た。

And in the heart of Sergius, the memorial of the past came to life, halfway as a dream.

 セルギウスはまだ子供半分の時に、田舎で、母の許にゐた。

Sergius was in the countryside when he was still half a child.

母衣を掛けて半分隠した馬車が家の前に来て留まつた。

A carriage, half-hidden with a mother's garment, came to stay in front of the house.

馬車の中からはニコライ・セルギエヰツチユをぢさんが出た。

From the carriage, Ms. Tsuji came out of Nikolai Sergier Tsuchyu.

恐ろしい黒い鎌鬚の生えた人である。

He is a terrible black sickle.

そのをぢさんが痩せた、小さい娘を連れてゐる。

Take a little daughter who was thin.

名はパシエンカと云つて、大きい優しい目の、はにかんだ顔をしてゐる。

His name is Pasienka, and he sings with a gentle face and big eyes.

パシエンカは我々男の子の仲間に連れて来られたので、我々はその子と一しよに遊ばなくてはならなかつた。

Because Pasienka was brought to us by a boy's companion, we had to play with that child.

その遊がひどく退屈だ。

That play is terribly boring.

娘が余り馬鹿だからである。

Because my daughter is too stupid.

とう/\しまひには男の子が皆娘を馬鹿にして、娘に泳げるか泳いで見せろと云つた。

Too / \ Simahi all the boys made their daughters stupid and told them to swim or swim.

娘はこんなに泳げると云つて、土の上に腹這になつて泳ぐ真似をした。

She said she could swim so much, and imitated her to swim in the stomach on the soil.

男の子等は皆|可笑しがつて笑つた。

The boys were all laughing.

娘は馬鹿にせられたのに気が付いて頬の上に大きい真つ赤な斑が出来た。

She noticed that she was foolish, and made a big red spot on her cheek.

その様子が如何にも際限なく、哀つぽいので、男の子等が却て自分達のした事を恥かしく思つた。

The situation was so endless and sad, so the boys were ashamed of what they did.

そして娘の人の好げな、へり下つた、悲しげな微笑が長く男の子等の記憶に刻み付けられた。

The daughter's favorite, hungry, sad smile was inscribed in the memories of boys and others for a long time.

 余程年が立つてから、セルギウスはその娘に再会した事がある。

Sergius reunited with her daughter after a long time.

丁度自分の僧院に入るすぐ前であつた。

Just before entering my monastery.

娘は田地持の女房になつてゐた。

My daughter went to Tajimochi's wife.

その夫が娘の財産を濫費して、女房を打擲する。

The husband overthrows her daughter's property and beats her wife.