文学その6

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

パアテル・セルギウス:トルストイ レオ:森 林太郎(1606-1667)/2042

もう子が二人出来た。

I already have two children.

息子一人に娘一人である。

One son and one daughter.

息子は生れて間もなく死んだ。

My son died soon after he was born.

此女の如何にも不幸であつた事をセルギウスは思ひ出した。

Sergius recalled that she was so unhappy.

 それから僧院に入つた後に、セルギウスは此女の後家になつて来たのを見た。

Then, after entering the monastery, I saw Sergius coming home after this girl.

女は昔の儘で、矢張馬鹿で、気の利かない粧をしてゐた。

The woman was an old niece, Yabari idiot, and she wore a nifty makeup.

詰らぬ、気の毒なやうな女である。

He is a nasty and sad woman who does not clog.

娘とその婿とを連れて来た。

I brought my daughter and her nephew.

その頃一家はすつかり微禄してゐた。

At that time, the family was very disappointed.

 その後セルギウスは、その女の一家が或る地方の町でひどく貧乏になつて暮してゐるのを聞いた。

Later, Sergius heard that the woman's family lived terribly poor in a local town.

「一体己はあの女の事を、今なぜ思ひ出すのだらう」とセルギウスは自ら問うた。

“She really thinks about that woman right now,” Sergius asked himself.

併しどうしてもその女の事より外の事を思つて見ることが出来ない。

At the same time, I can't think of anything outside the woman.

「あの女は今どこにゐるだらう。

“Where does that woman go?

どうしてゐるだらう。

Why are you talking?

矢張今でも土に腹這つて泳ぐ真似をした時のやうに馬鹿でゐるだらうか。

Yabari: Even if I'm imitating to swim on the soil, I'll still scold it.

あゝ。

Ah.

なぜ己はあいつの事をこんなに思ふだらう。

Why do you think of him so much?

どうしようと云ふのだらう。

I wonder what to do.

己は自分の身の始末を付けなくてはならないのだつけ。」

You have to take care of yourself. "

かう思ふと又気味が悪くなる。

She feels bad again.

そこでその気味悪さを忘れようとしては、又パシエンカの事を思ふ。

So if you want to forget that creepy, think of Pasienka again.

 こんな風で長い間セルギウスは横になつてゐた。

Sergius lay on her side for a long time like this.

その間始終自分のすぐ死ななくてはならぬ事を思つたり、又パシエンカの事を思つたりしてゐる。

In the meantime, he thinks that he must die immediately, and thinks of Pasienka.

そしてどうしてもパシエンカが自分の救の端緒になりさうに思はれるのである。

And it seems that Pasienka is the beginning of my salvation.

とう/\セルギウスは又眠つた。

Finally / \ Sergius fell asleep again.

その時夢に天使が現れて云つた。

At that time, an angel appeared in the dream.

「パシエンカの所へ往け。

“Go to Pasienka.

そして何をして好いか問へ。

And what questions do you like?

お前の罪がどんなもので、お前の救はどこにあるか問へ。」

What is your sin and where is your salvation? "

 セルギウスは覚めた。

Sergius woke up.

そして夢に見た事を神の啓示だと思つた。

And I thought what I had dreamed of was God's revelation.

そして気分が晴やかになつて、夢の中の教の通りにしようと決心することが出来た。

Then, I felt fine and decided to follow the teachings in my dreams.

セルギウスはパシエンカの住んでゐる町を知つてゐる。

Sergius knows the town where Pasienka lives.

ここから三百ヱルスト許の所である。

From here, it is the place of three hundred thousand rust.

そこでその町へ向いて歩き出した。

So I walked to the town.

Six

 勿論パシエンカはもう疾つくに昔の小娘ではなくなつてゐる。

Of course, Pasienka is no longer an old maid.

今の名はブラスコヰア・ミハイロフナと云つてゐる。

The current name is Brascoa Mikhailovna.

大分年を取つた、乾からびた、皺くちや婆あさんである。

He is an old-fashioned, dry-minded niece and niece.

堕落した飲んだくれの小役人マフリキエフの為めには姑である。

It is jealousy for the small officer Mafrikieyev who drank me.

 パシエンカは婿が最後に役人をしてゐた地方の町に住んで、そこで手一つで一家族の暮しを立てゝゐる。

Pasienka lives in a local town where Tsuji was the last official to live, where he sets up a family life.

家族は娘と、神経質になつた、病身の婿と、孫五人とである。

The family is a daughter, a nervous and sickly nephew, and five grandchildren.

パシエンカの収入は近所の商人の娘達に、一時間五十コペエケンで音楽を教へるより外ない。

Pasienka's income is no less than teaching music to the daughters of a nearby merchant for 50 hours in 50 hours.

勉強して一日に少くも四時間、どうかすると五時間も授業するので、一箇月六十ルウブル近い収入になる。

I study for at least four hours a day, and maybe five hours a day, so I earn nearly 60 rubles a month.

それをたよりに、右から左へと取つたものを払ひ出して、その日その日を過しながら、いつかは婿が又新しい役目を言ひ付かるだらうと心待に待つてゐる。

Based on that, he pays out what he took from right to left and spends the day that day, and someday he waits for a new role.

パシエンカはどうぞ婿を相当な地位に世話をして貰ひたいと、親類や知る人のある限り依頼状を書いて出した。

Pasienka has written a letter of request as long as there are relatives and people who know him.

セルギウスにも出した。

I also gave it to Sergius.

併しその依頼状はセルギウスが草庵を立ち退いた跡へ届いた。

At the same time, the request arrived at the site where Sergius left Kusanagi.

 土曜日の事である。

It ’s Saturday.

パシエンカは乾葡萄を入れた生菓子を拵へようと思つて、粉を捏ねてゐた。

Pasienka knew the raw confectionery with dried rice cake and kneaded the powder.

これは昔父のゐた時代に置いてゐた料理人が上手に拵へたので、それを見習つてゐるのである。

This is because a chef who had been placed in the days when his father was in the old days went well, so he was able to follow them.

まだ奴隷制度のあつた時で、此料理人は奴隷であつた。

At the time of slavery, this cook was a slave.

パシエンカは此菓子を拵へて、日曜日に孫達に食べさせようと思つてゐる。

Pasienka wants to eat this candy and asks his grandchildren to eat it on Sunday.

 丁度娘マツシヤは一番小さい孫を抱いてゐる。

Just the daughter Matsushia embraces the smallest grandson.

この抱いてゐる子の外の四人の中で、上の方の二人は学校に往つてゐる。

Of the four children outside this hugging child, the upper two go to school and meet.

その二人は男の子が一人に娘が一人である。

They have one boy and one daughter.

婿は昨夜寝なかつたので、昼寝をしてゐる。

He was asleep last night, so he takes a nap.

 パシエンカも昨夕は大分遅くなつて床に這入つた。

¡Pasienka also entered the floor late last night.

それは婿のだらしのない事に就いて娘が苦情を云ふのを宥めなくてはならなかつたからである。

It was because she had to give up her grievance about the slyness of her niece.

パシエンカの目で見れば、婿は体が弱くなつて次第に衰へて行くばかりで、これから身を持ち直すことが出来さうにはない。

In the eyes of Pasienka, the cocoon is declining as the body weakens, and it is unlikely that it will be able to recover.

幾ら娘が彼此苦情を言つたつて駄目である。

No matter how much the daughter tells him this complaint.

そこでパシエンカは極力娘の苦情を抑へて、夫婦の間の平和と安穏とを謀つてゐる。

So Pasienka suppresses her daughter's complaint as much as possible, and insists on peace and peace between the couple.