文学その6

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

パアテル・セルギウス:トルストイ レオ:森 林太郎(1668-1726)/2042

パシエンカは生得人の不和を平気で見てゐることが出来ない。

Pasienka can't beat the indebtedness of the innate.

人が喧嘩をしたつて、それで悪い事が善くなる筈がないと信じてゐるのである。

When a person fights, he believes that there is no reason to make bad things better.

併しそんな事を別段筋を立てゝ考へはしない。

At the same time, we will not consider such a thing.

人の腹を立つたり、喧嘩をしたりするのを見てゐるのが厭なので、それを止めさせようとしてゐるばかりである。

It's a habit of seeing people get angry or fighting, so they just try to stop it.

その厭さ加減は臭い匂や荒々しい物音や、又自分の体に中る鞭ほど厭なのである。

The ugliness is as harsh as the smell of scents, rough noises, and whips in your body.

 パシエンカが今台所で、粉に酵母を交ぜて捏ねることを女中のルケリアに教へてゐると、そこへ六つになる孫娘のコリヤが穴の開いた所へ填め足しをした毛糸の靴足袋を、曲つた脛に穿いて、胸に前垂を掛けて、何事にかひどく驚いた様子で駆け付けて来た。

When Pasienka is now in the kitchen and asks her wife Luceria to mix and mix the yeast with the flour, six granddaughters, Koriya, fill it into the hole and fill it with shoes. I put it on the bent shin, hanged the front of my chest, and rushed to me in a terribly surprised state.

「お祖母あさん。

“My grandmother.

恐ろしいお爺いさんが来て、お祖母あさんにお目に掛かりたいつて。」

When a terrible grandfather came and met his grandmother. "

 ルケリアが外を覗いて見た。

Lukelia looked out.

「ほんに巡礼らしい爺いさんが参つてゐます。」

“A pilgrim who really seems to be a pilgrim is here.

 パシエンカは痩せた臂に付いた粉を落して、手尖の濡れたのを前掛で拭いた。

Pasienka dropped the powder on the thin cocoon and wiped the wet hands with the front hook.

そして部屋に往つて五コペエケンを一つ持つて来て遣らうと思つた。

And then I went to the room and thought I would have one Kopepeken.

併しふと銭入に十コペエケンより小さいのがなかつた事を思ひ出して、それよりはパンを一切遣る事にしようと思案して、押入の方へ往つた。

At the same time, I remembered that I was not smaller than 10 Kopepeken, and thought that I would use all bread rather than that, and went to the intruder.

ところがまだパンを出さぬうちに、少しばかりの銭を惜んだのが恥かしくなつて、パンを切つて遣る事は女中に言ひ付けて置いて、その上に十コペエケンをも取りに往つた。

However, before I left the bread, I was ashamed that I had a little money, and I left it to the maid to cut the bread, and I also took 10 copies on it. I came back.

「これが本当に罰が当つたと云ふものだ。

“This is what the punishment really was.

ちよいと吝な考を出したゞけで、遣る物は倍になつた。」

A good and ugly profession that doubled the amount of work. "

パシエンカは心中でかう思つた。

Pasienka thought in his heart.

 パシエンカは「余り少しだが」と断を云つて、パンと銭とを巡礼に遣つた。

パ Pacienka refused to say “too little” and sent bread and money to the pilgrimage.

それは巡礼の姿を見ると、如何にも立派な、品の好い人柄であつたので、初め思つた倍の物を遣りながら、それを息張つて遣るどころではなく、実際まだこれでは余り少ないと、恥かしく思つたのである。

When you look at the appearance of the pilgrimage, it was a wonderful personality, so it wasn't a place to breathe it while sending twice what you thought at first. I was embarrassed.

 セルギウスは三百ヱルストの道を乞食をして来た。

Sergius has devoured the 300th Rust road.

痩せた体に襤褸を纏つて埃だらけになつてゐる。

Put the candy on the thin body and rub it with dust.

髪は短く切つてある。

The hair is cut short.

足には百姓の靴を穿いて、頭には百姓の帽子を着てゐる。

He wears a peasant's shoes on his legs and wears a peasant's hat on his head.

それが叮嚀に礼をした。

That thanked the niece.

それでも今まで国内の四方から幾人となく来た人を心服させただけの、威厳のある風采は依然としてゐるのである。

Even so, there is still a dignified wind that has made many people who have come from all over the country so far.

 併しパシエンカは此巡礼が昔のステパンだと云ふことを認める事が出来なかつた。

At the same time, Pasienka was unable to admit that this pilgrimage was an old stepan.

大分年を隔てゝゐるのだから無理はない。

It ’s not too difficult to separate the years.

「若しお腹がすいてお出なさるなら、何か少し上げませうか。」

"If you're hungry, let me do something a little."

 セルギウスは黙つてパンと銭とを受け取つて、パシエンカの詞には答へずにゐる。

Sergius silently receives bread and money and speaks to Pasienka's lyrics without answering.

併しその儘立ち去らうとはしないで、パシエンカの顔をぢつと見てゐる。

At the same time, do not try to leave, but look at Pasienka's face.

 パシエンカは不思議に思つた。

Pasienka wondered.

「パシエンカさん。

“Mr. Pasienka.

わたしはあなたの所へ尋ねて来たのです。

I have asked you.

少しお願があつて。」

I have a little request. "

セルギウスはかう云つた。

Sergius said.

美しい目の黒い瞳は動かずに、物を歎願するやうにパシエンカの顔に注がれてゐる。

The black eyes of his beautiful eyes do not move, and he pours into Pasienka's face as he begs for things.

そのうちその目の中に涙が湧いて来る。

Soon tears come into your eyes.

そして白くなつた八字髭の下で唇がせつなげに震えて来る。

Then, the lips trembles under the white eight-letter jar.

 パシエンカは痩せた胸を手で押へた。

Pasienka pushed the thin breast with his hand.

そして口を開いて、目を大きく※つて、呆れて乞食の顔を見詰めた。

I opened my mouth, widened my eyes, and stared at the face of the beggar.

「まあ。

"Oh dear.

あんまり※のやうですが、あなたでしたか。

I'm too much of you.

ステパンさんでせうか。

Will you be Stepan-san?

いえ。

House.

セルギウス様でせうか。」

Is it Sergius-sama? "

「さうですよ。

“That ’s right.

ですがあなたの言つてゐられるその名高いセルギウスではありません。

But it is not that famous Sergius that you say.

わたしは大いなる罪人ステパン・カツサツキイです。

I am Stepan Katsatsuki, the great sinner.

神様に棄てられた、大いなる罪人です。

A great sinner abandoned by God.

どうぞわたくしを助けて下さい。」

Please help me. "

「まあ。

"Oh dear.

どうしてそんな事がわたくしなんぞに出来ませう。

Why can't I do that?

なぜあなたそんなにおへり下りなさいますの。

Why do you come down so much?

まあ、兎に角こちらへ入らつしやいまし。」

Well, it ’s time to get into the corner. "

 セルギウスはパシエンカの差し伸べた手には障らずに、跡に付いて上つて来た。

Sergius came up with a trace without any obstacle to Pasienka's hand.

 パシエンカはセルギウスを上らせはしたが、どこへ連れ込まうかと思ひ惑つた。

Pasienka raised Sergius, but was wondering where to take it.

家は小さい。

The house is small.

最初此家に来た頃は、ほんの物置のやうな所ではあるが、角の一間だけ自分の居間にして置いた。

When I first came to this house, I left it in my living room only in the corner, although it was just a place to store.

併しそれも後に娘に遣つてしまつた。

At the same time, I later sent it to my daughter.