文学その6

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

パアテル・セルギウス:トルストイ レオ:森 林太郎(1727-1806)/2042

今そこではマツシヤが赤ん坊を抱いて寐入らせようとしてゐるのである。

Now there is a desire for Matsuya to hold a baby and enter.

「まあ、こちらへでもお掛下さいまし。」

"Well, please hang here."

かう云つてパシエンカは台所のベンチを指さした。

So Pasienka pointed to the kitchen bench.

 セルギウスはベンチに腰を掛けた。

Sergius sat down on the bench.

そして背中に負つた袋を、まづ片々の肩からはづして、それから又外の肩からはづした。

The bag on his back was first pulled from one shoulder and then again from the outer shoulder.

もう此袋のはづし方には馴れてゐるのである。

I'm already familiar with how to hang this bag.

「まあ。

"Oh dear.

まあ。

Oh dear.

尊いあなた様がどうしてそんなにおへり下りなさいますのでせう。

Why are you so precious?

あんなに名高くなつてお出なさる方が、出し抜けにそんな。」

The person who goes out with such a famous name is like that. "

 セルギウスは返事をしない。

Sergius does not reply.

そして優しく微笑みながら、はづした袋を脇に置いた。

And with a gentle smile, I put a bag on the side.

 パシエンカは娘を呼んだ。

Pasienka called her daughter.

「マツシヤや。

“Matsuya.

此方がどなたゞか、お前知つてゐるかい。」

Do you know who this is? "

かう云つて置いて娘にセルギウスの身の上を囁いた。

I left my daughter over Sergius.

 それから母と娘とは角の部屋から寝台と揺籠とを運び出して跡を片付けた。

Then the mother and daughter took the bed and cradle out of the corner room and cleared the traces.

そしてセルギウスをそこへ案内した。

And he guided Sergius there.

「どうぞこゝで御休息なさいまし。

"Please rest here.

わたくしは今から出て参らなくてはなりませんから。」

I have to come out now. "

パシエンカがかう云つた。

Pasienka told me.

「どこへお出なさるのです。」

“Where are you going?”

「わたくしは音楽を教へに往きます。

“I go to teaching music.

まことにお恥かしい事ですが。」

Although it is truly a shame. "

「なに。

"What.

音楽を教へにお出ですか。

Is music going to teaching?

結構な事ですね。

That's fine.

わたしはたつた一つあなたにお頼み申したい事があるのですが、いつお話が出来ませうか。」

I want to ask you one thing, but when can I talk? "

「さやうでございますね。

“Thank you, Saya.

晩にでも伺ひませう。

I will ask you in the evening.

何か御用に立つ事が出来まするやうなら、此上もない為合でございます。」

If you can stand up for something, it ’s not a good idea. "

「そんならさう願ひませう。

“That ’s right.

それから早速お断をして置きますが、わたしが誰だと云ふことを誰にも話して下さいますな。

Then I will refrain immediately, but please tell anyone who I am.

わたしはあなたにしか身の上が打ち明けたくないのです。

I don't want to tell you only to you.

まだわたしがどこへ立ち退いたか誰も知らずにゐます。

No one knows where I left yet.

これはさうして置かなくてはならないのです。」

This must be put away. "

「あら。

"Oh.

わたくしつひさつき娘に話してしまひました。」

I talked to my daughter. "

「なに。

"What.

それは構ひません。

It doesn't matter.

娘さんに人に話さないやうに言つて置いて下さい。」

Please tell your daughter not to talk to others. "

 セルギウスは靴を脱いで横になつた。

Sergius took his shoes off and lay down.

前の晩眠らずに、けふ四十ヱルストの道を踏んでゐるので、すぐに寐入つた。

Without going to sleep the night before, he stepped on the street of Kefu 40th Rust, so he entered immediately.

     ――――――――――――

――――――――――――

 パシエンカが帰つて来た時、セルギウスはもう目を覚まして待つてゐた。

パ When Pasienka came back, Sergius woke up and waited.

昼食は茶の間へ食べに出るやうに勧められても出ずにゐたので、女中のルケリアがスウプと粥とを部屋に運んで食べさせたのである。

Even though I was encouraged to go to eat during the lunch, I ate without eating, so the maid Luqueria brought Suup and strawberry into the room for eating.

 セルギウスはパシエンカの帰つたのを見て云つた。

Sergius said to see Pasienka's return.

「お約束より早くお帰りでしたね。

“You came home earlier than you promised.

今お話が出来ませうか。」

Can you talk now? "

「まあ。

"Oh dear.

なんと云ふ難有い事でございませう。

It ’s a very difficult thing.

あなたのやうなお客様がお出なすつて下さるなんて。

That your nasty customers will serve you.

わたくしはいつもの稽古を一時間だけ断りました。

I refused the usual practice for only one hour.

跡から填合をいたせば宜しいのです。

It would be nice if you could make a match from the trace.

わたくしは疾うからあなたの所へ参詣しようと思つてゐました。

I thought I was going to visit you because I was sick.

それからお手紙も上げました。

I also sent you a letter.

それにあなたの方でお出下さるとは、まあ、なんと云ふ難有い事で。」

Besides, it is a very difficult thing for you to come out. "

「どうぞそんな事を言つて下さるな。

"Please don't say that.

それからわたしが今あなたに話す事は懺悔ですよ。

Then I'm sorry to talk to you now.

死ぬる人が神様の前でするやうな懺悔ですよ。

It is a regret that a dying person will do in front of God.

どうぞその積りで聞いて下さい。

Please listen to it.

わたしは聖者ではありません。

I am not a saint.

罪人です。

It is a sinner.

厭な、穢らはしい、迷つた、高慢な罪人です。

A cunning, ugly, lost, arrogant sinner.

人間の中で一番悪いものよりもつと悪い人間です。」

It is a bad person to have more than the worst of human beings. "

 パシエンカは目を大きく※いて、セルギウスの詞を聞いてゐる。

Pasienka has big eyes * and listens to Sergius's lyrics.

セルギウスが真実の話をすると云ふ事が、婆あさんには分つてゐるのである。

The fact that Sergius talks about the truth tells you.

婆あさんはセルギウスの手を取つて、優しく微笑んで云つた。

Aoi took Sergius's hand and smiled gently.

「でもそれはあんまり大業にお考へなさるのぢやありますまいか。」

“But isn't there a habit of thinking about big business?”

「いや。

"Disagreeable.

さうでない。

Not a problem.

わたしはね、色好みで、人殺しで、神を涜した男だ。

I am a man who loves colors, murders and deceives God.

※衝きだ。」

* It's a struggle "

「まあ。

"Oh dear.

どうしたと云ふのでせう。」

I'm sorry. "

「それでもわたしは生きてゐなくてはならない。

“But I still have to live.

今までわたしは何事をも知り抜いてゐるやうに思つて、人にどうして世の中を渡るが好いと教へて遣つたりなんかした。

Up until now, I have always thought about knowing everything and telling people why I want to cross the world and teach it.

その癖わたしはなんにも分つてゐないのだ。

That's what I don't know.

そこで今あなたに教へて貰はうと思ふのです。」

So I am thinking of teaching you now. "

「まあ。

"Oh dear.