文学その6

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

パアテル・セルギウス:トルストイ レオ:森 林太郎(1807-1870)/2042

何を仰やるの。

What are you talking about?

それではわたくしに御笑談を仰やるやうにしか思はれませんね。

Then I can only think of a funny story.

昔わたくしの小さい時も、好くわたくしを馬鹿にしてお遊びなすつた事がありましたが。」

In the old days, even when I was a small child, there was a thing that made me ridiculous and played. "

「なんのわたしがあなたに笑談を云ふものですか。

“What am I saying to you?

わたしは決してそんな事はしない。

I never do that.

どうぞあなたは今どうして日を暮してお出だか、それをわたくしに教へて下さい。」

Please tell me why you are coming out now. "

「あの。

"that.

わたくしでございますか。

Are you me?

それは/\お恥かしい世渡をいたしてをりますの。

It ’s a shameful world.

これは皆神様のお罰だと存じます。

I know that this is the punishment of God.

自分でいたした事の報だからいたし方がございません。

There is no way to do it because it is a report of what you did.

ほんに/\お恥かしい。」

Really / \ I'm embarrassed. "

「あなたは夫をお持ちでしたね。

“You have a husband.

その時のお暮しは。」

How did you live at that time? "

「それは恐ろしい世渡でございました。

“It was a terrible world.

最初には卑しい心から、その人の顔形や様子が好きになりまして夫婦になりました。

At first, I became a couple because I liked that person's face shape and appearance.

お父う様は反対せられました。

Father was opposed.

それでもわたくしは道理のある親の詞に背いて夫婦になりました。

Still, I became a couple against the reasonable parents' lyrics.

それから夫婦になつたところで、夫の手助けにならうとはせずに、嫉妬を起して夫を責めてばかりゐました。

Then, when I became a married couple, I did not follow the husband's help, but I just wandered and blamed my husband.

どうもその嫉妬が止められませんで。」

I can't stop that trap. "

「あなたの御亭主は酒を上つたさうですね。」

“Your lord will drink sake.”

「さやうでございます。

"Sayau.

それを止めさせるやうにいたす事が、わたくしには出来ませんでした。

I couldn't do anything to stop it.

わたくしは只小言ばかり言つてゐました。

I uttered all the idiots.

夫が酒を飲むのは病気だと云ふ所に気が付かなかつたのでございます。

I didn't realize that my husband was sick because he was sick.

夫は飲まなくてはゐられなかつたのでございます。

My husband has never been beaten without drinking.

それをわたくしが無理に止めさせようといたしました。

I tried to force it to stop.

それで恐ろしい喧嘩ばかりいたしました。」

That ’s why we had a terrible fight. "

かう云つてパシエンカはまだ美しい目に苦痛の色を現してセルギウスを見た。

That is why Pasienka still looked at Sergios with painful colors in his beautiful eyes.

 セルギウスはパシエンカが夫に打たれてゐたと云ふ話を思ひ出した。

Sergius recalled the story that Pasienka was beaten by her husband.

そして頸が痩せ細つて耳の背後に太い静脈が出て、茶褐色の髪が白髪になり掛かつて稀くなつてゐるパシエンカを見て、此女がどうして今までの日を送つて来たかと云ふ事が、自然に分つて来たやうな気がした。

And when she saw Pasienka, her neck was thin and thick, and a thick vein appeared behind her ears, and her brown hair turned gray and became rare once. I felt like a strange thing came naturally.

「それからわたくしは財産のない後家になつて、二人の子供を抱へてゐました。」

“Then I went to a home with no property and embraced my two children.”

「あなたは田地を持つてゐなすつたではありませんか。」

“Aren't you an ugly man with a paddy field?”

「田地はワツシヤが生きてゐるうちに売り払つて、そのお金は使つてしまひました。

“Tada sold off while Watashiya was alive and spent that money.

どうも暮しに掛かりますものですから。

Because it will take a long time to live.

若い女は皆さうでございますが、わたくしは何も分りませんでした。

All the young women were there but I didn't understand anything.

わたくしは誰よりも愚で、物分りが悪かつたかと存じます。

I know that I'm more foolish than anyone else, and I'm foolish.

わたくしは有る丈の物を皆使つてしまひました。

I've used all the things that have a certain length.

それからわたくしは子供に物を教へなくてはならないので、やう/\自分にも少し物が分つて参りました。

Then I have to teach the children what to do.

それからもう四学年になつてゐたミチヤが病気になりまして、神様の許へ引き取られてしまひました。

After that, Michiya who had already reached the fourth grade became ill and was taken over to God's permission.

それからマツシヤが今の婿のワニヤが好きになりました。

Then Matsuya became fond of today's crocodile crocodiles.

ワニヤは善い人でございますが、不為合な事には病気でございます。」

Waniya is a good person, but inconvenient things are sick. "

 突然娘が来て母の詞を遮つた。

Suddenly my daughter came and blocked my mother's lyrics.

「おつ母さん。

“Otsumama.

ちよいとミツシヤを抱つこして下さい。

Please hug Missiya.

わたし体を二つに分けて使ふ事は出来ませんから。」

Because I cannot divide my body into two parts. "

 パシエンカはぎくりとした。

Pasienka was squeezed.

そして立ち上つて忙しげに、踵の耗つた靴を引き摩つて戸の外へ出た。

After getting up, he pulled out his worn-out shoes and went out of the door.

間もなく帰つて来た時、パシエンカは二つになる男の子を抱いてゐた。

When she came home shortly, Pasienka hugged two boys.

子は反り返つて両手でお祖母あさんの領に巻いてゐる巾を引つ張つてゐた。

The child bowed and wounded with both hands and wound around the grandmother's territory.

パシエンカは語を継いだ。

Pasienka inherited the language.

「どこまでお話いたしましたつけ。

“How far have you told me?

ワニヤは此土地で好いお役をしてゐました。

The crocodile played a good role in this land.

上役の方もまことに善いお方でございました。

The boss was also really good.

それにワニヤは辛抱が出来ないで、とう/\辞職いたしました。」

In addition, the crocodile was unable to persevere and finally resigned. "

「体はどこが悪いのです。」

“Where is my body bad?”

「神経衰弱と云ふのださうでございます。

“Neural weakness.

まことに厭な病気だと見えます。

It looks like it ’s really a cunning illness.

お医者にどういたしたら宜しいかと聞きますと、どこかへ保養に往けと申されます。

When you ask your doctor how to do it, you are told that you are going to get somewhere.

でもそんなお金はございません。

But there is no such money.

わたくしの考へでは此儘にいたしてゐても、いつか直るだらうかと存じます。

In my opinion, even if I stay here, I know that it will be fixed someday.

別に苦痛と云つてはないのでございますが。」

There is no pain. "

 此時「ルケリア」と男の声で呼んだ。

At this time, he called “Luceria” in a man ’s voice.

肝癪を起してゐるやうな、その癖元気のない声で、婿が呼んだのである。

As soon as I wake up with a fluke, I called out with that unrelenting voice.