文学その6

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

パアテル・セルギウス:トルストイ レオ:森 林太郎(1871-1930)/2042

「いつ呼んだつてゐやしない。

"When you call me, don't hesitate.

己の用のある時はいつでも使に出してある。

Whenever there is something for me, I am using it as an angel.

おつ母さん。」

Otsumo. "

「すぐ往くよ」とパシエンカは返事をした。

“I'll go soon,” Pasienka replied.

そしてセルギウスに言つた。

And he told Sergius.

「まだ午を食べてゐないのでございます。

“I still do n’t have time to eat the afternoon.

あれはわたくし共とは一しよに食べられませんので。」

That's because I can't eat with us. "

パシエンカはかう云ひながら立つて、何やら用をした。

Pasienka stood up and used it for some reason.

それから労働の痕のある、痩せた手を前掛で拭きながら、セルギウスの前へ帰つて来た。

Then I came back in front of Sergius, wiping her thin hand with a scar on it.

「まあ、こんな風にして暮してゐるのでございます。

“Well, you live like this.

わたくしはいつも苦情ばかり申して、万事不足にばかり思つてゐます。

I'm always complaining and I'm always thinking about everything shortage.

その癖孫は皆丈夫で好く育ちますし、どうにかして暮しては行かれますから、本当は神様にお礼を申さないではならないのでございます。

The great-grandchildren are all strong, grow up nicely, and live somehow, so you really must not thank God.

それはさうと、ほんに詰らない事ばかり長々と申しまして。」

In the meantime, I've been saying a lot of things that don't really clog. "

「一体なんで暮しを立てゝゐるのですか。」

“Why are you living up?”

「それはわたくしが少しづつ儲けますのでございます。

"That's because I can make a little by little.

小さい時稽古をいたしました自分には厭であつた音楽が役に立つてゐますのでございます。」

I practiced when I was little, and I think that the music that I used to play is useful to me. "

パシエンカは坐つてゐる傍にある箪笥の上に、細つた手を載せて、殆ど無意識にピアノをさらふやうな指の運動を試みてゐる。

Pasienka puts a thin hand on the heel next to sitting and singing, and tries to move the finger almost unconsciously, trying to move the finger.

「一時間でどの位貰ひますか。」

“How long do you spend in an hour?”

「それはいろ/\でございます。

"That's iro / \.

一ルウブルの事もあり、五十コペエケンの事もあり、又三十コペエケンしか貰はれない事もあります。

There are things about one rubble, things about fifty kopeeken, and sometimes only thirty kopeeken.

でもどちらでも優しくいたしてくれますので。」

But both will be kind. "

「そしてその教へて貰ふ子供は出来ますか。」

“And can you make a child for that teaching?”

かう云つたセルギウスの目には殆ど認められぬ程の軽い微笑が見えた。

Sergei's eyes saw a smile that was almost unacceptable.

 パシエンカは妙な事を問はれたと不思議に思ふらしく訝の目をしてセルギウスを見た。

パ Pacienka was curiously asked that something strange, and looked at Sergius with a cunning eye.

「それは出来ますとも。

“I can do that.

一人なんぞは立派な子でございます。

One person is a fine child.

親は肉屋さんですが、それは正直な、可哀らしい娘でございます。

My parents are butchers, but they are honest and poor daughters.

ほんにわたしがもつと気が利いてゐましたら、夫には立派な知合がありましたのですから、婿にももつと好い役の出来るやうに世話をして遣る事が出来ましたのでございませうが、なんにも分りませんので、とう/\一家がこんなに落ちぶれてしまひました。」

If I was really happy with my husband, my husband had a good wisdom, so I was able to take care of him as soon as I could have a good role. Ugh, I don't know anything, so the family has fallen so much. "

「成程、成程。」

"The course, the course."

かう云つてセルギウスは頭を項垂れた。

So Sergius drooped his head.

「それはさうとお宗旨の方はどうですか。」

“What about the sect?”

「どうぞその方の事は仰やらないで下さいまし。

"Please don't talk about that person.

わたくしは本当に不精で、遣り放しでございます。

I'm really lazy and left alone.

聖餐の時には子供を連れて参りますが、間々では一月もお寺に参らずにゐる事がございますの。

They bring their children during the sacrament, but sometimes they crawl without visiting the temple even in January.

子供だけは遣りますが。」

I only spend children. "

「なぜ御自分では往かれないのですか。」

“Why can't I go by myself?”

「正直なところを申しますれば、娘や孫の手前が恥かしくてまゐられません。

“To be honest, my daughter and grandchildren are embarrassed in front of me.

お寺に参るには余り着物が悪くなつてゐます。

Kimono is too bad to go to the temple.

新しいのは出来ません。

You can't be new.

それに不精でございますので。」

Because it is lazy to it. "

「そんなら内では御祈祷をなさるのですか。」

“Do you have a prayer in that?”

「それはいたしますが、実は申訳のないいたしやうでございます。

“That ’s right, but I ’m really sorry.

なんの気乗もしないでいたしてゐます。

I wouldn't have any feelings.

御祈祷はどんなにしていたすものだと云ふ事は存じてゐながら、どうしてもその心持になられません。

I know that prayer is what I do, but I can't really feel it.

如何にも自分が詰らない人間だと承知してをりますので。」

I know that I am a human who can't get stuck. "

パシエンカは顔を赤くした。

Pasienka made his face red.

「さうさね。

"Sausane.

どうもさうなり易いものですよ。」

It ’s easy to get around. "

セルギウスはさもあらうと思つたらしかつた。

Sergius thought that it would happen again.

 又婿の声がしたので、パシエンカは「すぐ往くから、お待よ」と返事をして、髪を撫で付けて出て行つた。

In addition, because of the voice of the niece, Pasienka replied, "I'll come soon, please wait" and stroked my hair out.

今度は暫く時間が立つて、火屋のないブリツキの小ランプを手に持つて帰つて来た。

This time, we had time for a while, and came back with a small lamp of Britz without a firehouse.

 其時セルギウスはさつきの儘の姿勢で、頭を項垂れて膝に肱を衝いてゐた。

At that time, Sergius shook his head and hit his knees with a samurai posture.

併し側に置いてあつた袋をいつの間にか背負つてゐる。

Place the bag on the side and carry it on your back.

セルギウスは疲れたやうな、まだ美しい目を挙げて、パシエンカを見て、深い深い溜息を衝いた。

Sergios was tired and still raised her beautiful eyes, saw Pasienka, and sighed deep and deep.

 パシエンカが云つた。

Pasienka said.

「わたくし孫達にはあなたがどなたゞとも申さずに置きました。

"I left my grandchildren without saying anything to you.

只昔お心易くした御身分のあるお方で、今巡礼に出て入らつしやるのだと申しました。

I told you that I am a person with an easy-to-recognize status, and I am going to pilgrimage now.

あちらのお茶の間にお茶が出してありますから、どうぞ入らつしやつて。」

Tea is served between those teas, so please come in. "

「いえ。

"House.

もうそれには及びません。」

It ’s no longer true. "