文学その6

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

パアテル・セルギウス:トルストイ レオ:森 林太郎(1931-1988)/2042

「そんならこちらへ持つて参りませうか。」

“Would you like me to bring you here?”

「いえ。

"House.

それにも及びません。

Not even that.

パシエンカさん。

Pasienka.

あなたのわたくしをもてなして下さつたお礼は、神様がなさるでせう。

Thank you for giving me your hospitality.

わたくしはもうお暇をします。

I will have time already.

若しわたくしの事を気の毒だと思つて下さるなら、どうぞ誰にもわたくしに逢つた事を話さずにゐて下さい。

If you think you're sorry, please don't talk to anyone about what you have done for me.

神様に掛けて頼むから、誰にも言はないで下さい。

Don't say anything to God because you ask Him.

本当にわたくしはあなたを難有く思つてゐます。

I really think you have a hard time.

実は土に頭を付けてお礼が言ひたいのですが、さうしたらあなたがお困りでせうから止めます。

Actually, I would like to say thank you with my head on the soil, but then I will stop because you are in trouble.

わたくしの御迷惑を掛けた事は、クリスト様に免じてお恕し下さい。」

Please refrain from Christo-san for any inconvenience caused to me. "

「そんならどうぞわたくしに祝福をお授けなすつて。」

“Thank you for giving me a blessing.”

「それは神様があなたにお授け下さるでせう。

“That ’s what God gives you.

どうぞわたくしの悪かつた事を免して下さい。」

Please be exempt from my evil things. "

かう云つてセルギウスは立ち去らうとした。

So Sergius tried to leave.

 併しパシエンカは引き留めて、食パンや、菓子パンや、バタをセルギウスに遣つた。

At the same time, Pasienka withdrew and sent bread, sweet bread, and butter to Sergius.

 セルギウスは素直にそれを受けて、戸口を出た。

Sergius obeyed it and left the doorway.

外は闇である。

The outside is darkness.

家二軒程の先へ歩いて往つた時は、もう姿がパシエンカの目に見えなかつた。

When I walked about two houses, it was already invisible to Pasienka.

 近く住まつてゐる僧侶の家の犬が吠えた。

A dog from a monk's house that lived nearby was barking.

パシエンカはそれを聞いて、セルギウスがまだ町を出離れない事を知つた。

Pasienka heard it and knew that Sergius had not yet left the town.

     ――――――――――――

――――――――――――

 セルギウスは考へた。

Sergius thought.

「己の夢はかうしたわけだつた。

“My dream was over.

己はあのパシエンカのやうに暮せば好かつたに、さうしなかつたのだ。

If I lived in the way of that Pasienka, I would have liked it, but I was a lonely person.

己は陽に神の為めに生活すると見せて、陰に人間の為めに生活した。

I showed myself to live for God, and lived for humanity in the shade.

パシエンカはつひ人間の為めに生活する積りでゐて、実は神の為めに生活してゐた。

Pasienka lived for the sake of human beings and actually lived for God.

己は人間に種々の利益を授けて遣つたやうだが、あんな事をするよりは、難有く思はせようなどと思はずに、水でも一杯人に飲ませた方が増しだつた。

I would have given various benefits to human beings, but I thought that it would be difficult to think of it rather than doing such things, and more people gave me a drink with water.

ちよいとした善行の方が己の奇蹟よりは好いのだ。

A good deed is better than your own miracle.

その癖己のした事にも、神に仕へると云ふ正直な心が、少しは交つてゐたのだが。」

Even for the things I did, I had a little honest heart that I would serve God. "

セルギウスはかう考へて、自己を反省して見て、さて云つた。

Sergius reluctantly looked at himself and said,

「成程。

"This is the end.

その心もないではなかつた。

I couldn't have said that.

只世間の名聞を求める心に濁されて、打ち消されてゐたのだ。

It was overwhelmed by the desire for the legends of the world, and it was countered.

己のやうに現世の名誉を求めてゐる人間の為めには、神も何もない。

There is no god for human beings who seek the honor of this world.

己はこれから新に神を尋ねなくてはならない。」

I must now ask God anew. "

 かう思ひ立つたセルギウスは、山を出てからパシエンカを尋ねたまでと同じやうに、村から村へとさまよつた。

Celebrating Sergius wandered from village to village, just as he left the mountain and asked Pasienka.

一人で歩く時もある。

Sometimes I walk alone.

外の巡礼共と一しよに歩く時もある。

Sometimes we walk together with the outside pilgrims.

そしてクリストの御名を唱へて、食を求め、宿を借る。

Then she chants the name of Christo, seeks food, and rents an inn.

その間には意地の悪い百姓の女房に叱られる事もある。

In the meantime, she may be beaten by a nasty peasant wife.

酒に酔つた百姓に嘲られる事もある。

It is sometimes beaten by a farmer who gets drunk.

併し大抵は飲食にありつき、銭をも貰ふ。

At the same time, it is usually associated with eating and drinking, and also offers money.

セルギウスの風采が立派なので、尊敬してくれるものがあるかと思へば、又どうかするとあんな立派な奴が落ちぶれて、好い気味だと思ふらしいものもある。

Sergius's style is great, so if you think you have something to respect, there will be something that seems to be a good taste.

併し詰りはセルギウスの方で飽くまで優しくするので、どんな人にも打ち勝つて行く。

The clogging will be gentle to Sergius until he gets tired, so he will overcome any person.

 どうかして人の家に聖書のあるのを見付けると、その中から一節づつ読んで聞かせる。

Somehow, when I find a Bible in a person's house, I read it one by one and hear it.

その度毎に人は皆感動して、驚きの目を※る。

Every time, everyone is impressed and surprised.

それはセルギウスが読むのを聞けば、今まで好く知つてゐた筈の事も、全く新しい事のやうに聞えるからである。

That's because if you listen to Sergius, you can hear what you've always known and loved as if you were completely new.

 どこかで人の相談を受けて智慧を貸して遣つたり、又人の力になる事をして遣つたり、喧嘩の仲裁をして遣つたりする事があつても、セルギウスは人の礼を言ふのを待たずに、その場を立ち退く。

Sergius is a person who can consult with people somewhere, lend and send wisdom, do things that help people, or do arbitration in fights. Evacuate the place without waiting for the thanks.

さうしてゐるうちに、次第にセルギウスの心に神の啓示が現れて来た。

In the meantime, God's revelation gradually appeared in Sergius' heart.

 或る時セルギウスは婆あさん二人、癈兵一人と連になつて、街道を歩いてゐた。

At some point, Sergius walked down the street with two nieces and one mercenary.

 すると紳士と貴夫人とが、馬の挽いた橇に乗つて来た。

Then a gentleman and a lady came on a horse-sheared kite.

その側には今一人の紳士と今一人の貴夫人とが騎馬で付いてゐた。

On that side, there was a gentleman and a noble lady on the side.

橇の中の貴夫人は年を取つてゐて、その夫と娘とが馬に乗つて附いてゐるのらしい。

It seems that the lady in the cage gets older and her husband and daughter ride on horses.

橇の中にゐる男は旅中の外国人である。

A man in a cage is a foreigner traveling.

多分フランス人だらう。

Maybe French.

 此一行がセルギウス等を見て馬を駐めた。

This group parked their horses looking at Sergius and others.

フランス人らしい男に les 〔pe`lerins〕(巡礼)を見せようと云ふのである。

He is trying to show a les [pe`lerins] (pilgrimage) to a French man.