文学その6

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

パアテル・セルギウス:トルストイ レオ:森 林太郎(1989-2042)/2042

巡礼と云ふものは、乞食をして歩くもので、百姓の迷信を利用して生活して行くのだと思つてゐる人達である。

A pilgrimage is a person who thinks that he lives by using the superstition of a peasant, as he walks with a beggar.

一行は巡礼に分らせない積りでフランス語で会話をしてゐる。

The group speaks in French with a pile that can't be seen by the pilgrimage.

 フランス人らしいのが云つた。

I said it seems French.

「Demandez leur, s'ils sont bien 〔su^rs〕 de ce que leur 〔pe`lerinage〕 est 〔agre'able〕 〔a`〕 Dieu〕.」(あの人達に聞いて御覧なさい。

“Demandez leur, s'ils sont bien [su ^ rs] de ce que leur [pe`lerinage] est [agre'able] [a`] Dieu].” (Listen to them.

巡礼をすると云ふ事が実際神様の気に入ることだと心から思つてゐるのでせうか。)

Do you really think that the fact that you are doing a pilgrimage is what God really likes? )

此詞はロシア語で巡礼に取り次がれた。

This word was pilgrimage in Russian.

 婆あさん達が答へた。

婆 Ah and others came to the answer.

「それはどうお思なさらうと、神様次第でございますよ。

“That ’s up to God, no matter what you think.

わたくし共は足でだけは御奉公をいたしてゐますが、胸で御奉公をいたしてゐると申して宜しいやら、そこまでは分りません。」

Both of us will do the service with your feet only, but I can tell you that you will have the service with your chest. "

 次に癈兵が同じ事を問はれた。

Next, the mercenary was asked the same thing.

 癈兵は答へた。

癈 Mercenary answered.

自分は真の独身者で、どこに足を留めてゐると云ふ事も出来ないので、かうしてさまよつてゐるのだと云つたのである。

He said he was a true single person and couldn't say where to stop, so he wandered.

次にセルギウスが問はれた。

Next, Sergius was questioned.

「神の奴僕の一人でござります。」

“I ’m alone with the servant of God.”

「Qu'est ce qu'il dit? Il ne 〔re'pont〕 pas.」(あの男はなんと云ひますか。

“Qu'est ce qu'il dit? Il ne [re'pont] pas.” (What does that man say?

返事にはなつてゐないやうですが。」

I'm sorry for the reply. "

「Il dit, qu'il est un serviteur de Dieu.」(あれは自分が神の奴僕だと云つてゐます。)

“Il dit, qu'il est un serviteur de Dieu.” (That says you are a servant of God.)

「Il doit 〔e^tre〕 un fils de 〔pre^tre〕. Il a de la race. Avez-|vous de la petite, monnaie?」(あの男は司祭の倅かなんかでせう。

"Il doit [e ^ tre] un fils de [pre ^ tre]. Il a de la race. Avez- | vous de la petite, monnaie?"

品が好いですね。

Good is good.

あなた小さいのがございますか。)

Do you have a small one? )

 フランス人はポツケツトを探つて、小銭を出して、巡礼一人に二十コペエケンづゝ遣つた。

The French people searched for the pockets, gave them a change, and sent 20 copeekens to one pilgrim.

「Mais dite leur que ce n'est pas pour les cierges, que je leur donne, mais pour qu'ils se 〔re'galent〕 de 〔the'〕.」(だがあの人達に言つて聞かせて下さいよ。

“Mais dite leur que ce n'est pas pour les cierges, que je leur donne, mais pour qu'ils se [re'galent] de [the ']” (But please tell them.

わたしがあの人達に遣るのは、蝋燭代ではありません。

It is not the candle bill that I send to those people.

あの人達が一しよにお茶を飲むやうにと思ふのです。)

I think that people would like to drink tea happily. )

「お茶だ、お茶だ。

“It ’s tea, it ’s tea.

Pour vous, mon vieux.」(お前にだよ。

Pour vous, mon vieux. "

爺いさん)かう言ひ足して、フランス人は笑つて、手袋を嵌めた右の手で、セルギウスの肩を叩いた。

Mr. Ugly) The French laughed and struck Sergius' shoulder with his right hand wearing gloves.

「あなたには神様が報をなさりませう。」

“God will give you the news.”

セルギウスは帽子を手に持て禿た頭を地まで下げて礼をした。

Sergius bowed down with a hat in her hand and lowered her head down to the ground.

 セルギウスの為めには、此出会が特別に嬉しかつた。

This party was especially happy for Sergius.

どの位人の思はくを構はずにゐる事が出来るか験して見たのだと思つたからである。

This is because I thought that I had tried to see how many people's thoughts can be made.

セルギウスは人のくれた二十コペエケンを受け取つて仲間の盲人に遣つた。

Sergius received the twenty copies from the man and sent it to her fellow blind man.

人の思はくを顧みぬやうになればなる程、神の存在を感ずる事が出来て来るのである。

The more you don't care about people's thoughts, the more you can feel the existence of God.

 セルギウスは八箇月の間村から村へさまよつた。

Sergius wandered from village to village for eight months.

九箇月目に或る県の町に出て、合宿所に泊まつてゐると、巡査が来て、旅行券の無い男だと云ふので、外の巡礼仲間と一しよに拘引した。

In the ninth month, I went to a certain prefecture town and stayed at a training camp. A police officer came and said that he was a man without a travel ticket.

「お前は誰だ。

"Who are you.

旅行券はないか」と問へば、「わたくしは神の奴僕でございます。

“Is there a travel ticket?” He asked, “I am a servant of God.

旅行券はありません」と答へる。

There is no travel ticket. "

 セルギウスは無籍者として処分せられて、シベリアへ遣られた。

Sergius was disposed of as an unregistered person and sent to Siberia.

 シベリアに着いて、セルギウスは或る富有な百姓の地所に住む事になつた。

Arriving in Siberia, Sergius decided to live in a wealthy peasant estate.

主人の菜園を作つて、旁主人の子供に読書を教へたり、その家の病人を介抱したりしてゐた。

I made a vegetable garden for my husband, taught my husband's children to read, and took care of the sick in the house.

(一八九〇、一八九一、一八九八作〇一九一三訳)

(1890, 1891, 1898 works, 0913-003 translation)

底本:「鴎外選集 第14巻」岩波書店

Sokomoto: “Ogai Selected Collection Vol. 14” Iwanami Shoten

   1979(昭和54)年12月19日第1刷発行

Issued first print on December 19, 1979

初出:「文藝倶楽部 一九ノ一二」

First appearance: “Bunbun Club 19-No. 12”

   1913(大正2)年9月1日

September 1, 1913 (Taisho 2)

※初出時の表題は「出家」です。

* The title of the first appearance is “Departure”.

入力:tatsuki

Input: tatsuki

校正:浅原庸子

Proofreading: Reiko Asahara

2001年12月7日公開

Released on December 7, 2001

2016年2月1日修正

Revised February 1, 2016

青空文庫作成ファイル:

Blue sky library creation file:

このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。

This file was created by the internet library, Aozora Bunko (http://www.aozora.gr.jp/).

入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。

Volunteers are responsible for input, proofreading, and production.