文学その6

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

薔薇:ウィード グスターフ:森 林太郎(1-92)/263

薔薇

Rose

ROSEN

ROSEN

グスタアフ・ヰイド Gustav Wied

Gustav Wied

森林太郎訳

Forest Taro translation

 技手は手袋を嵌めた両手を、自動車の柁機に掛けて、真つ直ぐに馭者台に坐つて、発車の用意をして待つてゐる。

The engineer hangs his hands with gloves on the car's machine, sits straight on the pedestrian stand, prepares for departure and waits.

 白壁の別荘の中では、がたがたと戸を開けたり締めたりする音がしてゐる。

In the white-walled villa, you hear the sound of opening and closing the doors.

それに交つて、好く響く、面白げな、若い女の声でかう云ふ。

Interacting with it, the voice of a young woman resonating favorably and interesting.

「ボヂルや、ボヂルや。

“Bodil and Bodil.

わたしのボアがないよ。

I don't have my bore.

ボアはどうしたの。」

What's wrong with Boa? "

「こゝにございます。

"This is here.

お嬢様、こゝに。」

Young lady, here. "

「手袋は。」

"Gloves."

「あなた隠しにお入れ遊ばしました。」

“I played with you secretly.”

 別荘の窓は皆開けてある。

The villa windows are all open.

九月の晴れた日が、芝生と、お嬢様のお好な赤い薔薇の花壇とに差してゐる。

A sunny day in September shines between the lawn and the flower bed of the lady's favorite red rose.

 入口の、幅の広い石段の一番下の段に家来が立つてゐる。

A servant stands at the bottom of the wide stone steps at the entrance.

褐色のリフレエが、しなやかな青年の体にぴつたり工合好く附いてゐる。

A brown refleet sticks to the body of a supple youth.

手にはダネボルクの徽章の附いたシルクハツトを持つてゐる。

Hold a top hat with a Danebork insignia in your hand.

もう十五分位、かうして立つて待つてゐるのである。

I'm waiting for you to stand about 15 minutes.

 主人が急ぎ足に門へ出て来た。

The master rushed to the gate.

鼠色の朝の服を着て、白髪頭にパナマ帽を被つてゐる。

He wears a scarlet morning dress and wears a Panama hat over his gray hair.

「エストリイドや。

“Estriide.

早くしないかい。

Would n’t it be faster?

御馳走のブレツクフアストに後れてしまふよ。」

I'll be late for the treat Bretfast. "

かう云つてじれつたさうに手を揉んでゐる。

I squeeze my hand as I squeak.

「もう直ぐですよ、お父うさん。

“It ’s almost time, dad.

ボヂルや、手袋をおくれよ。

Put on your body and gloves.

あの色の明るい方だよ。」

That person is the brighter one. "

「あら、お嬢様、あなたお手に持つて入らつしやるではございませんか。」

“Oh, young lady, can you hold it in your hand?”

「おや。

"Oh.

さうだつけね。」

That ’s right. "

お嬢さんは玄関の天井が反響するやうに笑つた。

The young lady laughed as the ceiling of the entrance echoed.

「さあ、もうこれで好いわ。」

“Now, that ’s it.”

 家来は電気の掛かつたやうに、姿勢を正して、自動車の戸を開けた。

As soon as I turned on the electricity, Iran corrected his posture and opened the car door.

 お嬢さんは晴れ晴れとした、身軽な様子をして、主人と並んで、階段の上に立つた。

The young lady looked sunny and light and stood on the stairs alongside her husband.

髪は乱れて黄金色に額と頬とを掩つてゐる。

The hair is disturbed and squeals with a golden forehead and cheeks.

褐色の目と白い歯とが笑つてゐる。

Brown eyes and white teeth laugh.

「まあ、なんといふ好いお天気でせう。」

“Well, it ’s a nice weather.”

「お天気は好いが、早くおし、早くおし。」

“We like the weather, but fast and fast.”

「あら、薔薇が綺麗ですこと。

"Oh, that the roses are beautiful.

御覧なさいよ。」

Look at it. "

「遅くなるよ。」

"It will be late."

「なに。

"what.

みんな待つてゐて下すつてよ。

Wait for everyone to panic.

いつもそんなに早くは行かないから。

I don't always go that fast.

そんなら、お父う様、さやうなら。」

If that's the case, then Father, "

お嬢さんは両手で主人の首に抱き附いて、頬に接吻した。

The lady hugged her husband's neck with both hands and kissed her cheek.

「さあ、行つてお出よ。

"Now go out.

お午には帰つて来るだらうね。」

I'll come back in the afternoon. "

「帰りますとも。」

“I ’m going home.”

今一度接吻した。

I kissed again.

そして石段を駈け降りて、自動車に乗つた。

Then I got down the stone steps and got into the car.

併し乗つたかと思ふと、突然叫んだ。

I suddenly shouted, thinking I was riding along.

「おう。

“Oh.

籠々。

A lot.

フランチスカをばさんに上げる果物の籠があつたよ。

There was a fruit bowl that raised the French ska to the mackerel.

ボヂルやあ。」

Bodir Hi. "

 主人は石段の上で足踏をしてゐる。

The master steps on the stone steps.

「いや早。

“No, no.

女といふものは始末の悪いものだな。」

Women and stuff are bad things. "

 それでもお嬢さんは、主人の顔を見上げて笑つて、指で接吻の真似をして見せる。

Still, the young lady looks up at the master's face, laughs, and imitates her finger with a kiss.

 ボヂル婆あさんが、年寄つた足で駈けられるだけ駈けて、果物の籠を持つて来た。

ボ Bozil Guang-san was able to make as much money as possible with his elderly feet and brought a fruit bowl.

「さあ、こゝに置きます。」

“Now, put it here.”

息を切らしながらかう言つて、籠をお嬢さんの脇に据ゑた。

He made his breath beside the young lady.

「もう出掛けられるだらうな」と、主人が云つた。

“Do n’t go out anymore,” the master said.

 併しお嬢さんはこの時又叫び出した。

The young lady shouted again at this time.

花壇の薔薇が目に留まつたのである。

The rose in the flower bed caught my eye.

「わたしあの薔薇を持つて行つてよ。

"Let me have that rose.

ヰクトルや。

ヰ kuttle

走つて行つて、あれを沢山切つてお出。」

Run and go and cut that a lot. "

「遅くなるよ。」

"It will be late."

「だつてをばさんに薔薇を上げなくては。

“I have to give roses to my wife.

花も持たないで行つては、をばさんがなんと仰やるか知れないわ。

If you go without flowers, you won't know how your wife is.

ヰクトルや。

ヰ kuttle

もう一本お切りよ。

Cut one more.

もう一本。

Another one.

沢山切るのだよ。」

Cut a lot. "

 家来は両手に握り切れない程薔薇を持つて来た。

家 Iramoto has a rose that cannot be grasped in both hands.

しなやかな枝が、花の重みで垂れてゐる。

Supple branches hang down with the weight of flowers.

 主人は石段の上で足踏をしてゐる。

The master steps on the stone steps.

婆あさんは、旦那が本当におこらねば好いがと心配して身を顫はしてゐる。

Tsubaki is worried that he would like her husband to really happen.

 お嬢さんは突然大声で笑つた。

The young lady suddenly laughed out loud.

「お父う様。

"Dad,

早く内へ這入つて戸をお締めなさいよう。

Please enter the door early and close the door.

わたしの今思ひ附いた事は、お父う様が見て入らつしやつては出来ない事なのですから。」

What I have thought about now is that my father cannot see it. "

「なんだ。

"what.

己は這入らないぞ。

I will not buy you.

己の門の石段に位は己だつてゐても好い筈だ。」

It is a good idea to place yourself on the stone steps of your gate. "

主人は頗る威厳を保つて言つた積りである。

The master is a piling up to keep his dignity.

 家来は薔薇をお嬢さんの脇へ、果物の籠と一しよに置いた。

The servant placed a rose next to the young lady alongside the fruit jar.

その時お嬢さんは家来の耳に口を寄せて、なんだか囁いだ。

At that time, the young lady groaned at the ears of her family.