文学その6

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

薔薇:ウィード グスターフ:森 林太郎(93-179)/263

 家来は心配げに主人の顔を見た。

家 I worried and looked at the master's face.

「早くよう。

"Let's go early

ヰクトルやあ。

ヰ Kotor Hi.

両方の耳に、追懸のやうに附けるのだよ。」

You can attach it to both ears. "

 家来の口の周囲には微笑の影が浮んだ。

影 A shadow of smile floated around the mouth of the family.

遠慮がし切れなかつたのである。

He was unreserved.

「でも、お嬢様、馬は附けてございません。」

“But the lady, the horse is not attached.”

 お嬢さんは大声で笑つた。

The young lady laughed out loud.

「ほんとにねえ。

“That ’s true.

馬はゐなかつたつけねえ。

The horse is not obscene.

わたしすつかり忘れてゐてよ。

Forget me and get me.

そんなら好いから、あの明りを附けるものを取つてしまつて、あそこへ薔薇の枝をお插しよ。」

So that's why I want to take that light and take a rose branch over it. "

 家来は躊躇した。

Iran was jealous.

「早くおしよ。

“Okay, fast.

早く、早く。」

hurry, hurry. "

 家来は又花壇へ帰つて行つて、薔薇を切つてゐる。

I come back to the flower bed again and cut the rose.

 主人は急いで石段を降りて来た。

The master hurriedly got down the stone steps.

「何をするのだい。

“What are you doing?

まだ薔薇を持つて来させるのか。」

Do you still have a rose? "

「好いから、お父う様、あなたはそこに入らつしやいよ。」

“Dear, dad, you can get in there.”

「それでもお前はまるで薔薇に埋まつてしまふぢやないか。」

“Nevertheless, aren't you buried in roses?”

「わたし埋まりたいのだわ。」

“I want to be buried.”

 家来は自動車の明りを付けるものを脱して、その跡へ、花の一ぱい咲いてゐる薔薇の枝を三本插した。

Ieyasu took off the car lighting and took three rose branches on the track.

 お嬢さんは傍にあつた薔薇の枝を一掴み取つて、婆あさんに渡して、かう云つた。

The young lady grabbed a branch of the rose that was next to her and gave it to her.

「これをねえ、わたしの体の周囲へ振り蒔いておくれ。

"Hey, shake it around my body.

それから幌の上にもね。」

And on top of the hood. "

「それではお嬢様、あんまり。」

“Now, the lady is so much.”

「それならお父う様、蒔いて下さい。」

"If that's the case, please dad,"

「なんだ。

"what.

そんな馬鹿げた事を、己まで一しよになつてして溜まるものか。」

Is it something that can be stored in such a stupid manner? "

「そんならわたし自分でするわ。」

“I do it myself.”

 お嬢さんは花をむしつて、自分の周囲と幌の上とに蒔き散した。

The young lady spread the flowers and spread them around her and on the hood.

薔薇の中にもぐつて坐つてゐるやうである。

He sits in the rose and speaks.

「それからねえ。

"And then.

ヰクトルやあ。

ヰ Kotor Hi.

お前はこの薔薇を控鈕の穴にお插し。

You put this rose in the hole of the deception.

ヤコツプやあ。

Yakotsu Hi.

お前もお插し。」

You too. "

 技手も、家来も微笑みながら胸を飾つた。

Both the technician and the maiden decorated their chests with a smile.

 お嬢さんは帽子の帯に一枝插して、胸にも花を一つ插した。

The young lady wore a sash on the belt of the hat and a flower on her chest.

「さあ、これで好いから出掛けるよ。」

“Now, I ’m going out of my favor.”

「そんな風をして町へ出ては困るぢやないか」と、主人が云つた。

“I don't want to get out of town like that,” the master said.

「だつて立派ぢやありませんか。」

“Do n’t you have any fancy?”

「なんだ。

"what.

まるで仮装舞踏に行くやうだ。

It ’s almost like going to a masquerade ball.

町のものが呆れるだらう。」

You will be amazed by the things in town. "

「それは町の人は気違ひだと思ふでせう。

“It makes me think that the people in the town are mad.

好いわ。

I like it.

ヤコツプやあ。

Yakotsu Hi.

さあ、車をお出しよ。

Let's get out the car.

ボヂルやあ。

Bodir Hi.

お午の時テエブルの上を薔薇で飾つて置くのだよ。

At noon, lay the rose on the table.

好いから薔薇を沢山お切りよ。」

Cut a lot of roses from your liking. "

お嬢さんは笑ひながらかう云つた。

The young lady laughed.

「そんならお父う様、行つて参ります。

“That ’s why I ’m going to go father.

さやうなら。

If you say so.

ヤコツプや。

Yakotsupu.

お出しよ。」

Give it out. "

 技手は柁機を廻した。

The technician turned the dredge.

自動車はゆつくり花壇の周囲に輪をかいて、それから速度を早めて、跳るやうに中庭を走つて出て、街道に続く道の、菩提樹の並木の間に這入つて行く。

The car loops around the flower bed, then speeds up, jumps out of the courtyard, jumps, and enters the linden trees on the road that leads to the road.

 石段の上には主人とボヂル婆あさんとが残つて、見送つてゐる。

”The master and Bozir Guang-san remain on the stone steps and see them off.

「まあ、なんといふ可哀いお嬢様でございませう。

“Well, I ’m a poor lady.

あの薔薇の中に埋まつて入らつしやつたお美しさつてございませんね。」

There is no beauty that has been buried in that rose. "

ボヂルはかう云つた。

Bodhir said.

「馬鹿な奴だ」と、主人は云つた。

“The idiot,” the master said.

「どれ、お午のテエブルに載せる薔薇を切つて参りませう。」

"Which one will cut the roses that will be put on the table in the afternoon?"

「どうも甘やかして育てたもんだから困る。」

“That's a problem because I was spoiled.”

「さやうでございますね。

“Thank you, Saya.

旦那様は随分お可哀がり遊ばします。」

My husband is very sorry to play. "

「いゝや。

“No.

お前が甘やかすのだ。」

You pamper me. "

「さあ。

"here we go.

それはさうでございますが、旦那様、あなたが廃せと仰やれば、致しません。

That ’s right, but my husband, I ’m not going to do it if I tell you that it ’s gone.

(間)。

(while).

薔薇を切つて参りませうか。」

Will you cut the roses? "

「うん。」

"Yup."

主人はくるりと背中を向けて内へ這入つた。

The master crawls inward with his back.

     ――――――――――――

――――――――――――

 午食の一時間前に、ボヂル婆あさんは、お嬢さんのお好な、刺繍のある着物を着て、薔薇を切りに花壇へ出た。

An hour before lunch, Bozir Guang-san wore her favorite embroidery kimono and cut out the roses to the flower bed.

 中庭の花壇では足りないので、花園の花壇のをも切つた。

The flower bed in the garden was not enough, so I cut the flower bed.

主人が幾ら厭な顔をしても為方がないのである。

No matter how cunning the master is, there is no use for it.

 ボヂルといふのは、この別荘に附物の婆あさんである。

Bogil Toifuno is the accompaniment to this villa.

御本宅で、お嬢さんがまだ生れない内から勤めてゐた。

At the main house, I worked from within the young lady who still could not be born.

十年前に奥様が亡くなつてからは、この婆あさんが内ぢゆうの事を、誰が言ひ附けたともなく、引き受けてしてゐるのである。

Since the death of his wife ten years ago, this nephew has taken over Yui Uchihagi, no matter what he said.

 食堂には、食卓の準備がしてある。

In the cafeteria, a table is prepared.

そこへ婆あさんは籠に一ぱい薔薇を持つて来て、飾り始めた。

There he came with a rose in his bag and began to decorate it.

食卓に載せる、小さい花瓶が六つあるのに、二輪づつ花を插して、二つづつ並べて、卓の中通りに置いた。

Even though there are six small vases on the table, I blossomed every two flowers and placed them side by side on the street.