文学その6

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

薔薇:ウィード グスターフ:森 林太郎(180-263)/263

実に美しい。

Really beautiful.

それから盤に花を盛つたのを卓の四隅に置く。

Then put the flowers on the board in the four corners of the table.

それから枝を卓の上一ぱいにばら蒔く。

Then spread the branches all over the table.

主人とお嬢さんとの膝に掛ける巾が、鵠の鳥の形に畳んである、その嘴のところに、薄赤の莟を一つづつ挾んだ。

The width around the knee of the master and the young lady was folded in the shape of a bird of eagle.

それからお嬢さんのナイフやフオオクの置いてあるところへは、中に寄せて小さい花を、外廻りに大きい花をばら蒔く。

Then, to the place where the young lady's knife or fuokoku is placed, she puts small flowers inside and spreads large flowers around.

実に立派である。

Really splendid.

それでもまだ気が済まないのか、どの鉢の上にも、控鈕に插すやうな花を一つづつ載せた。

If you are still unsure, I put one flower at a time on each pot.

 主人は食堂へ出て来た。

The husband came out to the cafeteria.

燕尾服に白襟を附けて、綬を佩びてゐる。

Attach a white collar to the tailcoat and squeeze it.

 主人は卓の前に立ち留まつて、卓と婆あさんとを見較べてゐる。

The master stays in front of the table and compares the table with Aoi-san.

 婆あさんは主人の顔をぢつと見てゐる。

婆 Ah-san looks at her husband's face.

「どうもこんな風では」と、主人がつぶやいた。

“It ’s like this,” the master murmured.

「それでも旦那様もお召をお改め遊ばしたではございませんか」と、婆あさんが云ふ。

“Nevertheless, your husband has also changed your calling,” says Aoi.

 暫く二人は睨み合つて黙つてゐた。

For a while, the two met and kept silent.

「あの、シヤンパンのコツプを出しました」と、婆あさんが口を切つた。

“That ’s a cup of shyan bread,” said Aoi.

「うん。

"Yup.

出してあるな。」

I'm out. "

「最初に鶉を上げる事になつてゐます。

“The first thing I will do is to raise the kite.

お嬢様のお好な。」

The lady's favorite. "

「ふん。

"Hmm.

そんなに甘やかしてどうするのだ。」

What do you do with such a pamper? "

「でもあなたが廃せと仰やれば致しません。」

“But I won't do it if you say you're going to get rid of.”

 主人は時計を出して見た。

The master took a watch and saw it.

もう時刻迄に二三分しかない。

There are only a few minutes before the time.

お嬢さんが今にも帰つて来る筈である。

The young lady is going to come back now.

「お前降りて行つてシヤンパンを出して来ないか。」

"Would you like to get off and come out of Syanpan?"

 婆あさんは主人の顔を意味ありげに見た。

婆 Ah looked at the master's face in a meaningful way.

どういふ考で言ひ附けるかと疑ふ様子である。

It seems to be suspicious how he can make a statement.

「旦那様はいつも御自分でお出し遊ばすではございませんか。」

“Why isn't my husband always playing by myself?”

 主人は輪に通した鍵を婆あさんに渡した。

主 The master handed the key that passed through the wheel to her.

「これで出して来い。

"Please come out with this.

一番上の棚の右の方だ。」

To the right of the top shelf. "

婆あさんは鍵を受取つた。

Aoi received a key.

敢て反抗はしない。

I don't rebelliously.

併し主人の魂胆を見抜いたのである。

At the same time, he was able to see through the soul of the master.

なんでも主人は婆あさんを出し抜いて、一人で階段の上に迎へに出て、燕尾服を着たところを、娘に見せる積りらしい。

The master seems to be able to show her daughter that she is wearing a tailcoat by going out and picking up her wife.

「それからな、シヤンパンは氷で冷さなくてはな。」

“And then, Syanpan must be cooled with ice.”

「それはさうでございますとも。」

“That ’s right.”

 婆あさんは不平なので、戸を荒々しく締めて出て行つた。

婆 Ah-san is complaining, so I went out with the doors slammed.

 主人は微笑みながら婆あさんを見送つて、揉手をしてゐる。

The master smiles and sees off her, and claws herself.

今度こそはあの婆あさんを旨く出し抜いて遣つたと思ふのである。

This time, I think that I was able to take out that neatly and send it.

     ――――――――――――

――――――――――――

 ボヂル婆あさんは穴倉の梯子の中程に、左の手にシヤンパンの瓶を持つて、右の手で欄干を掴まへて立つてゐる。

ボ Bozil is standing in the middle of Adakura's ladder, holding a bottle of sheyang bread in his left hand, and grabbing the parapet with his right hand.

 この時恐ろしい叫声が二声聞えた。

At this time, I heard two horrible screams.

気の違つたやうな、荒々しい叫声である。

It is a violent scream that makes you feel bad.

別荘の部屋々々に響き渡つて、それを聞くものは胆を冷して、体が凝り固まつてしまひさうであつた。

Those who listened to the villa's rooms were chilled and stiffened and stiffened.

丁度その跡で、殆ど同時にどしんと物の打つつかる音がして、がらがらめりめりといふと思ふと、家中の壁が地震のやうに震動した。

At the same time, almost immediately, there was a slamming sound, and the walls inside the house shook like an earthquake.

何か大きな動物が、家に打つつかつて死んだかと思ふやうである。

I wonder if some big animal died while hitting the house.

 その跡はひつそりした。

The trace was sneaking.

暫くしてから人の叫んだり、泣いたり、走り廻つたりする音が聞えて来た。

After a while, I heard the sound of people screaming, crying and running around.

そして婆あさんが梯子を登つて、玄関まで来た時には、お嬢さんの死骸が床の上に横はつてゐた。

And when Aoi climbed the ladder and came to the entrance, the lady's carcass lay down on the floor.

その傍には主人が跪いてゐる。

The master crawls beside him.

燕尾服に白襟を附けて、綬を佩びて。

Attach a white collar to the tailcoat and apologize.

     ――――――――――――

――――――――――――

 お嬢さんと家来のヰクトルと二人で、自動車に乗つて帰つたのである。

The young lady and the nephew Kikutor came home in a car.

技手は一時間も立つてから、歩いて帰つて来た。

The technician stood back for an hour and then came back on foot.

 技手の云ふには、どうも自動車の機関が狂つてゐたとしか思はれない。

I can only imagine that the engine of the car was crazy.

なぜといふにヰクトルは自分と同じ位自動車を使ふ事を知つてゐるから、止められなくなる筈がないと云ふのである。

The reason is that Kuttor knows that he will use the car as much as himself, so there is no way he can't stop.

 併しなぜ二人が、技手を出し抜いて先へ帰つたかといふ事は、技手も説明することが出来なかつた。

At the same time, the reason why the two of them overcame the craftsman and returned home could not explain the craftsman.

 仲働きのカレンが見てゐた時、二人は前の馭者台に並んで乗つてゐて、その車が恐ろしい速度で中庭の芝生を通つて、薔薇の花壇を蹂躪して走つて来たさうだ。

When Karen, a mid-career, saw them, they were riding in line with the previous pedestrian stand, and the car ran through the lawn in the courtyard at a terrible speed and ran across the rose bed. Uda.

そのとたんにお嬢さんが、荒々しい叫声を出したのであつた。

At that moment, the young lady screamed wildly.

最後の一瞬間に、ヰクトルは今まで握つてゐた手を柁機から離した。

In the last moment, Kakuto lifted his hand from the machine.

そしてお嬢さんをしつかり抱いた。

And I persistently held her.

そのとたんに自動車は別荘の石壁に衝突して、二人は死んだのである。

As soon as the car collided with the stone wall of the villa, the two died.

 この出来事は無論世間の大評判になつた。

This event has, of course, been very popular.

そして誰にも可哀がられてゐたお嬢さんは、誰にも惜しまれた。

And the young lady who was pityed by anyone was deceived by anyone.

 気の毒な父親も頗る世間の人の同情を惹いた。

気 I felt the sympathy of the people who were sorry for the poor father.

 葬の前に、お嬢様のお好な花はなんであつたかと、諸方から問合せがあつた。

Before the funeral, we received inquiries from the people as to what the lady's favorite flower was.

 葬の日には柩の上を薔薇の花輪が三層に覆つた。

On the funeral day, a rose wreath covered three layers on the wall.

真つ赤い薔薇の花の輪飾が。

A garland of true red roses.

 お嬢さんはこれ程に可哀がられてゐたのである。

The young lady was so sorry and angry.

平生この家と交際してゐる二三軒では、丁度葬の日に芝居の入場券が買つてあつたのに、遠慮して行かなかつた位である。

Hirao At the 23 houses that dating with this house, I bought a play admission ticket just on the day of funeral, but I couldn't go there.

底本:「鴎外選集 第14巻」岩波書店

Sokomoto: “Ogai Selected Collection Vol. 14” Iwanami Shoten

   1979(昭和54)年12月19日第1刷発行

Issued first print on December 19, 1979

初出:「女子文壇 七ノ八」

First appearance: "Women's Bunka Shichinohachi"

   1911(明治44)年7月1日

July 1, 1911 (Meiji 44)

※表題は底本では、「薔薇」となっています。

* The title is "rose" in the bottom book.

入力:tatsuki

Input: tatsuki

校正:小林繁雄

Proofreading: Shigeo Kobayashi

2000年5月1日公開

Released on May 1, 2000

2016年2月1日修正

Revised February 1, 2016

青空文庫作成ファイル:

Blue sky library creation file:

このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。

This file was created by Aozora Bunko (http://www.aozora.gr.jp/), an Internet library.

入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。

Volunteers are responsible for input, proofreading, and production.