文学その6

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

復讐:レニエ アンリ・ド:森 林太郎(582-636)/765

君も己もヱネチアの子だから為様が無い。

Because you and yourself are children of Nenetia, there is no way.

二人の痴戯を窮めるのを見て、レオネルロは微笑んだ。

Leonerlo smiled when she saw her compliments.

 そのうちに千七百七十九年のカルネワレの祭日が来た。

In the meantime, the holiday of Carneware in 1777 years came.

祭日は例年よりも華美で賑かであつた。

The holidays were more lively than usual.

遊びは厭きる程ある中に、己達は一日を己の別荘で暮らすことにした。

While there was so much fun, we decided to spend the day in our villa.

先づそれ丈の約束をして置いて、己は先へ別荘に来て、準備をした。

First, I made a promise of that length, and I came to the villa first and prepared.

翌日は君とレオネルロと二三の親友とが来る筈である。

The next day, you, Leonerlo, and a few best friends will come.

その又次の日には大勢の客が案内してある。

On the next day, a large number of customers will guide us.

寒気が珍らしく軽いので、大勢の客の来る日には、暮れてから庭で遊びをすることにしてある。

The chill is unusual and light, so when a large number of customers come, they will play in the garden after they fall.

己はそれが余程立派になることを期待してゐた。

I was hoping that it would be so fine.

 君は約束の日に期を愆らずに来てくれた。

You came without a deadline on the promised day.

一しよに来たのは、兼て極めてあつた五人の友達である。

I came straight to my five friends.

君達は皆仮装をして、それを一輛の美しい馬車が満載して来た。

You all dressed up and packed with a beautiful carriage.

そこで己は君達を別荘の所々に連れて廻つて、あすの遊びの準備を見せた。

So I took you to the places of the villa and showed you preparations for tomorrow.

あすの晩には、庭の岩窟に蝋燭を焚いて舞踏会をして、それから鏡の広間で宴会をしようと云ふので、己は君達と種々の評議をして、今宵は明かりの工合を試験して置くと云ふことになつた。

In the evening of tomorrow, I will dance with candles in the garden rocks, and then I will have a banquet in the mirror hall. I ended up testing it.

己はレオネルロと臂を組み合せて鏡の広間に立つてゐた。

I stood in the hall of the mirror by combining Leonerlo and Aoi.

レオネルロは笑ひながら仮面を扇のやうにして顔のほてりをさましてゐた。

Leonerlo laughed and masked his mask like a fan and shook his face.

己は中央に吊る燭台の明かりをためすために、窓を締めて窓掛を卸すことを、家隷共に命じた。

I ordered both the slaves to close the window and wholesale the window in order to turn on the candlesticks hanging in the center.

真つ暗でなくては、明かりの工合が分からぬからである。

This is because if you are not dark, you will not know how the light works.

窓を締め窓掛を卸して、蝋燭がまだ附かぬので、広間が一刹那真の闇になつた。

I closed the window, wholesaled the window, and the candles weren't attached yet, so the hall became a true darkness.

己達はその中に立つてゐて、己は家隷共に明かりの催促をした。

We stood in that, and we urged the light together with the slaves.

「早くしないか。

"Wouldn't it be faster?

いつまでも暗くしてゐては困るぢやないか」と云つたのである。

I wonder if it would be a problem to keep it dark for a long time. "

その時突然己は或る冷やかな尖つた物が胸を貫いて、己の性命の中心に達し、己の口一ぱいに血が漲るのを感じた。

Suddenly, I felt that a cold pointed object pierced my chest, reached the center of my sexual life, and blood swelled in my mouth.

     ――――――――――――

――――――――――――

 蝋燭が附いてから、己達がバルタザル・アルドラミンを抱き起して見たら、その胸には一つの匕首が深く刺し貫いてあつた。

After the candles were attached, when we looked up with Baltazar Aldramin, a single neck pierced deeply into his chest.

その尖は心の臓を穿つたと見えて、アルドラミンは即死してゐたのである。

The apex seemed to have pierced the heart, and Aldramin died instantly.

Four

 我々七人の客はあつけに取られて、身動きも出来ずに、屍骸の周囲に立つてゐた。

】 Our seven customers were taken to the back and were standing around the carcass without being able to move.

七人と云ふのはルドヰコ・バルバリゴ、ニコレ・ヲレダン、アントニオ・ピルミアニ、ジユリオ・ボツタロル、オクタヰオ・ヱルヌツチ、それからレオネルロと己とである。

The seven people are Ludoko Barbarigo, Nicole Woredan, Antonio Pirmiani, Giulio Bottarol, Octacio Urunutuchi, and Leonerlo and myself.

どれもどれもアルドラミンの親友で、愛したり愛せられたりしてゐるのだから、一人として危険を冒しても此別荘の主人の性命を救つて遣りたいと思はぬものは無い。

All of them are Aldramin's best friends and loved and loved, so even if you take a risk, there is nothing you want to do to save the sexual life of the master of this villa.

我々は互に嫉妬などをし合つたことが無い。

We have never been jealous of each other.

喧嘩と云ふ程の衝突をもしたことが無い。

I've never had a clash of fights.

我々の間には只敬愛の情があつた丈である。

There is a length of reverence between us.

 さうして見れば、アルドラミンは自殺したに違ひ無い。

If you look at it, Alduramin has committed suicide.

此男の性命を絶つた鋭い匕首は、自分で胸に刺し貫いたものに極まつてゐる。

This sharp-headed neck that cut off this man's sexual life hits himself as if he had pierced himself.

併しなぜこんな事をして死んだのだらうか。

At the same time, why did he die like this?

年はまだ若い。

The year is still young.

財産はある。

There is property.

幸福に暮らしてゐる。

Live happily.

かうした身の上でゐて、我々一同にどんな憂悶を隠してゐたのだらうか。

What kind of melancholy hides all of us when we hit on the body?

我々はどう考へて見ても解決が附かぬので、皆眉を顰めてゐた。

We all gave up the eyebrows because no solution was found.

我々は早速支度をして、亡き友の死顔を石膏型に取つたが、その型の石膏と同じやうに、皆の顔には血の色が無かつた。

We got ready and took the death face of a deceased friend in a plaster mold, but as with that plaster, everyone's face had no blood color.

 どうしてもアルドラミンは自殺したとより外思ひやうが無い。

ア ル Aldramin has no idea that he committed suicide.

我々は只いつ迄も死骸を目守つてゐる。

We will always watch over the dead bodies.

そのうち我々一同の中に同時に恐るべき、非常な疑惑が生じて来た。

Over time, all of us came up with tremendous and suspicious suspicions.

それは一応自殺らしくは見えるものの、ひよつとしたら我々の中の一人が窓を閉ぢ窓掛を卸した闇を利用して、アルドラミンを刺したのかも知れぬと云ふ疑惑である。

Although it looks like suicide, there is a suspicion that one of us may have stabbed Aldramin using the darkness that closed the window and wholesaled the window.

人間の心は秘密を蔵してゐるものである。

The human mind is a secret.

世間には隠蔽せられてゐる事が沢山ある。

There are many things that are hidden in the world.

併しそれにしても其|刺客は誰だらう。

At the same time, who is the assassin?

誰がこれ程の陰険な事を敢てしただらう。

Who dares to do such a sly thing.

あれだらうか。

Would you like that?

これだらうか。

Would you like this?

 誰の胸の中にも不安の念がひそやかに萌して来た。

”Anxious feelings erupted in everyone's chest.

そして互に相猜疑して、平気で目を見合せることが出来なくなつた。

Then, they were suspicious of each other and were unable to look at their eyes with peace.