文学その6

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

笑:アルチバシェッフ ミハイル・ペトローヴィチ:森 林太郎(62-118)/540

己が視たり、聴いたり、嗅いだりするものは、皆己が視るから、聴くから、嗅ぐから、己の為めに存在してゐるのである。

Everything that you see, hear, and sniff is there for you, because you see, listen, and sniff.

己が目、耳、鼻を持つてゐるから、己の為めに存在してゐるのである。

Because you have eyes, ears, and nose, you exist for yourself.

さうして見れば、己は無窮である。

Looking back, I am in need.

絶大である。

It is overwhelming.

己の自我の中には万物が位を占めてゐる。

Everything is in your ego.

その上に己は苦をも受けてゐるのだ。

On top of that, I also suffer.

そこでその湊合がなんだ。

So what is that Minatoai?

馬鹿な。

Stupid.

湊合なんといふ奴が己になんになるものか。

Minatoai, what will he do for himself?

只昔あつた事物の繰り返しに過ぎないといふことは、考へて見ても溜まらないわけだ。」

The fact that it's just a repetition of things that happened in the past isn't enough. "

 学士は未来世に出て来る筈の想像的人物、自分と全く同じである筈の想像的人物を思ひ浮べて見て、それをひどく憎んだ。

The bachelor looked up at the imaginary person who was supposed to appear in the future, the one who was supposed to be exactly the same as himself, and hated it badly.

「そいつはきつと出て来るに違ひない。

"It must be coming out tight.

人間の思想でさへ繰り返されるではないか。

Isn't it repeated by human thought?

人間そのものも繰り返されるに違ひない。

Humans must be repeated.

それに己の思想、己の苦痛はどうでも好いのだ。

And I don't care about my thoughts and my pain.

なぜといふに己以外の物体の幾百万かがそれを同じやうに考へたり、感じたりするからである。

Because millions of objects other than themselves will think and feel it the same way.

難有いしあはせだ。

It's difficult.

勝手にしやがれ。」

Arbitrarily. "

 学士の心理的状態は一日一日と悪くなつた。

心理 The psychological condition of the bachelor has worsened day by day.

夜になると、それが幻視錯覚になつて、とうとうしまひには魘夢になつて身を苦しめる。

At night, it turns into an optical illusion, eventually causing Shimahi to become a sneaking dream and suffering.

死や、葬や、墓の下の夢ばかり見る。

I only die, bury, and dream under the tomb.

たまにはいつもと違つて、生きながら埋められた夢を見る。

Occasionally, different from usual, I dream of being buried alive.

昼の間は只一つの写象に支配せられてゐる。

During the day, it is dominated by a single image.

それは「己は壊れる」といふ写象である。

It is an image of "I will break".

病院の梯子段を昇れば息が切れる。

If you go up the ladder steps in the hospital, you will be out of breath.

立ち上がつたり、しやがんだりする度に咳が出る。

A cough occurs every time the person gets up or hangs up.

それを自分の壊れる兆だと思ふのである。

I think it's a sign of breaking.

そんなことをいつでも思つてゐるので、夜寐られなくなる。

I always think about such things, so I can't get rid of it at night.

それを死の前兆だと思ふ。

I think it is a sign of death.

 丁度昨晩も少しも寐られなかつた。

I wasn't even buried a little last night.

そこで頭のなかは、重くろしい、煙のやうな、酒の酔のやうな状態になつてゐる。

So his head is heavy, smokey, and drunk.

一晩寐られもしないのに、温い、ねばねばした床の中に横はつてゐて、近所の癲狂患者の泣いたり、笑つたりする声の聞えるのを聞いてゐるうちに、頭の中に浮んで来た考へは実に気味が悪かつた。

I couldn't sleep overnight, but I laid myself on a warm, sticky floor and heard my crying and laughing voice from a nearby epileptic patient in my head. The thoughts that came out were really creepy.

そこであちこち寝返りをして、自分から自分を逃げ出させようとした。

He turned around and tried to get himself out of the way.

自分が壊れるのなんのといふことを、ちつとも知つてはゐないと思つて見ようとしたが、それが出来なかつた。

I thought I wouldn't know what it would break, but I couldn't.

彼の思想が消えれば、此思想が出て来る。

If his thoughts disappear, this idea comes out.

それが寝室の白壁の上にはつきり見えて来る。

It can be seen on the white wall of the bedroom.

しまひにはどうしても、丁度自分の忘れようと思ふことを考へなくてはならないやうになつて来る。

In Shimahi, you have to think about what you want to forget.

殆ど上手のかく絵のやうに、空想の中に、分壊作用がはつきりと画かれる。

Almost as good as the picture, the destructive effect is drawn in the fantasies.

体を腐らせて汁の出るやうにする作用が画かれる。

The effect of rotting the body and making juice come out is drawn.

自分の体の膿を吸つて太つた蛆の白いのがうようよ動いてゐるのが見える。

You can see the thick white maggots moving as if sucking pus on your body.

学士は平生から爬ふ虫が嫌ひである。

Bachelor hates reptiles from normal life.

あの蛆が己の口に、目に、鼻に這ひ込むだらうと思つて見る。

She thinks that the maggot will crawl into her mouth, eyes, and nose.

学士はこの時部屋ぢゆう響き渡るやうな声で、「えゝ、その時は己には感じはないのだ」と叫ぶ。

At that time, the bachelor shouts, "Yeah, I don't feel that way at that time," in the room's resounding voice.

学士は大きい声を持つてゐる。

Bachelor has a loud voice.

 看病人が戸を開けて、覗いて見て、又戸を締めて行つた。

The caretaker opened the door, looked into the door and closed the door again.

「浮世はかうしたものだ。

"The Ukiyo is a trick.

先生、いろんな患者をいぢくり廻したあげくに、御自分が参つてしまつたのだな」と、看病人は思つたが、さう思つて見ると、自分も心持が悪いので、わざとさも愉快気な顔をして、看病人長の所へ告口をしに出掛けるのである。

The teacher, I thought I was going to take care of the various patients. He goes out to the caretaker chief to make a confession.

「先生、御自分が参つてしまつたやうですよ」などと云ふ積りである。

"Teacher, I'm sure you've been here."

 看病人の締めた戸がひどい音をさせた。

The door closed by the nurse made a terrible noise.

学士は鼻目金越しに戸の方を見て、「なんだ、何事が出来たのだ」と、腹立たしげに問うた。

The bachelor looked at the door through the nose and asked annoyedly, "What could be done?"

戸は返事をしない。

The door does not reply.

そこで頗る激した様子で、戸の所へ歩いて行つて、戸を開けて、廊下に出て、梯子を降りて、或る病室に這入つた。

So he looked very violent, walked to the door, opened the door, went out into the hallway, descended the ladder, and crawled into a certain hospital room.

そこは昨晩新しく入院した患者のゐる所である。

This is the place for newly admitted patients last night.

一体もつと早く見て遣らなくてはならないのだが、今まで打ち遣つて置いたのである。

I had to look at it as soon as possible, but I hit it off until now.

今行くのも義務心から行くのではない。

Going now is not an obligation.

自分の部屋に独りでゐるのがゐたたまらなくなつたからである。

It was irresistible to go to my room alone.

 患者は黄いろい病衣に、同じ色の患者用の鳥打帽を被つて、床の上に寝てゐて、矢張当り前の人間のやうに鼻をかんでゐた。

The patient put on a yellow robe, put on a bird's cap of the same color for the patient, slept on the floor, and blew his nose in the way of a human being, as usual.