文学その6

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

笑:アルチバシェッフ ミハイル・ペトローヴィチ:森 林太郎(119-193)/540

入院患者は自分の持つて来た衣類を着てゐても好いことになつてゐるが、この患者は患者用の物に着換へたのである。

Inpatients may prefer to wear their own clothing, but the patient has changed into something for the patient.

学士は不確な足附きで、そつと這入つた。

The bachelor crawls with uncertain feet.

患者はその顔を面白げに、愛嬌好く眺めて、「今日は、あなたが医長さんですね」と云つた。

The patient looked at the face interestingly and adorably, and said, "Today, you're a doctor."

「今日は。

"today.

己が医長だよ」と学士が云つた。

I am the chief of medicine, "said the bachelor.

「初めてお目に掛かります。

"I see you for the first time.

さあ、どうぞお掛け下さいまし。」

Come on, please. "

 学士は椅子に腰を懸けて、何か考へる様子で、病室の飾りのない鼠壁を眺めて、それから患者の病衣を見て云つた。

Bachelor sat down on a chair, thinking, thinking, looking at the plain rattan wall of the room, and then looking at the patient's robe.

「好く寐られたかい。

"Is it nice to be buried?

どうだね。」

How is it? "

「寐られましたとも。

"I heard you were buried.

寐られない筈がございません。

I can't be fooled.

人間といふ奴は寐なくてはならないのでせう。

Humans and humans have to be ridiculous.

わたくしなんぞはいつでも好く寐ますよ。」

I'm always happy to fly. "

 学士は何か考へて見た。

The bachelor looked at something.

「ふん。

"Hmm.

でもゐどころが変ると寐られないこともある。

But when things change, you may not be able to walk.

それに昨晩は随分方々でどなつてゐたからな。」

And last night I was a lot of people. "

「さうでしたか。

"Did you say?

わたくしにはちつとも聞えませんでした。

I couldn't hear me.

為合せに耳が遠いものですから。

Because the ears are far away for the purpose.

耳の遠いなんぞも時々は為合せになることもありますよ」と云つて、声高く笑つた。

Sometimes things that are far from your ears can be a good match for you, "she laughed loudly.

 学士は機械的に答へた。

The bachelor answered the question mechanically.

「さうさ。

"Sasa.

時々はそんなこともあるだらう。」

Sometimes that's the case. "

 患者は右の手の甲で鼻柱をこすつた。

The patient rubbed the nose column with the back of his right hand.

そして問うた。

And asked.

「先生、煙草を上がりますか。」

"Teacher, go up a cigarette?"

「飲まない。」

"do not drink."

「それでは致し方がございません。

"There is no way to do that.

実は若し紙巻を持つて入らつしやるなら、一本頂戴しようと思つたのです。」

Actually, I thought I would get one if I had a cigarette. "

「病室内では喫煙は禁じてあるのだ。

"Smoking is forbidden in hospital rooms.

言ひ聞かせてある筈だが。」

I should have told you. "

「さうでしたか。

"Did you say?

どうも忘れてなりません。

I will not forget it.

まだ病院に慣れないものですから」と、患者は再び笑つた。

I'm still unfamiliar with the hospital, "he laughed again.

 暫くは二人共黙つてゐた。

二 They have been silent for a while.

 窓は随分細かい格子にしてある。

The windows are very fine.

それでも部屋へは一ぱいに日が差し込んでゐるので、外の病室のやうに陰気ではなくて、晴々として、気持が好い。

Nevertheless, the sun shines all the way into the room, so it's not as gloomy as the outside sickroom, it's sunny and pleasant.

「この病室は好い病室だ」と、学士は親切げに云つた。

"This room is my favorite room," the bachelor said kindly.

「えゝ。

"Well.

好い部屋ですね。

It is a good room.

こんな所へ入れて貰はうとは思ひませんでしたよ。

I didn't think I would put them in such a place.

わたくしはこれまで癲狂院といふものへ這入つたことがないものですから、もつとひどい所だらうと思つてゐました。

I had never crawled into epilepsy hospitals, so I thought it would be terrible.

ひどいと云つては悪いかも知れません。

Terrible might be bad.

兎に角丸で別な想像をしてゐたのですね。

You imagined a rabbit with a different corner.

これなら愉快でさあ。

This is fun.

どの位置かれるのだか知りませんが、ちよつとやそつとの間なら結構です。

I don't know where you are, but it's fine if you're between the honey.

わたくしだつて長くゐたくはありませんからね。」

I don't want to be long. "

かう云つて、患者は仰向いて、学士の目を覗くやうに見た。

In turn, the patient turned and looked into the bachelor's eyes.

併し色の濃い青色の鼻目金を懸けてゐるので、目の表情が見えなかつた。

At the same time, I put my dark blue nose on my eye so I couldn't see my eyes.

患者は急いで言ひ足した。

The patient rushed to speak.

「こんなことをお尋ねするのは、先生方はお嫌ひでせう。

"The teachers hate asking such a thing.

先生、申したいことがありますが好いでせうか。」

Teacher, I have something to say, would you like it? "

急に元気の出たやうな様子で問うたのである。

Suddenly, she asked in a cheerful manner.

「なんだい。

"What is it?

面白いことなら聞かう」と、学士は機械的に云つた。

I'll ask you anything interesting, "said the bachelor mechanically.

「わたくしは退院させて貰つたら、わたくしを掴まへてこんな所へ入れた、御親切千万な友達を尋ねて行つて、片つ端から骨を打ち折つて遣らうと思ひますよ」と、患者は愉快げに、しかも怒を帯びて云つて、雀斑だらけの醜い顔を変に引き吊らせた。

`` When I'm discharged from the hospital, I'll think I'll grab me, go to this place, ask a kindly million friend, and go and break a bone from one end. '' The patient, funny and angry, pulled an ugly face full of freckles.

「なぜ」と学士は大儀さうに云つた。

"Why" said the bachelor.

「馬鹿ものだからです。

"Because it's stupid.

べらばうな。

Don't be crazy.

なんだつて余計な人の事に手を出しやあがるのでせう。

I'm going to go out of my way to get rid of extra people.

どうせわたくしはどこにゐたつて平気なのですが、どつちかと云へば、やつぱり外にゐる方が好いのですよ。」

Anyway, I'm fine wherever I go, but it's better to go outside. "

「さう思ふかね」と学士は不精不精に云つた。

"I'm sorry," said the bachelor, lazy.

「つまりわたくしは何も悪い事を致したのではありませんからね」と、患者は少し遠慮げに云つた。

"In other words, I didn't do anything wrong," said the patient with a little refrain.

「さうかい」と学士は云つて、何か跡を言ひさうにした。

The bachelor said, "Saikai," and said something.

「悪い事なんぞをする筈がないのですからね」と、患者は相手の詞を遮るやうに云ひ足した。

"I can't do anything bad," said the patient, who interrupted the opponent's words.

「考へて御覧なさい。

"Please take a look.

なぜわたくしが人に悪い事なんぞをしますでせう。

Why do I do bad things to people.

手も当てる筈がないのです。

There is no way you can count on it.

食人人種ではあるまいし。

It is not a cannibal race.

ヨハン・レエマン先生ではあるまいし。

I'm not Johan Lehmann.

当り前の人間でさあ。

Let's be a natural person.

先生にだつて分かるでせう。

I can tell the teacher.

わたくし位に教育を受けてゐると、殺人とか、盗賊とかいふやうなことは思つたばかりで胸が悪くなりまさあ。」

When I get educated, I'm just thinking of murder, thieves, and so on. "