文学その6

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

笑:アルチバシェッフ ミハイル・ペトローヴィチ:森 林太郎(257-341)/540

それが何もわたくしの為めではない。

That's nothing for me.

わたくしは子孫の為めとでも云ひませうか。

Can I say that it is for my offspring?

併しその子孫だつて、矢張自分の為めに生活するのではないのですから、誰の為めと云つて好いか分かりません。

However, their offspring do not live for their own sake, so I do not know who they are for.

ところで、わたくしは或る時或る書物を見たのです。

By the way, I saw a certain book at a certain time.

それにかういふ事が書いてありました。

In addition, there was a word about it.

それは実際詰まらない事なのかも知れません。

It may not be really clogged.

併しわたくしははつと思つて驚いて、その文句を記憶して置いたのでございますね。」

I was surprised to think that I was really hungry, and I remembered that phrase. "

「面白い」と、学士はつぶやいた。

"It's interesting," said the bachelor.

「その文句はかうです。

"The complaint is bad.

自然は一定の法則に遵ひて行はる。

Nature follows certain laws.

何物をも妄りに侵し滅さず。

Do not destroy anything by invading anything.

然れども早晩これに対して債を求む。

But he seeks a bond for this sooner or later.

自然は何物をも知らず。

Nature doesn't know anything.

善悪を知らず。

Not knowing right and wrong.

決して或る絶待的なるもの、永遠なるもの、変易せざるものを認めず。

Never admit something eternal, eternal, invariant.

人間は自然の子なり。

Man is a child of nature.

然れども自然は単に人間の母たる者にあらず。

But nature is not just a human mother.

何物をも曲庇することなし。

Nothing is overshadowed.

凡そその造る所の物は、他物を滅ぼしてこれを造る。

The thing of the place where it is made destroys and builds it.

或る物を造らんが為めには、必ず他の物を破壊す。

In order to make one thing, you must destroy another.

自然は万物を同一視すと云ふのですね。」

You say nature equates everything. "

「それはさうだ」と、学士は悲しげに云つたが、すぐに考へ直した様子で、又鼻目金を懸けて、厳格な調子で言ひ足した。

The bachelor said sadly, "I'm sorry."

「だからどうだと云ふのだ。」

"So why not?"

 患者は笑つた。

The patient laughed.

頗る不服らしい様子で、長い間笑つてゐた。

She looked very dissatisfied and laughed for a long time.

そして笑ひ已んで答へた。

And he answered with a laugh.

「だからどうだとも云ふのではありません。

"That's not to say.

御覧の通り、それは愚な思想です。

As you can see, that is a stupid idea.

いや。

Disagreeable.

思想なんといふものは含蓄せられてゐない程愚です。

Thoughts are so stupid that they are not implied.

単に事実で、思想ではありません。

It's just fact, not thought.

思想のない事実は無意味です。

Facts without thought are meaningless.

そこで思想をわたくしが自分で演繹して見ました。

So I deduced myself and saw it.

わたくしの概念的に論定した所では、かう云つて宜しいか知れませんが、自然の定義は別に下さなくてはなりません。

Where I have conceptually argued, it may be okay, but the definition of nature must be given separately.

自然は決して絶待的永遠なるものを非認してはをりません。

Nature never rejects eternal and eternal things.

それどころではない。

Not that far.

自然に於いては凡ての物が永遠です。

Everything is eternal in nature.

単調になるまで永遠です。

It is forever until it becomes monotonous.

どこまでも永遠です。

It is forever.

併し永遠なのは事実ではなくて、理想です。

However, eternity is not a fact but an ideal.

存在の本体です。

It is the body of existence.

一本一本の木ではなくて、その景物です。

It is not a single tree, but a sight.

一|人一人の人ではなくて、人類です。

I | I am not human, but human.

恋をしてゐる人ではなくて、恋そのものです。

It's not the person who is in love, it's the love itself.

天才の人や悪人ではなくて、天才や罪悪です。

Geniuses and sins, not geniuses and bad guys.

お分かりになりますか。」

Do you understand? "

「うん。

"Yup.

分かる」と、学士はやうやう答へた。

I understand, "said the bachelor.

「お互にこゝにかうしてゐて、死の事なんぞを考へて煩悶します。

"I'm so sorry for each other, and I agonize about thinking about death.

目の前の自然なんぞはどうでも好いのです。

I don't care about nature in front of me.

我々が死ぬるには、なんの後悔もなく、平気で死ぬるのです。

For us to die, we die without any regrets.

そして跡にはなんにも残りません。

And nothing remains on the trace.

簡単極まつてゐます。

It's an easy pole festival.

併し我々の苦痛は永遠です。

But our pain is eternal.

さう云つて悪ければ、少くもその苦痛の理想は永遠です。

If this is bad, at least the ideal of pain is eternal.

いつの昔だか知らないが、サロモ第一世といふものが生きてゐて、それが死を思つてひどく煩悶しました。

I don't know when it was long ago, but the living of Salomo I was alive, and I was terribly agonized to death.

又いつの未来だか知らないが、サロモ第二世といふものが生れて来て、同じ事を思つて、ひどく煩悶するでせう。

I don't know when it's going to come again, but I'm terribly annoyed with the same thing as Salomo II, who is born.

わたくしが初めて非常な愉快を感じて、或る少女に接吻しますね。

For the first time, I feel very pleasant and kiss a girl.

そしてわたくしの顔に早くも永遠なる髑髏の微笑が舎る時、幾百万かののろい男が同じやうな愉快を感じて接吻をするでせう。

And as soon as the eternal skull smiles on my face, millions of cursed men feel the same pleasure and kiss.

どうです。

how is it.

わたくしの話は重複して参りましたかな。」

Did my story overlap? "

「ふん。」

"Hmm."

「そこでこの下等な犬考へからどんな結論が出て来ますか。

"So what conclusions come from this poor dog thought?

それは只一つです。

It is only one.

なんでも理想でなくて、事実であるものは、自然の為めには屁の如しです。

What is not ideal but fact is like a fart for the sake of nature.

お分かりになりますか。

Do you understand?

自然はこちとらに用はないのです。

Nature has no use here.

我々の理想を取ります。

Take our ideal.

我々がどうならうが、お構ひなしです。

Regardless of what we do, we are not complacent.

わたくしは苦痛を閲し尽して、かう感じます。

I've exhausted my pain and feel it.

いやはや。

No, no.

自然の奴め。

A kid of nature.

丸で構つてはくりやがらない。

It doesn't work with a circle.

それなのに何も己がやきもきせずともの事だ。

And yet, nothing can happen.

笑はしやあがる。

Lol

口笛でも吹く外はない。」

There is nowhere to whistle. "

 患者は病院ぢゆうに響き渡るやうな口笛を吹いた。

The patient whistled in the hospital ぢ Yu.

学士はたしなめるやうに、しかも器械的に云つた。

The bachelor licked and said mechanically.

「それ見るが好い。

"I like it.

お前の当り前でないことは。」

That you are not ordinary. "

「当り前でないですつて。

"It's not natural.

気違ひだといふのですか。

Are you mad and crazy?

それはまだ疑問ですね。

That is still questionable.

へえ。

Hey.

まだ大いに疑問ですね。

That's still a big question.