文学その6

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

旗手クリストフ・リルケ抄:リルケ ライネル・マリア:堀 辰雄(388-430)/430

彼は腕のなかに、氣を失つた白衣の夫人のやうに、旗をかかへてゐた。

He put up his flag in his arm, like the fainted wife of a white coat.

さうして彼は馬を見つけると、それに跳びのつて、驀地に駈けらせた。

Then he found a horse, and jumped over it and ran to the ranch.

それは叫びのやうだつた。

It was a scream.

彼はすべてのものを通り拔け、すべてのものを追ひ越した、自分の味方をさへ。

He walked through everything, and overwhelmed everything, and turned his side.

さうして、旗もまた我に返つたかのやうに見えた。

Soon, the flag also seemed to have returned to me.

その旗がこんなに立派に見えたことは嘗つてなかつた。

It's never been that the flag looked so fine.

さうして味方のすべてのものは、いまその旗が、ずつと彼等の前方にあるのを見た。

Now all of his allies have seen the flag in front of them, one by one.

それから、明るい、兜もつけてゐない若うどを認めた。

Then he acknowledged a bright, young udo without a helmet.

それから、旗を……

And the flag ...

 しかし、その旗はみるみる光りはじめ、躍り上がり、大きくなり、眞赤になりだした……

However, the flag began to glow, jumped up, grew big, and began to turn red ...

 ………………………………………

……………………………………

 いましも、彼等の旗は敵の眞只中で燃えだしてゐるのだ。

Even now, their flags are burning in the midst of enemies.

そこで、彼等はそれを追ひ駈けていつた。

So they pursued it.

 ランゲナウ人は、ただ一人きり敵陣深く入り込んでしまつてゐた。

The Langenau people alone went deep into the enemy line.

恐怖が彼のまはりに圓い空間をつくつてゐた。

Horror created a round space in his circle.

さうして彼は、その眞ん中に、次第に燃え擴がつてゆく旗のもとに、佇立してゐた。

Then he stood in the middle, under the ever-burning flag.

 ゆつくりと、殆ど考へ深さうに、彼は自分のまはりを見まはした。

Looking deeply into his thoughts, he looked at his style.

彼の前には、けばけばしい雜色の衣をきた、夷狄どもが多勢ゐた。

In front of him were many Tigers who came in flashy clothing.

庭園だ、――さう考へて、彼は微笑んだ。

It's a garden-he smiled, thinking.

しかし、そのとき彼は自分の方に一せいに注がれてゐる目ざしに氣がついた。

But then he realized that he was pouring himself toward himself.

さうして彼はそれが人間どもであり、しかも異教徒の犬どもであるのを認めた。

He acknowledged that they were humans, and pagan dogs.

そこで、彼はその眞只中へ自分の馬を躍り入らせた。

So he jumped his horse into the midst.

 しかし、すべてのものが忽ち彼の背後に寄り重なつてきたとき、それはやはり庭園だつた。

But when everything came immediately behind him, it was still in the garden.

さうして彼の上に、一閃また一閃、襲ひかかつてくる、十六本の圓い蠻刀は、さながら祝祭だつた。

Then, on top of him, a flash of swords, a round of swords, came to a celebration.

 笑ひさざめく噴水だつた。

Laughing fountains were ruffled.

 軍衣は城のなかで燒けた。

The military uniform was burned in the castle.

それから手紙も、或る知らない婦人の薔薇の花びらも。

And a letter and a rose petal of an unknown woman.

――

-

 翌年の春(その春はもの悲しく、冷えびえと來た)、ピロヴァノ男爵の軍使がしづかにランゲナウに入つていつた。

春 In the spring of the following year (the spring was sad and cold), Baron Pilovano's ambassador was steadily entering Langenau.

さうしてそこに彼は見た、ひとりの老婦人の泣くのを。

And there he saw, an old lady weeping.

……

......

底本:「堀辰雄作品集第五卷」筑摩書房

Uchimoto: "Tatsuo Hori Works Vol.5" Chikuma Shobo

   1982(昭和57)年9月30日初版第1刷発行

発 行 The first edition of the first edition was issued on September 30, 1982

初出:「高原 第一輯」

First appearance: "Highland Part 1"

   1946(昭和21)年8月1日刊

日 August 1, 1946 (Showa 21)

※初出時の表題は「旗手クリストフ・リルケの愛と死の歌」、「堀辰雄小品集・薔薇」角川書店(1951(昭和26)年6月15日)収録時「旗手クリストフ・リルケ抄」と改題。

* The title of the first appearance is "Kisato Christoph Rilke's Song", which was recorded in "Katsuf 死 Christoph Rilke's Song of Love and Death" and "Tatsuo Hori Piece Collection and Roses" by Kadokawa Shoten (June 15, 1951 (Showa 26)). And renamed.

実際は「抄」ではなく全訳。

Actually, it is not "summary" but the whole translation.

入力:tatsuki

Input: tatsuki

校正:岡村和彦

Proofreading: Kazuhiko Okamura

2013年4月11日作成

Created on April 11, 2013

青空文庫作成ファイル:

Aozora Bunko Creation File:

このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。

This file was created in the Internet library, Aozora Bunko (http://www.aozora.gr.jp/).

入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。

Volunteers did input, proofreading, and production.