文学その6

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

巴里の手紙:リルケ ライネル・マリア:堀 辰雄(102-140)/289

撒水車がゆつくりと登つてきました。

The sprinkler came up slowly.

その管からは水が若々しく明るく噴出してゐました。

Water spewed out of the tube brightly and young.

そして、まぶしいほど光つてゐる道路を、いい具合に暗くしてゐました。

And the roads that dazzled brightly were darkened nicely.

きらびやかな馬具をつけた馬が何頭も疾走し去りました。

Several horses with glittering harnesses ran away.

そしてその蹄は千のハンマアのやうな音を立てました。

And the hooves made the noise of a thousand hammer.

物賣りの叫び聲はいろいろに變りました。

The shout of the sale changed.

はじめは輕く昇つて來ますが、そのうちだんだん高くなつて來るのでした。

At first they came up lightly, but then they got higher and higher.

そして野菜類は、手押車の上にまるで小さな畑のやうに進んで來るのでした。

And the vegetables were coming on top of a wheelbarrow as if it were a small field.

そして彼等の上には、獨特な、自由な朝があり、そして彼等の中には、闇と緑色と露とがあるのでした。

And above them was a special, free morning, and among them darkness, green and dew.

そして一瞬間、それらの物音が途絶えてひつそりとすると、私の頭上の何處かで、窓を開けるらしい音がするのでした。

And for a moment, when those sounds ceased and fell, I heard a sound that would open a window somewhere above my head.

……

......

 そのうちに私の方に向つて歩いてくる人々の異常な擧動が、突然、私の目に止まりました。

In the meantime, the abnormal behavior of people walking toward me suddenly caught my eyes.

その大部分は、後ろを振り向き振り向き、こちらへやつて來るのでした。

Most of them turned around and turned around.

そのため私は彼等に衝突しないやうに氣をつけてゐなければなりませんでした。

So I had to be careful not to hit them.

中には、その場に立ち止つたままでゐる者もありました。

Some of them stayed there.

私はそれらの者の視線を追ひながら、私の前に行く人々の間に、一人の痩せた、黒いなりをした男を認めることが出來ました。

While following their eyes, I came to recognize a skinny, blackened man among those who went before me.

その男は歩き續けながら、兩手でもつて、いくら下げてもすぐに立つてしまふ、いかにも氣持の惡さうな外套の襟を下ろさうと努力してゐました。

The man continued to walk, holding with his two hands, standing no matter how much he lowered him, and strove to put down his cloakless collar.

その努力は明らかに彼を夢中にさせてゐるやうでした。

That effort was obviously going to get him hooked.

そのため、彼は屡※、足もとに氣をつけるのを忘れてしまふと見え、何か小さな障碍物でもあると、それに躓いたり、あわててそれを跳び越したりするのでした。

For this reason, he often forgot to look at his feet * and seemed to be fooling around, and if it was any small obstacle, he stumbled over it or jumped over it.

ごく僅かな間に、何度となく、そんなことが繰り返されると、彼はやつと道路の方に注意を向けました。

In a very short time, over and over, he turned his attention to the road.

が、可笑しなことには、それにも拘らず、又二三歩すると、彼は躓き、そして何かの上を跳びはねるのでした。

But laughingly, nonetheless, after a couple of steps he stumbled and jumped over something.

私は知らず識らず足を早めました。

I jumped without knowing it.

そしてその男のすぐ背後にまで近づき、始めて、彼のさういふ足の運動が平坦な歩道とは何の關係もないこと、そして彼が躓く度毎に、あたりをきよろきよろ見※して、何か邪魔物を見咎めるやうなふりをするのは、ただ彼とすれちがふ人々を胡麻化すための手段にしか過ぎぬことを知り得ました。

And approaching, just behind the man, he began, gazing around, that his toe movements had nothing to do with the flat sidewalk, and every time he stumbled *. I learned that pretending to be disturbing is just a means of sesameizing him and those who pass by.

實際はそんな邪魔物などは何もないのでした。

In fact, there was no such obstacle.

そのうちに、彼の歩き方の不器用さは、緩和し、そして今度はさつさと歩いて行きました。

In time, his clumsiness in walking eased, and this time he walked swiftly.

そして暫くの間は誰の目にも止まらずにゐました。

And for a while, I stayed in the eyes of everyone.

が、不意に、彼の肩の上に再び不安が襲ひかかり、その肩を二度ばかり持ち上がらせ、それからそれを落させました。

But suddenly, anxiety reappeared on his shoulder, raising his shoulder twice, then dropping it.

そのため彼の肩は、妙にねぢくれました。

That's why his shoulders were weird.

 その間も彼は歩き續けてゐるのです。

間 He keeps walking during that time.

が、私はその時、彼の左手が言ひやうのないくらゐ素早く外套の襟の方へ走つて、それをこつそりと掴み、そしてそれを立て、それから非常に細心に、兩手でもつて、その襟を下ろさうとするのを見かけて、どんなに驚いたことでせう。

But then I had his left hand running without words, and swiftly ran toward the collar of the mantle, slid it, and stood it up, and then, very carefully, with two hands, I was surprised to see her trying to lower her collar.

――それは最初の時と全く同じくらゐに、やりにくさうな手つきでした。

――It was just as difficult as it was at the beginning.

それと同時に、彼は前へのめつたり、左へのめつたり、その上またシャツの襟までが彼を苦しめ出したかのやうに、といつて、高くさし伸べてゐる手はまだなかなかその仕事をすませさうもないかのやうに、自分の頸を何度となく伸ばしたり縮めたりしてゐました。

At the same time, as if he had turned forward, turned to the left, and even to the collar of the shirt, he was still struggling to reach and stretch out. I had to stretch and shrink my neck several times, as if I was going to work.

が、とうとう、すべては再びきちんとなつたかのやうでした。

But at last, everything was fine again.

彼は約十歩許り誰にも見られずに行きました。

He went about ten steps without being seen by anyone.

突然、肩の上下が再び始まりました。

Suddenly, the upper and lower shoulders started again.

と同時に、カッフェの店先を掃除してゐた、一人の給仕は、手を休めながら、物珍らしさうに、身體を不意にゆすぶり、立ち止まり、それからぴよんぴよん跳びながら、再び歩き出してゆくその通行人を眺めました。

At the same time, one waiter, who cleaned the storefront of Kaffe, rested his hands, abruptly shakes his body, stops, and then walks again, jumping in and out. I watched.

その給仕は笑ひ出し、そして店の内へ何やら叫びました。

The waiter laughed and shouted into the store.

すると顏が二つ三つ、窓硝子の向うに現れました。

Then two or three faces appeared behind the window glass.

が、そのうちにその見知らぬ男は、ステッキの丸く曲つた握りを彼の襟のうしろに引つかけ、そして歩き續けたまま、それを自分の背骨の眞上に、垂直に、押しつけました。

But in time, the stranger caught the round, bent grip of the walking stick behind his collar, and pressed it vertically, just above his spine, as he continued to walk.