文学その6

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

巴里の手紙:リルケ ライネル・マリア:堀 辰雄(141-186)/289

それは人目につくやうなものではありませんでした。

It was not noticeable.

そして、それは彼をぢつと支へて居りました。

And it was keeping him alive.

この新しい動作は、その男を非常に落着かせたものか、彼は一瞬間全く輕快さうに歩いてゆきました。

This new action was very calming for the man, or he walked for a moment quite lightly.

誰ももう彼には注意しませんでした。

No one noticed him anymore.

が、私は、一秒間と雖ももう彼から目を離すことの出來なくなつてゐた私は、しかし、少しづつまた不安が立ち戻つて來、それがだんだんに強まり、あちこちに現れようとしかけ、それが肩を搖すぶり、彼の均衡を失はせようとして頭にしがみつき、それから思ひがけずに足もとを襲つて、その歩調を亂し出すのを、逐一知つてゐました。

But, for a second, I was no longer able to keep an eye on him, but I came back, little by little, to anxiety, which was gradually strengthening and about to appear here and there. He knew that it was shaking his shoulders, clinging to his head in an attempt to lose his balance, and then striking his feet, unintentionally, upsetting his pace.

勿論、誰もまだそれには氣がついては居りませぬ。

Of course, no one has noticed it yet.

ほんの短い間それもごく僅か殆どこつそりと行はれてゐたのです。

For a short period of time, it was almost sneaky.

が、そらもう其處に見えてゐます。

But you can see it there.

目立ちかかつてゐます。

It stands out.

私は、この男全體がいかに不安で充たされてゐるか、もう胡麻化しの利かなくなつたその不安が、いよいよ増大し、高まりつつあるかを感じました。

I felt how this whole man was filled with anxiety, and that anxiety that was no longer in sesame was increasing and growing.

そして私は、彼の意志、彼の苦痛、そして千の舞踏への衝動でむずむずしてゐる、その頼りない肉體の一部にそれをしてしまはうかとしてゐるかのやうに、そのステッキをしつかと自分の背骨に壓しつけてゐる、彼の痙攣しがちな手の絶望的な動作をも、見拔いたのでした。

And I will stick the stick as if to do it on a part of its unreliable body, which was itching in his will, his pain, and the impulse of a thousand dances. He even saw the desperate movement of his convulsive hand, squeezing against his spine.

そして私は、いかにしてそのステッキが、多くのものがそれに系つてゐる、或る根元的なものとなつたかを經驗しました。

And I have experienced how the stick has become a fundamental thing, many of which are related to it.

その男のすべての力、すべての意志が、そのステッキの中にはひり、そしてそれを一つの力、一つの實在(恐らくそれには彼を救ふ力もありましたでせうし、また病人は強い信念をもつてそれを頼りにしてゐたのです)にまで高めて行きつつあつたのでした。

All the power of the man, all the will, will be in the walking stick, and it will have one power, one existence (possibly in it also the power to save him, and the sick will have a strong belief) And relied on it).

此處にこそ神が生れつつありました。

This is where God was born.

一つの世界が彼に對抗して立ち上りつつありました。

A world was rising against him.

そして、かかる爭鬪の行はれてゐる間も、それを身うちに運びながら、その男は歩き續けようと努力してゐました。

And while the dispute was taking place, the man made an effort to continue walking, carrying it with him.

暫らく彼はいかにも心地よげに、そして苦がなささうに裝ふのに成功してゐました。

For a while he was very comfortable and painlessly dressed.

今、彼はサン・ミッシェル廣場を通り過ぎました。

Now he has passed Saint Michel Hiroba.

そして非常に混雜してゐる馬車や歩行者を避けなければならぬことが、彼に異樣な運動への口實を與へてゐたのに拘はらず、彼は全く平靜にしてゐました。

And although he had to avoid very crowded carriages and pedestrians, giving him an excuse for a different kind of movement, he was quite calm.

そして橋の歩道にさしかかつた時分には、彼の全身には奇異な、硬直した靜けささへ見られました。

And by the time he had walked on the sidewalk of the bridge, he saw a strange, rigid tranquility throughout his entire body.

私はその時、彼のすぐ背後にまで近よつてゐました。

I then approached right behind him.

もう自分のとは分ちがたくなつてしまつてゐる、彼の苦惱に引きずられるがままになりながら。

He is already indistinguishable from his own, being dragged by his distress.

――突然、橋の眞ん中で、ステッキが弛みました。

――Suddenly, the stick loosened in the middle of the bridge.

男は立ち止まりました。

The man stopped.

異樣にぢつと、險しい姿勢で突立つたまま、そして身動きもしないで。

In other cases, stay protruding in an adventurous position and stay still.

彼はもう、すつかり諦めて待つてゐるのでした。

He had already given up and waited.

が、彼の中の敵はそんな降伏を信じないやうでした。

But the enemy in him did not believe in such surrender.

それは躊躇してゐました。

It hesitated.

――無論、それはほんの一瞬間でした。

--Of course, that was just a moment.

それからそいつは火事のやうに、あらゆる窓から一時に爆發しました。

Then it exploded at once from all windows, like a fire.

異樣な舞踏が始まつたのでした。

A different dance began.

……そのまはりにすぐさま形づくられた、人々の厚い圈が、私を次第にうしろへ押しやり、私にはもはや何も見えなくなりました。

…… the thick circle of people, shaped immediately in the middle, pushed me backwards, and I could no longer see anything.

私の膝は顫へ出しました。

My knees began to tremble.

そして何もかもが私から拔け出して行つてしまひました。

And everything went out of me and went away.

私は一瞬間、橋の欄干によりかかりながら、立つてゐました。

For a moment, I was standing, hanging on the railing of the bridge.

それからやつとこさ私は自分の部屋に歸つて來ました。

Then he returned to his room.

こんなとき圖書館に行つたつて何になりませう。

What happens when I go to the library in such a case.

いま私の中にあるものを越えて私を進ませるほど充分に強い本なんぞが一體あるでせうか?

Is there a book that is strong enough to advance me beyond what is in me now?

 私はすつかり空虚になつたやうに感じました。

I felt like I was empty.

他人の苦惱が私から糧をとり、そして私をへとへとに疲れさせてしまつたかのやうに。

As if the suffering of others took me from me and made me tired.

……

......

二 妻クララに

To my wife Clara

一九〇二年九月十一日、巴里トゥリエ街十一番地

On September 11, 1902, the tenth place of Paris Trier Street

 ……私は一日中、ムウドンの庭の中の、靜かな場所に坐つてゐました。

... I sat all day in a quiet place in the garden of Moudong.

廣びろと打ちひらけてゐる遠景を目前にしながら。

While looking at the distant view that opens out wide.

私は自分の傍らに、雜誌で一ぱいになつた箱を持ち出し、そしてロダンに關する、印のついてゐる箇處を讀んでゐました。

I took by my side a box full of magazines and read the marked places about Rodin.