文学その6

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

巴里の手紙:リルケ ライネル・マリア:堀 辰雄(187-224)/289

ロダンがこれらのすべての資料を一まとめにして置いたのです。

Rodin put all these materials together.

が、「ラ・プリュウム*」の中に集められてある以外の、そしてより以上のものは、遂に一つも見出されませんでした。

But nothing more and more than that gathered in La Pluum * was finally found.

私達は中食を一緒に取りました。

We had a meal together.

そしてその後で、他の人達が立ち上つてしまつてから、私達は一時間許り眞面目な話をしました。

And then, after the others got up, we allowed one hour to talk seriously.

ロダンが語り、答へ、意見を述べてゐる間は、不思議なくらゐ私の心も落ち着くのでした。

While Rodin was speaking and giving his opinion to the answers, my mind calmed down without any wonder.

何といふ驚くべき均衡! 何といふ言葉の正確さ! そしてその言葉が全く孤立するやうな時ですら、いささかもそれには曖昧なところも、躊躇ふやうなところもありません。

What an amazing equilibrium! What a word accuracy! And even when the word is completely isolated, there is nothing vague or hesitant about it.

それから私は五時過ぎまで、私の仕事に夢中になつて庭の中にゐました。

Then, until about five o'clock, I was absorbed in my work and went into the garden.

それから、涼しい、人氣のないムウドンの森に出かけました。

Then we went to the cool, unpopular Moudong Forest.

私が其處から再び出て來たときには、家々は坂の上に煌めき、緑色の葡萄畑は暗く浪打ち、空は廣びろとして靜けさに充ちてゐました。

When I came out of it again, the houses shone on the slopes, the green vineyards roamed darkly, and the sky widened and filled with tranquility.

鐘が鳴りました。

The bell rang.

と、その音は上方にずんずん押し擴がりながら、狹いヴァル・フルウリィぢゆうに一ぱいになつてしまひました。

The sound then spread out upwards, and became evenly narrower in the narrow Val-Fulury.

そして、それは到る處に――どんな石の中にまで、どんな子供の手の中にまで屆きました。

And it came everywhere—in any stone, in any child's hand.

何時頃から、私はこれらの田舍だの、空だの、廣がりだのを感じなくなつてゐたのでせうか?

From what time have I been unable to feel these countryside, sky, and spreading?

 あたかも自分が長いこと都會の中か、それとも牢獄の中に暮らしてでもゐたかのやうに。

As if you were living in the city or in prison for a long time.

――そこで、私はこれらの事物に對して彼等の孤獨を感謝しました。

--So I thanked their loneliness for these things.

そしてこの夕暮のすばらしさに、その最も小さな一員として、つつましやかに、物靜かに參與してゐるところの、どんなに小さな木の葉の前にも、私は感動させられました。

And I was impressed by the splendor of this evening, even before the leaves of the little trees, who humblely and quietly participate as their smallest members.

……私はなほも暫らく、急勾配な屋根のある家々だの、その傍らに聳えてゐる御堂だのを眺めてゐました。

… I was looking at the houses with steep roofs for a while, and the Mido towering beside them.

其處には、言語を絶したやうな世界が、いつもかかる夕暮のやうな時間ばかりの續いてゐるやうな世界が、領してゐるやうな氣がされました。

There was a world of speechlessness, and a world of continuity, which was always the only time of dusk, and terrible.

それから、私は沈んだ氣持で、町の方へ向つて行きました。

Then I went down towards the town, feeling sunk.

ああ、何と夏の夕暮は重苦しいことか! なんだかちつとも戸外にゐるやうな氣持がしません。

Oh, how dull summer evenings are!と も I don't feel like going out outdoors.

――ものの匂や人の呼吸に包まれて。

――Wrapped in the smell of things and human breathing.

重たい大地の下になつてゐるかのやうに、ものみなが重苦しく、不安で。

Everything is heavy and uneasy, as if it were under a heavy earth.

私は自分の顏を何度もリュクサンブウル公園の柵に押しつけました。

I pressed my face many times against the fence at Luxembourg Park.

少しでも空間を、靜けさを、月の光を感じようと思つて。

I want to feel the space, the stillness, and the light of the moon.

――しかし、其處にもまた、同じやうに重苦しい空氣が、花壇の中に無理にぎつしりと詰め込まれた、あんまり多過ぎる花の香りのために、一そう重苦しくなつたやうな空氣があるばかりでした。

--But there is also the same heavy air in the flower bed, because of the too many fragrances of the flowers. was.

……この都會は非常に大きいのです、しかもその隅々までがこんなにも悲しみで一ぱいになつてゐて……

…… This city is very large, and every corner of it is so sad and unified ……

三 オオギュスト ロダンに

To 30 Auguste Rodin

巴里、一九〇二年九月十一日、トゥリエ街十一番地

Paris, September 11, 1902

 師よ、

Master,

 貴方の御好意に甘えて、かくも屡※、貴方にお目にかかることを許して戴いて居りますのにも拘らず、私が貴方にお手紙を差し上げるなんと云ふことは、さだめし御不審に思はれるかも知れませぬ。

In spite of your favors and frequent sorrows *, despite allowing you to see me, it is suspicious that I will give you a letter. I might be.

が、いつも貴方の前では、私は自分の言葉の不完全なことが氣になつてならないのです。

But always in front of you I am not aware of the imperfections of my words.

それがあたかも、貴方のすぐお傍にゐる時ですら、貴方から自分を引き離してゐる病氣ででもあるかのやうに。

As if it were a sickness that pulled you away from you, even when you were right by your side.

 それ故、自分の部屋に一人きりでゐる時に、私は翌日貴方に言ふべき言葉を一生懸命に用意するのです。

Therefore, when I go to my room alone, I work hard to prepare the words you should say the next day.

が、いよいよその場になりますと、その言葉は生氣がなくなり、その上新しい氣持に襲はれて、私はどういふ風に言ひ現したらいいのか、すつかり分らなくなつてしまふのです。

But when it comes to that place, the words are gone, and they are attacked by a new feeling, and I have no idea how to express themselves. .

 ときどき私は佛蘭西語の精神を感ずることがあります。

Sometimes I feel the spirit of Bulan West.

そして或る夕方など、リュクサンブウル公園の中を散歩しながら、私は次のやうな詩句を得ました。

Then, one evening, while walking in the Luxembourg Gardens, I got the next bad verse.

これは獨逸語から飜譯したものではなく、そしてどんな拔け道から、こんな形をして、立ち現れたのやら、私には少しも分らないのですが……

This is not a translation from the Doktu, and I have no idea how it emerged from any way ...

〔Ce sont les jours ou` les fontaines vides〕

[Ce sont les jours ou` les fontaines vides]