文学その6

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

巴里の手紙:リルケ ライネル・マリア:堀 辰雄(225-289)/289

mortes de faim retombent de l'automne,

mortes de faim retombent de l'automne,

et on devine de toutes les cloches qui sonnent,

et on devine de toutes les cloches qui sonnent,

〔les le`vres faites des me'taux timides〕.

(Les le`vres faites des me'taux timides).

〔Les capitales sont indiffe'rentes〕.

(Les capitales sont indiffe'rentes).

Mais les soirs inattendus qui viennent

Mais les soirs inattendus qui viennent

〔font dans le parc un cre'puscule ardent〕,

(Font dans le parc un cre'puscule ardent),

et aux canaux avec les eaux si lentes

et aux canaux avec les eaux si lentes

〔ils donnent une re^ve ve'netienne〕……

[Ils donnent une re ^ ve ve'netienne] ……

et une solitude aux amants**.

et une solitude aux amants **.

          ※

*

 何故、私は貴方にこんな詩句を書いたかと申しますと、これが何も良い詩句であると信じてゐるからではありませぬ。

、 Why I wrote this poem to you, not because I believe this is a good poem.

唯、自分を導いてゐて下さる貴方に、自分を近づけたいから許りであります。

However, I forgive because I want to bring myself closer to you who guide me.

貴方こそは、この世の中で唯一人の、均衡と力とに充ちながら、御自身の作品とぴつたり調和してゐると自稱し得られる、御方でありませう。

You are not the only one in the world who can claim to be in harmony with your own work while being filled with balance and power.

そして若しも、その偉大な、すこしも危氣のない作品が、私にとりまして、それに就いてはもはや畏怖と讚美とに溢れた顫へ聲でしか語ることの出來ぬやうな、一つの出來事となつたとしますれば、それらの作品はまた、貴方御自身のやうに、――私の生、私の藝術、私の魂のなかでも最も純粹であるところのすべてのものに對する、一つの御手本ででもあるのであります。

And if this great, slightly less dangerous work, for me, it is no more than a voice that speaks only to a tremble full of awe and praise, If that were the case, those works would also, like your own, be a one-to-one relationship to my life, my art, and all the purest of my soul. It is also an example.

 私が貴方の許に參りましたのは、何も研究をするため許りではありませぬ、――それは、如何に生くべきか?

I came to your forgiveness, not forgiveness for doing any research-how should it survive?

 といふことを貴方にお尋ねしようと思つてでありました。

I was going to ask you something.

そして貴方はそれに對して、「仕事をしながら」とお答へになられた。

And you answered, "While working."

私にはそれがよく解りました。

I understand it well.

仕事をすること、それは死なしに生きることであることを、私は感じました。

I felt working, it was living without death.

私はいま、感謝と喜びとで一ぱいになつて居ります。

I am now united with gratitude and joy.

何故なら、私はごく若い時分から、仕事以外のものを求めませんでした。

Because, from a very young age, I did not seek anything other than work.

そして私は努力いたしました。

And I tried hard.

が、私の仕事は、それを私が非常に愛してゐたがために、いつの間にか、稀有な靈感に起因する、大袈裟な行事、お祭り騷ぎになつてしまひました。

However, my work, because I loved it so much, suddenly resulted in exaggerated events and festival noises caused by rare inspiration.

そして、徒らに、唯、創造的な時間の來るのを、無限の悲しみをもつて待つてゐるのみ、といつたやうな數週間がありました。

And there were several weeks in which they only had to wait with infinite sorrow for the creative time to come.

それは深淵に充ちた生でありました。

It was a life full of abyss.

私は靈感を喚ぶためのあらゆる人工的な方法を恐ろしげに避けて居りました、私は葡萄酒(ずつと前から嗜んでゐた)も廢するやうになりました、私は自分の生を自然そのものに近づけようと努力いたしました。

I was frighteningly avoiding any artificial means of inspiring, I also lost my wine (which I had been tasting each time), and I lived my life in nature I tried to get closer to it.

……が、確かに合理的であつたあらゆる方法の中で、仕事をしながら、遠い靈感を獲得するといふ勇氣だけが私にはありませんでした。

… But I did not have the courage to gain distant inspiration while working in all the ways that were certainly rational.

いま、私はそれのみが靈感を保つてゐる唯一の方法であることを知り得ました。

Now I know that it is the only way to keep inspiration.

――そしてそれは、貴方が私に與へて下さつたところの、生と希望との大いなる再生であります。

-And that is the great rebirth of life and hope that you have given me.

それから私の妻のことを一寸申しますが、實は去年、私達は非常に大きな負債をしてそのため大へん苦しみました。

Then I would like to mention a little about my wife, but in fact last year we had a very large debt and therefore suffered very much.

そしてそれはまだすつかり片がついて居りません。

And it hasn't got any pieces yet.

が、私はこれからは、自分の休みなき仕事が、そんな貧乏の苦しみをも取り除いてくれることと信じます。

But I believe that my restless work will also remove the pain of such poverty.

私の妻は、私達の小さな小供から離れなければなりませぬ。

My wife has to stay away from our little children.

そしてそのことの必要は、妻も、私が彼女に貴方のおつしやつた「仕事と忍耐と」といふ御言葉を書いてやりましてからは、ずつと平靜に、ずつと正しく考へて居るやうであります。

And the necessity is that my wife, even after I wrote to her the words "Your work and patience" that you have given her, have always considered each other calmly and calmly. Yes

 私の妻が貴方のお傍に、貴方の偉大な作品のお傍にゐるやうになれば、私はどんなに幸福でありませう。

れ ば If my wife is by your side, by your great work, I will not be happy.

貴方のお傍にさへゐれば誰も道に迷ふやうなことはありませぬ。

No one will get lost if you go by your side.

 若し自分のやうな者にも、この巴里で、何等かの形式で、パンを得ることが出來ますやうなれば、私はそれをやつて見たいと思ひます。

If you do not like it, you can get bread in some form in this Paris, and if you do, I would like to see it.

――(それとて私にはほんの僅かしか要りませぬ。)

―― (And I only need a little.)

出來れば、私はもつと此處に止まりませう。

If I come out, I will stop here.

さもなくて、若し私がうまく行かないやうでしたら、貴方がそのお作品や、そのお言葉や、貴方がその「主」であるところの永遠なお力のすべてでもつて、私を御助力くださつたやうに、私の妻をも御助力くださいますやうに。

Otherwise, if I do not go well, help me with all of your work, your words, and the eternal power of which you are the Lord. Thank you for helping my wife.

 貴方のお庭の沈默のなかに、私が居りましたのは、昨日のことでございます。

は It was yesterday that I was in the silence of your garden.

いま、大都會の物音はずつと遠退いて居ります。

Now, the sounds of the big city are moving away.

そして私の心のまはりには深い沈默が領し、そしてその中には貴方の御言葉が彫像のやうに立つて居るのでございます。

And there is a deep silence in the midst of my heart, in which your word stands by the statue.

 では、今度の土曜日に。

Then, on the next Saturday.

頓首

Sudden drop

貴方の

Your

ライネル マリア リルケ

Lynel Maria Rilke

* 「La Plume」(美術雜誌)は一九〇〇年にロダン號を出した。

* La Plume (art magazine) published Rodin in 1990.

** 大意。

**

――「すつかり水の涸れてゐた、空つぽな噴水が再び落ち出す、秋の日々であつた。

--- "It was autumn days when the empty fountain, which had dried up and the empty fountain, fell again.

そして鳴りひびく鐘の音にも、彼等の金屬の脣のいかにも不安さうなのが感ぜられた。

And the sound of the bells whispered, as well as the shimmer of their metal.

けれども、市中はそれには無頓着な樣子をしてゐる。

But the city is careless about it.

と、突然夕暮がやつて來て、公園のなかには燃えるやうな薄明を生じさせ、ゆるやかに水の漂つてゐる運河にはヴェネチア風の夢を與へ、それから戀人達には孤獨をもたらす……」

Suddenly, the dusk came, creating a burning fiery twilight in the park, giving the Venetian dream to the gently floating canals, and loneliness to the lovers ... "

底本:「堀辰雄作品集第五卷」筑摩書房

Uchimoto: "Tatsuo Hori Works Vol.5" Chikuma Shobo

   1982(昭和57)年9月30日初版第1刷発行

発 行 The first edition of the first edition was issued on September 30, 1982

初出:「四季 第四号・昭和十年二月号」

First appearance: "Four Seasons # 4, February 1938"

   1935(昭和10)年1月25日

935 January 25, 1935

   「四季 第五号・昭和十年三月号」

"Four seasons" fifth issue, March, 1938

   1935(昭和10)年2月20日

935February 20, 1935

入力:tatsuki

Input: tatsuki

校正:岡村和彦

Proofreading: Kazuhiko Okamura

2013年1月9日作成

Created January 9, 2013

青空文庫作成ファイル:

Aozora Bunko Creation File:

このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。

This file was created in the Internet library, Aozora Bunko (http://www.aozora.gr.jp/).

入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。

Volunteers did input, proofreading, and production.