文学その6

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

夢:堀 辰雄(1-68)/68

dream

ライネル・マリア・リルケ Rainer Maria Rilke

Rainer Maria Rilke

堀辰雄訳

Translated by Tatsuo Hori

第七夜

7th night

 私は少女を搜した。

I searched for a girl.

いましがた夜の明けたばかりの、狹い、長方形の部屋の中に、私は少女を見出した。

In a narrow, rectangular room just after the dawn of the night I found a girl.

彼女は一つの椅子に腰かけ、僅かにそれと分かるくらゐに微笑してゐた。

She sat on a chair and smiled a little noticeable.

その傍には、一寸離れて、もう一つの椅子があり、それには一人の青年が腰かけてゐたが、背を靠せた樣子がいかにも硬苦しい。

Aside from that, there is another chair, which was seated by a young man, but his back was so hard.

さうしたまま、二人はその夜を過したらしく見える。

As they were, they seemed to have spent the night.

 少女は身動ぎをして、私に手を差し延べた、私の手と出遇ふのに程よい高さにそれを持ち上げたのである。

The girl was embarrassed, reached out to me, and lifted it to a reasonable height as if to meet my hand.

その手は熱くて、妙にざらざらしてゐた。

His hands were hot and strangely rough.

なんだか野外生活をしてゐて、入用なものは自分自身で用を足すやうにしてゐる、小さな動物でも握つてゐるやうな氣がした。

I felt like I was living in the open air and I needed to add something for myself, even holding a small animal.

 それから今度は彼の番で、青年が身動ぎしはじめた。

か ら Then, on his turn, the young man began to move.

彼は目を覺まさうと明らかに努力してゐた。

He clearly made an effort to wake up.

彼の顏はもどかしさと不滿の表情で收斂した。

His face converged with frustration and discontent.

少女は彼の方を輕くふり向いて、彼を見つめた。

The girl turned lightly at him and stared at him.

青年の顏面は自身の努力によつて赤らんでゐた。

The young man's face was reddened by his own efforts.

それは中央に向つて收斂し、そしてときどき眼瞼を顫はせながら、もち上つた。

It converged toward the center and rose, sometimes trembling the eyelids.

しかし、その下にあるべき眼は、空虚のやうに見えた。

But the eyes that should be below it seemed empty.

「そんなことをなさつたつて何んにもならないわ。」

"It won't do anything to do that."

少女は、笑ひが散つてそこら中に閃いてゐるやうな、透明な聲を出して言ふのだつた。

The girl shouted, shouting and shouting all over, uttering a transparent voice.

「お眼が歸つて來ないうちは目を覺ますことは出來ないのよ。」

"You will not wake up before your eyes return."

 私は質問を發しようとした。

I tried to ask a question.

何を彼女は言はうとしたのか?

What did she say?

 が、突然、私は理解した。

突然, but suddenly I understood.

ひとりでにである。

Be alone.

私は田舍で出遇つた露西亞人の或る若い勞働者のことを思ひ出したのである。

I remembered a young Russian-Asian worker who came to the countryside.

その男は、莫斯科からやつて來たばかりの時は、まだ、星が神樣の眼や天使の眼であることを信じてゐた。

The man still believed that the stars were the eyes of God and the eyes of angels when he had just arrived from Mosiah.

人々はその間違を直してやつた。

People fixed the mistake.

本當をいふと、何物をもつてもその反對を證明することは出來なかつたのだ、が、人々はその間違を直してやつた。

No matter what the thing was, it was no witness to the opposite, but the people corrected the mistake.

それも尤もなことだつたのである。

That was a very likely thing.

といふのは、星は、閉ぢた眼瞼から拔け出して、上昇し、明るくなつて、空にぢつとしてゐる、人間の眼なのだからである。

For the stars are the human eyes, pulling out of their closed eyelids, rising, brightening, and falling into the sky.

それだからこそ、皆が眠つてゐる田舍では、空にはありとあらゆる星がかがやき、そしてその反對に、都會の上には、星が少ししかない、何故なら都會では、澤山の人々が心配したり、泣いたり、讀書したり、笑つたり、夜更かしをしてゐるからだ、そして各々の眼を離さずにゐるからだ。

That's why in the countryside where everyone sleeps, the sky shines all kinds of stars, and on the contrary, there are only a few stars above the city, because in the city the people of Sawayama worry and cry. Because they read, read, laugh, stay up late, and keep their eyes on.

 その少女は露西亞人に向つてさう言ふぺきだつたのだ。

少女 The girl was saying something to the Russian-Asiato.

が、もうずつと前から彼女は他のことを考へてゐたのである。

But she was thinking about other things long ago.

彼女は誰やらの話をしてゐた。

She talked to anyone.

近頃、メランにお嫁にいつた或る若い娘のことであるらしい。

Recently, it seems that he is a young daughter who has married Melan.

「その方のお名前、今はね……」それから、面白さうに、一つの名前を引用した。

"His name, right now ..." Then he quoted an interesting name.

私はその名前を賞めた。

I honored that name.

どうやら少し賞め過ぎたらしい。

Apparently it was a little overpriced.

「ほら、教はると、すぐそれね、」と少女はからかふやうに言ふのだつた。

"Let's learn, right away," said the girl in a ridiculous mood.

「何故、いつも貴方がたは、まるでそれが何かででもあるやうに、人の名前を訊きたがつたり、やきもきなさらずには居られないのでせうね?」

"Why can't you always ask for the name of a person, as if it were anything, and I can't help but stay there?"

「お友達よ、」と私は彼女に眞面目に言つた。

"Friend," I told her seriously.

「名前といふものは、我々人間にとつては一つの意義があるのですよ。

"Names and things have a meaning to us human beings.

薔薇だつて、そりあマリイ・ボオマンだとか、テストウ夫人だとか、カモンド伯爵夫人だとか、或はまたエモオションだとか呼ばれてはゐます、が、それは殆ど無用の長物です。

It's called a rose, a sleigh, Mariy Boman, a Lady Testo, a Countess Cammond, or even an emotion, but it's almost useless.

薔薇は自分たちの名前を知つてゐませんからね。

Roses don't know their names.

それ等の上に小さな木札をひつかける、と、もうそれを引つ込めません。

If you hang a small wooden tag on them, you can't pull it in anymore.

それつきりなのです。

That's it.

しかし、人々は自分たちの名前を知つてゐます。

But people know their names.

彼等は自分たちのもつてゐる名前に關心を持ち、それを大事さうに暗記してゐて、それを彼等に訊ねる者があれば誰にでもそれを言つてやります。

They are interested in their own names, memorize them with great care, and tell them to anyone who asks them.

彼等は一生涯、云はばまあ、それを養つてゐるのですね、そしておしまひには、それとごつちやになる位、殆どそつくり、その名前に似てしまふものですよ。

For a lifetime they say they feed it, and they feed it, and in Oshima, it's almost as easy to make it as it is, and it almost resembles its name.

……」

…… ”

 私は、しかし空虚の中で喋舌つてゐるのだつた。

し か し I was, however, talking in the emptiness.

少女はもう聞いてはゐなかつた。

The girl had to listen.

彼女は立ち上つて、もうすつかり明るくなつてゐる窓の前に佇みながら、微笑して、誰かを呼んでゐた。

She got up and smiled, calling someone, standing in front of a window that was almost brighter.

さう、それは一羽の小鳥らしかつた。

Now, it's like a bird.

底本:「堀辰雄作品集第五卷」筑摩書房

Uchimoto: "Tatsuo Hori Works Vol.5" Chikuma Shobo

   1982(昭和57)年9月30日初版第1刷発行

発 行 The first edition of the first edition was issued on September 30, 1982

底本の親本:「堀辰雄小品集・繪はがき」角川書店

The parent book of the bottom book: "Tatsuo Hori Piece Collection / Postcard" Kadokawa Shoten

   1946(昭和21)年7月20日

946 July 20, 1946

初出:「四季 第十四号」

First appearance: "Four Seasons No. 14"

   1935(昭和10)年12月10日

935December 10, 1935

入力:tatsuki

Input: tatsuki

校正:染川隆俊

Proofreading: Takatoshi Somekawa

2010年11月25日作成

Created November 25, 2010

青空文庫作成ファイル:

Aozora Bunko Creation File:

このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。

This file was created in the Internet library, Aozora Bunko (http://www.aozora.gr.jp/).

入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。

Volunteers did input, proofreading, and production.