文学その6

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

文芸的な、余りに文芸的な:芥川 龍之介(91-134)/1532

 この「構成する力」の問題はまだ何十行でも論ぜられるであらう。

➤ Dozens of lines still discuss the issue of "composing power".

しかしその為には谷崎氏の議論のもう少し詳しいのを必要としてゐる。

However, for that purpose, we need a little more detail about Mr. Tanizaki's discussion.

唯|次手に一言すれば、僕はこの「構成する力」の上では我々日本人は支那人よりも劣つてゐるとは思つてゐない。

Yui: In a nutshell, I don't think that we Japanese are inferior to Chinese people in terms of "composing power".

が、「水滸伝」「西遊記」「金瓶梅」「紅楼夢」「品花宝鑑」等の長篇を絮々綿々と書き上げる肉体的力量には劣つてゐると思つてゐる。

However, I think that it is inferior to the physical ability to carefully write long features such as “Suikoden”, “Saiyuki”, “Kinbinbai”, “Kuroro Yume”, and “Shinkahokan”.

 更に谷崎氏に答へたいのは「芥川君の筋の面白さを攻撃する中には、組み立ての方面よりも、或は寧ろ材料にあるかも知れない」と云ふ言葉である。

What I would like to answer to Mr. Tanizaki is, "While attacking Akutagawa-kun's muscles, it may be in the material rather than in the assembly direction".

僕は谷崎氏の用ふる材料には少しも異存を持つてゐない。

I have no objection to the materials Tanizaki uses.

「クリツプン事件」も「小さい王国」も「人魚の歎き」も材料の上では決して不足を感じないものである。

Neither the "Krippun incident", the "small kingdom", nor the "mermaid's hindrance" are in short supply.

それから又谷崎氏の創作態度にも、――僕は佐藤春夫氏を除けば、恐らくは谷崎氏の創作態度を最も知つてゐる一人であらう。

Also, in terms of Mr. Tanizaki's creative attitude, I will probably be the one who knows Mr. Tanizaki's creative attitude most, except Mr. Haruo Sato.

僕が僕自身を鞭つと共に谷崎潤一郎氏をも鞭ちたいのは(僕の鞭に棘のないことは勿論谷崎氏も知つてゐるであらう。)

I want to whip myself as well as Junichiro Tanizaki (not to mention the fact that my whip has no thorns.

その材料を生かす為の詩的精神の如何である。

It is like a poetic spirit to make use of the material.

或は又詩的精神の深浅である。

Alternatively, it is a shallow poetic spirit.

谷崎氏の文章はスタンダアルの文章よりも名文であらう。

Tanizaki's text is more famous than the standard text.

(暫く十九世紀中葉の作家たちはバルザツクでもスタンダアルでもサンドでも名文家ではなかつたと云ふアナトオル・フランスの言葉を信ずるとすれば)殊に絵画的効果を与へることはその点では無力に近かつたスタンダアルなどの匹儔ではない。

(For the time being, the authors of the mid-nineteenth century believed in the words of Anatole France, who said they were not famous writers in Barzatsk, standart al sand, or sand). It is not the same as a standard that was nearly powerless.

(これも又連帯責任者にはブランデスを連れてくれば善い。)

(This is also good if you bring Brandes to the solidarity officer.)

しかしスタンダアルの諸作の中に漲り渡つた詩的精神はスタンダアルにして始めて得られるものである。

However, the poetic spirit that has been laid down in the various works of Standard is obtained only by becoming Standard.

フロオベエル以前の唯一のラルテイストだつたメリメエさへスタンダアルに一籌を輸したのはこの問題に尽きてゐるであらう。

It was this issue that brought the rattan to Stendaal, which was the only Ralte taste before Froobeer.

僕が谷崎潤一郎氏に望みたいものは畢竟唯この問題だけである。

This is the only issue I want to see from Junichiro Tanizaki.

「刺青」の谷崎氏は詩人だつた。

Mr. Tanizaki of "Tattoo" is a poet.

が、「愛すればこそ」の谷崎氏は不幸にも詩人には遠いものである。

However, Mr. Tanizaki, who loves it, is unfortunately far from being a poet.

「大いなる友よ、汝は汝の道にかへれ。」

"Great friend, thou shalt be on your way."

     三 僕

San-san

 最後に僕の繰り返したいのは僕も亦今後|側目もふらずに「話」らしい話のない小説ばかり作るつもりはないと云ふことである。

Lastly, what I want to repeat is that I am not going to make any novels without a side story, without touching the side.

僕等は誰も皆出来ることしかしない。

We all can only do it.

僕の持つてゐる才能はかう云ふ小説を作ることに適してゐるかどうか疑問である。

I wonder if my talent is suitable for making Kafu novels.

のみならずかう云ふ小説を作ることは決して並み並みの仕事ではない。

Not only making a novel, it's not an average job.

僕の小説を作るのは小説はあらゆる文芸の形式中、最も包容力に富んでゐる為に何でもぶちこんでしまはれるからである。

I make my novels because they are the most inclusive of all the forms of literary arts, and they fall into anything.

若し長詩形の完成した紅毛人の国に生まれてゐたとすれば、僕は或は小説家よりも詩人になつてゐたかも知れない。

If I were born in the land of the red-haired man who had completed the long poem, I might have become a poet rather than a novelist.

僕はいろいろの紅毛人たちに何度も色目を使つて来た。

I've been using different colors for various red-haired people many times.

しかし今になつて考へて見ると、最も内心に愛してゐたのは詩人兼ジヤアナリストの猶太人――わがハインリツヒ・ハイネだつた。

However, when I look back at it now, what I loved most in my heart was the poet and Jaya analyst Gakuta-My Heinrich Heine.

(昭和二年二月十五日)

(February 15, 1952)

     四 大作家

Four big writers

 僕は上に書いた通り、頗る雑駁な作家である。

 As I wrote above, I am a noble and casual writer.

が、雑駁な作家であることは必しも僕の患ひではない。

But being a crude author is not necessarily my case.

いや、何びとの患ひでもない。

No, it's not the case of people.

古来の大作家と称するものは悉く雑駁な作家である。

What is called an ancient great writer is a gruesome and crude writer.

彼等は彼等の作品の中にあらゆるものを抛りこんだ。

They pierced everything in their work.

ゲエテを古今の大詩人とするのもたとひ全部ではないにもせよ、大半はこの雑駁なことに、――この箱船の乗り合ひよりも雑駁なことに存してゐる。

Most, if not all, make Geete a great poet of ancient times, but rather a minor thing than this ark's gang.

しかし厳密に考へれば、雑駁なことは純粋なことに若かない。

However, if we consider it strictly, the miscellaneous things are not purely young.

僕はこの点では大作家と云ふものにいつも疑惑の目を注いでゐる。

In this respect, I always pay close attention to what is called a great writer.

彼等は成程一時代を代表するに足るものであらう。

They are enough to represent a period of time.

しかし彼等の作品が後代を動かすに足るとすれば、それは唯彼等がどの位純粋な作家だつたかと云ふ一点に帰してしまふ訣である。

However, if their work is enough to drive the later generation, it is only one point of how pure they were the authors.

「大詩人と云ふことは何でもない。

"It's nothing to say a great poet.

我々は唯純粋な詩人を目標にしなければならぬ」と云ふ「狭い門」(ジツド)の主人公の言葉も決して等閑に附することは出来ない。

We can't even attach the words of the protagonist of the "narrow gate" (Jedd), which says, "We must aim for a pure poet."

僕は「話」らしい話のない小説を論じた時、偶然この「純粋な」と云ふ言葉を使つた。

I used this word "pure" by chance when discussing a novel without a "story".