文学その6

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

文芸的な、余りに文芸的な:芥川 龍之介(135-181)/1532

今この言葉を機縁にし、最も純粋な作家たちの一人、――志賀直哉氏のことを論ずるつもりである。

Now with this word in mind, I'm going to discuss one of the purest writers, Naoya Shiga.

従つてこの議論の後半はおのづから志賀直哉論に変化するであらう。

Therefore, the latter half of this discussion will change from Nozomi to Naoya Shiga.

尤も時と場合により、どう云ふ横道に反れてしまふか、それは僕自身にも保証出来ない。

However, depending on the time and the case, I can't guarantee that I will bend the side road.

     五 志賀直哉氏

Mr. Naoya Shiga

 志賀直哉氏は僕等のうちでも最も純粋な作家――でなければ最も純粋な作家たちの一人である。

Naoya Shiga is one of the purest writers of us, if not the purest writers.

志賀直哉氏を論ずるのは勿論僕自身に始まつたことではない。

Of course, discussing Naoya Shiga was not something I started with.

僕は生憎多忙の為に、――と云ふよりは寧ろ無精の為にそれ等の議論を読まずにゐる。

I'm so busy, I'm rather stubborn rather than saying, so I don't read those discussions.

従つていつか前人の説を繰り返すことになるかも知れない。

Therefore, one day, the theory of the former may be repeated.

しかし又或は前人の説を繰り返すことにもならないかも知れない。

However, it may not repeat the theory of the former one.

……

......

 (一) 志賀直哉氏の作品は何よりも先にこの人生を立派に生きてゐる作家の作品である。

(1) Mr. Naoya Shiga's work is the work of an artist who has lived this life brilliantly before anything else.

立派に?

Fine?

――この人生を立派に生きることは第一には神のやうに生きることであらう。

――To live gracefully in this life is to live in the way of God.

志賀直哉氏も亦地上にゐる神のやうには生きてゐないかも知れない。

Naoya Shiga may not be alive to the gods on earth.

が、少くとも清潔に、(これは第二の美徳である)生きてゐることは確かである。

But it is certain to live, at least cleanly (this is the second virtue).

勿論僕の「清潔に」と云ふ意味は石鹸ばかり使つてゐることではない。

Of course, what I mean by "clean" is not to use only soap.

「道徳的に清潔に」と云ふ意味である。

It means "morally clean".

これは或は志賀直哉氏の作品を狭いものにしたやうに見えるかも知れない。

This may seem to have made Naoya Shiga's work narrower.

が、実は狭いどころか、反つて広くしてゐるのである。

But in fact, rather than being narrow, it is rather wide.

なぜ又広くしてゐるかと言へば、僕等の精神的生活は道徳的属性を加へることにより、その属性を加へない前よりも広くならずにはゐないからである。

The reason why we want to make it wider again is that our spiritual life cannot be made wider by adding moral attributes than before we did not add them.

(勿論道徳的属性を加へると云ふ意味も教訓的であると云ふことではない。

(Of course, the meaning of adding moral attributes is not a lesson.

物質的苦痛を除いた苦痛は大半はこの属性の生んだものである。

Most of the pain, excluding material pain, is the result of this attribute.

谷崎潤一郎氏の悪魔主義がやはりこの属性から生まれてゐることは言ふまでもあるまい。

It goes without saying that Junichiro Tanizaki's satanism was born from this attribute.

〔悪魔は神の二重人格者である。

[The devil is a dual personality of God.

〕更に例を求めるとすれば、僕は正宗白鳥氏の作品にさへ屡々論ぜられる厭世主義よりも寧ろ基督的魂の絶望を感じてゐるものである。)

If I ask for more examples, I would feel the despair of a Christian soul rather than the murderism often discussed in Masamune Shiratori's work. )

この属性は志賀氏の中に勿論深い根を張つてゐたのであらう。

This attribute has a deep root in Mr. Shiga, of course.

しかし又この属性を刺戟する上には近代の日本の生んだ道徳的天才、――恐らくはその名に価する唯一の道徳的天才たる武者小路実篤氏の影響も決して少くはなかつたであらう。

However, in addition to stimulating this attribute, the influence of the moral genius born in modern Japan-probably the only moral genius who deserves its name-Mr. Atsushi Musashi Koji is also small.

念の為にもう一度繰り返せば、志賀直哉氏はこの人生を清潔に生きてゐる作家である。

To be on the safe side, Naoya Shiga is a writer who lives this life clean.

それは同氏の作品の中にある道徳的|口気にも窺はれるであらう。

It is a moral thing in his work.

(「佐々木の場合」の末段はその著しい一例である。)

(The last stage of "Sasaki's case" is a remarkable example.)

同時に又同氏の作品の中にある精神的苦痛にも窺はれないことはない。

At the same time, the emotional distress in his work is not overlooked.

長篇「暗夜行路」を一貫するものは実にこの感じ易い道徳的魂の苦痛である。

What is consistent with the feature film "The Dark Night" is the pain of this easy-to-feel moral soul.

 (二) 志賀直哉氏は描写の上には空想を頼まないリアリストである。

(2) Mr. Naoya Shiga is a realist who does not ask for fantasy in the description.

その又リアリズムの細に入つてゐることは少しも前人の後に落ちない。

Moreover, the details of realism do not fall after the predecessor.

若しこの一点を論ずるとすれば、僕は何の誇張もなしにトルストイよりも細かいと言ひ得るであらう。

If I were to discuss this one point, I would say that it was finer than Tolstoy without any exaggeration.

これは又同氏の作品を時々|平板に了らせてゐる。

This is also what makes his work sometimes flat.

が、この一点に注目するものはかう云ふ作品にも満足するであらう。

However, those who pay attention to this one point will be satisfied with the work called Kafu.

世人の注目を惹かなかつた、「廿代一面」はかう云ふ作品の一例である。

"Hiroshiro Ippei", which attracted the attention of the public, is an example of Kafufu's work.

しかしその効果を収めたものは、(たとへば小品「鵠沼行」にしても)写生の妙を極めないものはない。

However, there is nothing that can bring out the effect (even if it is a small piece "Kugenuma line"), which is not so strange as the sketch.

次手に「鵠沼行」のことを書けば、あの作品のデイテエルは悉く事実に立脚してゐる。

If you write about "Kugenuma line" in the second step, Dayteel of that work will be based on the muttering facts.

が、「丸くふくれた小さな腹には所々に砂がこびりついて居た」と云ふ一行だけは事実ではない。

However, it is not a fact that the sand was sticking to the round and puffy small belly in some places.

それを読んだ作中人物の一人は「ああ、ほんたうにあの時には××ちやんのおなかに砂がついてゐた」と言つた!

One of the characters who read it said, "Oh, at that time, there was sand on XX's belly!"

 (三) しかし描写上のリアリズムは必しも志賀直哉氏に限つたことではない。

(3) However, the realism in the description was not necessarily limited to Naoya Shiga.

同氏はこのリアリズムに東洋的伝統の上に立つた詩的精神を流しこんでゐる。

He puts this realism into the poetic spirit of an Oriental tradition.

同氏のエピゴオネンの及ばないのはこの一点にあると言つても差し支へない。

It's safe to say that this point is beyond the reach of his Epigoonen.

これこそ又僕等に――少くとも僕に最も及び難い特色である。

This is also to us-at least the hardest feature to reach me.

僕は志賀直哉氏自身もこの一点を意識してゐるかどうかは必しもはつきりとは保証出来ない。

I cannot guarantee that Mr. Naoya Shiga himself will be aware of this one point.