文学その6

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

文芸的な、余りに文芸的な:芥川 龍之介(644-700)/1532

正宗氏は或はこの双眼も義眼であると言ふかも知れない。

Masamune may say that this binocular is also a prosthesis.

     二十二 近松門左衛門

22 Tachimatsu Monzaemon

 僕は谷崎潤一郎、佐藤春夫の両氏と一しよに久しぶりに人形芝居を見物した。

I visited the puppet theater for the first time in a while with Junichiro Tanizaki and Haruo Sato.

人形は役者よりも美しい。

Dolls are more beautiful than actors.

殊に動かずにゐる時は綺麗である。

It's beautiful especially when you don't move.

が、人形を使つてゐる黒ん坊と云ふものは薄気味悪い。

However, the one called Kuronbo who uses dolls is creepy.

現にゴヤは人物の後に度たびああ云ふものをつけ加へた。

In fact, Goya often added something like that after the person.

僕等も或はああ云ふものに、――無気味な運命に駆られてゐるのであらう。

We, or some of us, have been driven by an eerie destiny.

……

......

 けれども僕の言ひたいのは人形よりも近松門左衛門である。

However, what I say is Chikamatsu Monzaemon rather than dolls.

僕は小春治兵衛を見てゐるうちに今更のやうに近松を考へ出した。

While I was watching Koharu Harubei, I thought about Chikamatsu a while ago.

近松は写実主義者西鶴に対し、理想主義者の名を博してゐる。

Chikamatsu won the name of an idealist against the realist Nishitsuru.

僕は近松の人生観を知らない。

I don't know Chikamatsu's view of life.

近松は或は天を仰いで僕等の小を歎いてゐたであらう。

Chikamatsu looks up to heaven and listens to us in a small way.

或は又天気模様を考へては明日の入りを気遣つてゐたであらう。

Or, considering the weather pattern, I would like to take care of the arrival of tomorrow.

しかしそれは今日では誰も知らないことは確かである。

But it is certain that no one knows today.

唯近松の浄瑠璃を見れば、近松は決して理想主義者ではない。

If you look at the Joruri of Yui Chikamatsu, Chikamatsu is by no means an idealist.

理想主義者では――理想主義者とは一体何であらう?

In the idealist-what exactly is an idealist?

 西鶴は文芸上の写実主義者である。

Nishizuru is a literary realist.

同時に又人生観上の現実主義者である。

At the same time, he is also a realist in terms of life.

(少くとも作品によれば)しかし文芸上の写実主義者は必ずしも人生観上の現実主義者ではない。

(At least according to the work) But literary realists are not necessarily realistic realists.

いや、「マダム・ボヴアリイ」を書いた作家は文芸上にも又ロマン主義者だつた。

No, the writer who wrote "Madame Bovarii" was also a literary romanticist.

若し夢を求めることをロマン主義と呼ぶとすれば、近松も亦ロマン主義者であらう。

If you call dreams to be romanticism, Chikamatsu is also a romanticist.

しかし又一面にはやはり逞しい写実主義者である。

But once again, he is still a realist.

「小春治兵衛」の河内屋から鴈治郎の姿を抹殺せよ。

Eliminate the appearance of Koujiro from the Kawachiya of "Koharu Jyubei".

(この為には文楽を見ることである。)

(For this purpose, I look at Bunraku.)

そのあとに残るものは何でもない、人生の隅々へ目の届いた写実主義的戯曲である。

Nothing after that is a realist drama that reaches every corner of life.

成程そこには元禄時代の抒情詩もまじつてゐるのに違ひない。

There is no doubt that lyric poems from the Genroku era are actually there.

が、この抒情詩を持つてゐるものをロマン主義者と呼ぶとすれば、――ド・リイル・ラダンの言葉に偽りはない。

But if we call any lyricist with this lyric poem a Romantic, then-the words of De Lieil Radan are true.

僕等は阿呆でないとすれば、いづれもロマン主義者になる訣である。

If we weren't stupid, then all would be romantics.

 元禄時代の戯曲的手法は今日よりも多少自然ではない。

 The drama technique of the Genroku era is a bit less natural than it is today.

しかし元禄時代以後の戯曲的手法よりもはるかに小細工を用ひないものである。

However, it requires far less work than the drama technique after the Genroku era.

かう云ふ手法に煩はされないとすれば、「小春治兵衛」は心理描写の上には決して写実主義を離れてゐない。

If we don't bother with the Kabufu method, "Koharu Harubei" never leaves realism in terms of psychological depiction.

近松は彼等の官能主義やイゴイズムにも目を注いでゐる。

Chikamatsu also pays attention to their sensualism and egoism.

いや、彼等の中にある何か不思議なものにも目につけてゐる。

No, I can see something strange in them.

彼等を死に導いたものは必ずしも太兵衛の悪意ではない。

It is not necessarily Tabei's malicious intent that led them to death.

おさん親子の善意も亦やはり彼等を苦しませてゐる。

The goodwill of the parents and children also makes them suffer.

 近松は度々日本のシエクスピイアに比せられてゐる。

Chikamatsu is often compared to Japan's Siexpire.

それは在来の諸家の説よりも或は一層シエクスピイア的かも知れない。

It may be more of a Siexpire than the theory of the natives.

第一に近松はシエクスピイアのやうに殆ど理智を超越してゐる。

First, Chikamatsu transcends most of the wisdom of Siexpia.

(ラテン人種の戯曲家モリエエルの理智を想起せよ。)

(Remember the ethos of the Latin drama player Mollier.)

それから又戯曲の中に美しい一行を撒き散らしてゐる。

Then, a beautiful line is scattered in the drama again.

最後に悲劇の唯中にも喜劇的場景を点出してゐる。

Finally, we will also come up with a comedy scene even in the tragedy.

僕は炬燵の場の乞食坊主を見ながら、何度も名高い「マクベス」の中の酔つ払ひの姿を思ひ出した。

As I watched the beggar-headed priest in the kotatsu area, I repeatedly thought of the drunken man in the famous Macbeth.

 近松の世話ものは高山樗牛以来、時代ものの上に置かれてゐる。

 Chikamatsu's care products have been placed on top of the era since Takayama Higyu.

が、近松は時代ものの中にもロマン主義者に終始したのではない。

However, Chikamatsu wasn't completely romantic in the times.

これも亦多少シエクスピイア的である。

This is also a bit like a Siexpire.

シエクスピイアは羅馬の都に時計を置いて顧みなかつた。

Siexpire put a watch in the city of Roma and looked after him.

近松も時代を無視してゐることはシエクスピイア以上である。

Chikamatsu ignores the times and is more than Siexpire.

のみならず神代の世界さへ悉く元禄時代の世界にした。

Not only did it become the world of the Genroku era, when the world of God was furious.

それ等の人物も心理描写の上には存外|屡写実主義的である。

Those people are also absurd in their psychological description.

たとへば「日本振袖始」さへ、巨旦蘇旦兄弟の争ひは全然世話もの中の一場景と変りはない。

It's "Japan's beginning of kimono", but the battle between the Kyodan Sudan brothers is no different from the scene that is being taken care of at all.

しかも巨旦の妻の気もちや父を殺した後の巨旦の気もちは恐らくは現世にも通用するであらう。

Moreover, the feeling of the wife of Kida and the feeling of Kida after killing his father are probably valid in this world.

まして素戔嗚の尊の恋愛などは恐れながら有史以来少しも変らない××である。

In addition, even though I'm afraid of the love of the priest's son, I have never changed since history.

 近松の時代ものは世話ものよりも勿論|荒唐無稽である。

/> The things of the Chikamatsu era are, of course, less rough than care.

しかしその為に世話ものにない「美しさ」のあつたことは争はれない。

However, there is no dispute that there is a "beauty" that cannot be taken care of.

たとへば日本の南部の海岸に偶然漂つて来た船の中に支那美人のゐる場景を想像せよ。

Imagine the scenery of a beautiful Chinese woman in a ship that accidentally floated on the southern coast of Japan.