文学その6

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

文芸的な、余りに文芸的な:芥川 龍之介(804-861)/1532

若しそれ等を俗悪と云ふならば、現世の小説や戯曲も亦同様に俗悪と云はなければならぬ。

If they are called vulgarities, then novels and plays in this world must be vulnerable as well.

 小島政二郎氏は前に川柳の中の官能的描写を指摘した。

Mr. Seijiro Kojima pointed out a sensual depiction in Kawayanagi before.

後代は或は川柳の中の社会的|苦悶を指摘するかも知れない。

Later generations may point out the social affliction in Kawayanagi.

僕は川柳には門外漢である。

I'm an outsider at Kawayanagi.

が、川柳も抒情詩や叙事詩のやうにいつかフアウストの前を通るであらう、尤も江戸伝来の夏羽織か何かひつかけながら。

However, Kawayanagi also appears to pass in front of Fuust someday as in lyric and epic poetry, perhaps wearing a summer haori or something from Edo.

心より詩人わが

My heart is a poet

喜ばむことを君知るや。

I know you're happy.

一人だに聞くことを

To ask alone

願はぬ詞を歌はしめよ。

Let's sing a song with no wish.

     二十六 詩形

26 poems

 お伽噺の王女は城の中に何年も静かに眠つてゐる。

Fairy princess sleeps quietly in the castle for years.

短歌や俳句を除いた日本の詩形もやはりお伽噺の王女と変りはない。

The Japanese poetry excluding tanka and haiku is still the same as the fairy princess.

万葉集の長歌は暫らく問はず、催馬楽も、平家物語も、謡曲も、浄瑠璃も韻文である。

The long poems of the Manyoshu should be questioned for a while, but the rhymes, the story of the Heike, the songs, and the joruri are all rhymes.

そこには必ず幾多の詩形が眠つてゐるのに違ひない。

There is no doubt that many poems sleep there.

唯別行に書いただけでも、謡曲はおのづから今日の詩に近い形を現はすのである。

Even if only written in Yubetsu, the folk song will have a form similar to today's poem.

そこには必ず僕等の言葉に必然な韻律のあることであらう。

There is always an inevitable prosody in our words.

(今日の民謡と称するものは少くとも大部分は詩形上|都々逸と変りはない。)

(Today's folk songs are at least mostly poetic.

この眠つてゐる王女を見出すだけでも既に興味の多い仕事である。

Finding this sleeping princess is already an interesting task.

まして王女を目醒ませることをや。

Not to wake up the princess.

 尤も今日の詩は――更に古風な言葉を使へば、新体詩はおのづからかう云ふ道に歩みを運んでゐるかも知れない。

However, today's poetry-using more old-fashioned words, neo-poetry might take a walk on the humorous road.

又今日の感情を盛るのに昨日の詩形は役立たないであらう。

Moreover, the poetry of yesterday is not useful for raising today's feelings.

しかし僕は過去の詩形を必ずしも踏襲しろと言ふのではない。

But I'm not saying that you should always follow past poems.

唯それ等の詩形の中に何か命のあるものを感ずるのである。

I feel something in the poems that have life.

同時に又その何かを今よりも意識的に掴めと言ひたいのである。

At the same time, I want to say that I should grasp something more consciously than I am now.

 僕等は皆どう云ふ点でも烈しい過渡時代に生を享けてゐる。

 All of us can enjoy our lives in a period of intense transition.

従つて矛盾に矛盾を重ねてゐる。

Therefore, the contradiction overlaps the contradiction.

光は――少くとも日本では東よりも西から来るかも知れない。

Light-may at least come from the west rather than the east in Japan.

が、過去からも来る訣である。

However, it is a recipe that comes from the past.

アポリネエルたちの連作体の詩は元禄時代の連句に近いものである。

The poetry of the Apollinaire's series is close to that of the Genroku era.

のみならず数等完成しないものである。

Not only that, but the numbers are not completed.

この王女を目醒まさせることは勿論誰にも出来ることではない。

Nobody can awaken this princess, of course.

が、一人のスウインバアンさへ出れば――と云ふよりも更に大力量の一人の「片歌の道守り」さへ出れば……

However, if one goes to Swin Baan, and if it goes to one “Kataka no Michimori,” who is even more powerful than saying...

 日本の過去の詩の中には緑いろのものが何か動いてゐる。

 In the past poems of Japan, something green moves.

何か互に響き合ふものが――僕はその何かを捉へることは勿論、その何かを生かすことも出来ないものの一人であらう。

Something that resonates with each other-I'm one of those who can't make use of it, let alone capture it.

しかしその何かを感じてゐることは必ずしも人後に落ちないつもりである。

However, feeling that something is not necessarily going to fall behind people.

こんなことは文芸上或は末の末のことかも知れない。

This may be literary or endless.

唯僕はその何かに――ぼんやりした緑いろの何かに不思議にも心を惹かれるのである。

Yui is mysteriously attracted to something—a hazy green color.

     二十七 プロレタリア文芸

27 proletarian literary arts

 僕等は時代を超越することは出来ない。

We cannot be timeless.

のみならず階級を超越することも出来ない。

Not only can it not cross the class.

トルストイは女の話をする時には少しも猥褻を嫌はなかつた。

Tolstoy didn't mind being obscene at all when talking about the woman.

それは又ゴルキイを辟易させるのに足るものだつた。

It was also enough to make Gorky annoyed.

ゴルキイはフランク・ハリスとの問答の中に「わたしはトルストイよりも礼儀を重んじてゐる。

Gorky said in a question and answer with Frank Harris, "I am more polite than Tolstoy.

若しトルストイを学んだとしたらば、彼等はそれをわたしの素性の為と――百姓育ちの為と解釈するであらう」と正直に衷情を話してゐる。

If they had learned Tolstoy, they would interpret it for my identity-for growing up a farmer," he honestly said in compassion.

ハリスは又その言葉に「ゴルキイの未だに百姓であることはこの点に――即ち百姓育ちを羞ぢる点に露はれてゐる」と註してゐる。

Harris also notes in his words, "Gorky's still peasant is exposed at this point-that is, the point at which he grows up the peasant is exposed."

 中産階級の革命家を何人も生んでゐるのは確かである。

It is certain that it will spawn a number of middle class revolutionaries.

彼等は理論や実行の上に彼等の思想を表現した。

They expressed their ideas on theory and practice.

が、彼等の魂は果して中産階級を超越してゐたであらうか?

But, have their souls transcended the middle class?

 ルツテルは羅馬加特力教に反逆した。

Ruthtel rebelled against Roma Ka Specialism.

しかも彼の仕事を妨げる悪魔の姿を目撃した。

Moreover, I witnessed the appearance of a devil that interfered with his work.

彼の理智は新しかつたであらう。

His reason is new.

しかし彼の魂はやはり羅馬加特力教の地獄を見ずにはゐられなかつたのである。

However, his soul was unbeatable without seeing the hell of Romaka Specialism.

これは宗教の上ばかりではない。

This is not just religious.

社会制度の上でも同じことである。

The same applies to social systems.

 僕等は僕等の魂に階級の刻印を打たれてゐる。

We are engraved with the rank of our soul.

のみならず僕等を拘束するものは必ずしも階級ばかりではない。

Not only class is the one that restrains us.

地理的にも大は日本から小は一市一村に至る僕等の出生地も拘束してゐる。

Geographically, we also restrain our birthplace from large Japan to small cities and villages.

その他遺伝や境遇等も考へれば、僕等は僕等自身の複雑であることに驚嘆せずにはゐられないであらう。

Considering other factors such as heredity and circumstances, we cannot be amazed at the complexity of ourselves.