文学その6

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

文芸的な、余りに文芸的な:芥川 龍之介(1059-1106)/1532

純一無雑になることは誰にも恐らくは困難であらう。

It's probably hard for anyone to become untidy.

しかし兎に角外見上でも僕の知つてゐる作家たちの中にはこの境涯にゐる人もない訣ではない。

However, it is not the point that even among the writers I know, even on the outside, there is no one in this life.

僕はいつもかう云ふ人々に多少の羨望を感じてゐる。

I always feel a little envy of the people.

……

......

 僕は誰かの貼つた貼り札によれば、所謂「芸術派」の一人になつてゐる。

According to someone's sticker, I am one of the so-called "arts".

(かう云ふ名称の存在するのは、同時に又かう云ふ名称を生んだ或|雰囲気の存在するのは世界中に日本だけであらう。)

(At the same time, there is a Kafu name, and at the same time, there is an atmosphere in which only Kafu comes from.

僕の作品を作つてゐるのは僕自身の人格を完成する為に作つてゐるのではない。

Creating my work is not done to complete my personality.

況や現世の社会組織を一新する為に作つてゐるのではない。

It is not created to renew the situation or the social organization of this world.

唯僕の中の詩人を完成する為に作つてゐるのである。

It is created to complete the poet in Yui Mei.

或は詩人兼ジヤアナリストを完成する為に作つてゐるのである。

Or it was created to complete the poet and Jaya Analyst.

従つて「野性の呼び声」も僕には等閑に附することは出来ない。

Therefore, the "call of wildness" cannot be attached to me quietly.

 或友人は森先生の詩歌に不満を洩らした僕の文章を読み、僕は感情的に森先生に刻薄であると云ふ非難を下した。

A friend read my writing dissatisfied with Mori-sensei's poetry, and accused me of being emotionally disrespectful.

僕は少くとも意識的には森先生に敵意などは持つてゐない。

I have no intention of hostility to Mori-sensei at least consciously.

いや、寧ろ森先生に心服してゐる一人であらう。

No, I'll treat myself to Nero-sensei.

しかし僕の森先生にも羨望を感じてゐることは確かである。

However, it is certain that my Mori sensei is envious.

森先生は馬車馬のやうに正面だけ見てゐた作家ではない。

Mori-sensei is not a writer who looked only at the front of a horse-drawn carriage.

しかも意力そのもののやうに一度も左顧右眄したことはなかつた。

Moreover, I have never been left-handed or right-handed in spite of my own will.

「タイイス」の中のパフヌシユは神に祈らずに人の子だつたナザレの基督に祈つてゐる。

Pahunusyu in "Taisuis" does not pray to God but prays to the commander of Nazareth, the son of man.

僕のいつも森先生に近づき難い心もちを持つてゐるのは或はかう云ふパフヌシユに近い歎息を感じてゐる為であらう。

The reason why I always have a difficult heart to approach Mori-sensei is because I feel a sigh close to that of Kafufu Pahunushiyu.

     三十一 「西洋の呼び声」

31st "Western Call"

 僕はゴオガンの橙色の女に「野性の呼び声」を感じてゐる。

 I feel the "call of wildness" to Googan's orange woman.

しかし又ルドンの「若き仏陀」(土田|麦僊氏所蔵?)

But again Redon's "Young Buddha" (Tsuchida | Mr. Mugii?)

に「西洋の呼び声」を感じてゐる。

Feel the "Western call".

この「西洋の呼び声」もやはり僕を動かさずには措かない。

This "Western call" cannot help without moving me.

谷崎潤一郎氏も谷崎氏自身の中に東西両洋の相剋を感じてゐる。

Mr. Junichiro Tanizaki also feels the conflict between East and West in Mr. Tanizaki himself.

しかし僕の「西洋の呼び声」と云ふのは或は谷崎氏の「西洋の呼び声」とは多少異つてゐるかも知れない。

However, my "Western call" may be a little different from Mr. Tanizaki's "Western call".

僕はその為に僕の感じる「西洋」のことを書いて見ることにした。

That's why I decided to write and see what I feel about the West.

「西洋」の僕に呼びかけるのはいつも造形美術の中からである。

It is always from the plastic art that I call the "Western" me.

文芸上の作品は――殊に散文は存外この点では痛切ではない。

Literary works-prose in particular is outrageous in this respect.

それは一つには僕等人間は人間獣であることに東西の差別の少ない為であらう。

This is partly because human beings are human beasts because there is little discrimination between East and West.

(最も手近な例を引けば、某医学博士の或少女を凌辱したのは全然神父セルジウスの百姓の娘に対したのと異らない男性の心理である。)

(In the most immediate example, it was the psychology of a man who insulted a girl of a doctor of medicine no different from the daughter of the ancestor Serus's peasant family at all.)

それから又僕等の語学的素養は文芸上の作品の美を捉へる為には余りに不完全である為であらう。

And again, our linguistic background is too imperfect to capture the beauty of literary works.

僕等は、――少くとも僕は紅毛人の書いた詩文の意味だけは理解出来ないことはない。

We, at least, can understand the meaning of the poetry written by the Red-haired man.

が、僕等の祖先の書いた詩文――たとへば凡兆の「木の股のあでやかなりし柳かな」に対するほど、一字一音の末に到るまで舌舐めずりをすることは出来ないのである。

However, I cannot lick my tongue until I reach the end of each letter, as much as I can say to the poem written by our ancestors-Tatahabane's "Oh, it's a tree's crotch and pretty willow."

西洋の僕に呼びかけるのに造形美術を通してゐるのは必しも偶然ではないかも知れない。

It may not be a coincidence to call through Western art to call me in the West.

 この「西洋」の底に根を張つてゐるものはいつも不可思議なギリシアである。

The thing that has its roots in the bottom of this "Western" is always a mysterious Greek.

水の冷暖は古人も言つたやうに飲んで自知する外に仕かたはない。

There is no way that even ancient people can drink the cold and warm water and be aware of it.

不可思議なギリシアも亦同じことである。

The same is true for the mysterious Greek.

僕は最も手短かにギリシアを説明するとすれば、日本にもあるギリシア陶器の幾つかを見ることを勧めるであらう。

The easiest way to explain Greece is by suggesting to see some of the Greek pottery found in Japan.

或は又ギリシア彫刻の写真を見ることを勧めるであらう。

Alternatively, I would recommend you to look at the pictures of Greek sculptures.

それ等の作品の美しさはギリシアの神々の美しさである。

The beauty of these works is that of the Greek gods.

或は飽くまでも官能的な、――言はば肉感的な美しさの中に何か超自然と言ふ外はない魅力を含んだ美しさである。

Or, even if you get tired of it, it's sensual, that is, it is a beauty that has a charm that is something that is supernatural in a sensual beauty.

この石に滲みこんだ麝香か何かの匂のやうに得体の知れない美しさは詩の中にもやはりないことはない。

The innocent beauty of the musk or some scent that oozes into this stone can be found in poetry.

僕はポオル・ヴアレリを読んだ時、(紅毛の批評家は何と言ふか知れない。)

When I read Poor Vuarelli (what the crimson of Kuroike can say).

ボオドレエルの昔からいつも僕を動かしてゐたかう云ふ美しさに邂逅した。

From the old days of Vaudreel, I always moved me and met the beauty of being warm.

しかし最も直接に僕にこのギリシアを感じさせたのは前に挙げた一枚のルドンである。

But it was the one of the redones listed above that made me feel this Greek most directly.

……

......

 ギリシア主義とヘブライ主義との思想上の対立はいろいろの議論を生じてゐる。

The ideological confrontation between Greek and Hebrew causes various discussions.