文学その6

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

西方の人:芥川 龍之介(1-59)/510

西方の人

Western people

芥川龍之介

Ryunosuke Akutagawa

1 この人を見よ

1 Look at this person

 わたしは彼是十年ばかり前に芸術的にクリスト教を――殊にカトリツク教を愛してゐた。

 I loved Christism artistically--about 10 years ago--especially Catholicism.

長崎の「日本の聖母の寺」は未だに私の記憶に残つてゐる。

The “Temple of Our Lady of Japan” in Nagasaki is still in my memory.

かう云ふわたしは北原白秋氏や木下|杢太郎氏の播いた種をせつせと拾つてゐた鴉に過ぎない。

Kaunfu: I'm just a crow who picked up the seed sown by Shiraaki Kitahara and Kintaro Shimotaro.

それから又何年か前にはクリスト教の為に殉じたクリスト教徒たちに或興味を感じてゐた。

Then, a few years ago, I felt a certain interest in the Christians who were martyred for Christism.

殉教者の心理はわたしにはあらゆる狂信者の心理のやうに病的な興味を与へたのである。

The martyr's psychology gave me a very pathological interest in the psychology of all fanatics.

わたしはやつとこの頃になつて四人の伝記作者のわたしたちに伝へたクリストと云ふ人を愛し出した。

At that time, I loved Christus, who was the four biographers and who had passed on to us.

クリストは今日のわたしには行路の人のやうに見ることは出来ない。

Christ cannot see to me like the people of the path today.

それは或は紅毛人たちは勿論、今日の青年たちには笑はれるであらう。

It may be laughed at by the youths of today, let alone the red-haired people.

しかし十九世紀の末に生まれたわたしは彼等のもう見るのに飽きた、――寧ろ倒すことをためらはない十字架に目を注ぎ出したのである。

But born at the end of the nineteenth century, I was tired of seeing them anymore-they poured out their eyes on the cross that they wouldn't hesitate to overthrow.

日本に生まれた「わたしのクリスト」は必しもガリラヤの湖を眺めてゐない。

Born in Japan, "My Christ" does not necessarily look at the lake of Galilee.

赤あかと実のつた柿の木の下に長崎の入江も見えてゐるのである。

The bay of Nagasaki can be seen under the red persimmon tree with red fruits.

従つてわたしは歴史的事実や地理的事実を顧みないであらう。

Therefore, I do not care about historical or geographical facts.

(それは少くともジヤアナリステイツクには困難を避ける為ではない。

(It's not at least to avoid difficulties for the analysts.

若し真面目に構へようとすれば、五六冊のクリスト伝は容易にこの役をはたしてくれるのである。)

If you're seriously trying, the fifty-six books of Christo can easily fulfill this role. )

それからクリストの一言一行を忠実に挙げてゐる余裕もない。

And then, I can't afford to cite each word of Christ faithfully.

わたしは唯わたしの感じた通りに「わたしのクリスト」を記すのである。

I write "my Christ" exactly as I felt.

厳しい日本のクリスト教徒も売文の徒の書いたクリストだけは恐らくは大目に見てくれるであらう。

Even the strict Japanese Christians will probably only overlook the Christos written by the people who sell them.

2 マリア

2 Maria

 マリアは唯の女人だつた。

Maria is the only woman.

が、或夜聖霊に感じて忽ちクリストを生み落した。

However, one night he felt the Holy Spirit and reborn Christo.

我々はあらゆる女人の中に多少のマリアを感じるであらう。

We feel some Maria in every woman.

同時に又あらゆる男子の中にも――。

At the same time, in every boy.

いや、我々は炉に燃える火や畠の野菜や素焼きの瓶や巌畳に出来た腰かけの中にも多少のマリアを感じるであらう。

No, we can feel some Maria in the fire that burns in the furnace, the vegetables in the hat, the unglazed jar and the stool made in the tatami mat.

マリアは「永遠に女性なるもの」ではない。

Maria is not "everything female".

唯「永遠に守らんとするもの」である。

Yui is something to protect forever.

クリストの母、マリアの一生もやはり「涙の谷」の中に通つてゐた。

The life of Maria, Christ's mother, also passed through the Valley of Tears.

が、マリアは忍耐を重ねてこの一生を歩いて行つた。

But Maria walked through this life with patience.

世間智と愚と美徳とは彼女の一生の中に一つに住んでゐる。

Satoshi, stupidity and virtue live in one in her life.

ニイチエの叛逆はクリストに対するよりもマリアに対する叛逆だつた。

Nichie's rebellion was more rebellious against Mary than against Christ.

3 聖霊

3 Holy Spirit

 我々は風や旗の中にも多少の聖霊を感じるであらう。

 We feel some Holy Spirit in the wind and the flag.

聖霊は必ずしも「聖なるもの」ではない。

The Holy Spirit is not necessarily "holy".

唯「永遠に超えんとするもの」である。

Yui is something that will forever be exceeded.

ゲエテはいつも聖霊に Daemon の名を与へてゐた。

Goethe always gave the Holy Spirit the name of Daemon.

のみならずいつもこの聖霊に捉はれないやうに警戒してゐた。

Not only that, I was always wary of being caught up in this Holy Spirit.

が、聖霊の子供たちは――あらゆるクリストたちは聖霊の為にいつか捉はれる危険を持つてゐる。

But the children of the Holy Spirit--every Christ is at risk of being caught for the Holy Spirit someday.

聖霊は悪魔や天使ではない。

The Holy Spirit is not a devil or an angel.

勿論、神とも異るものである。

Of course, it is also different from God.

我我は時々善悪の彼岸に聖霊の歩いてゐるのを見るであらう。

I sometimes see the Holy Spirit walking on the banks of good and evil.

善悪の彼岸に、――しかしロムブロゾオは幸か不幸か精神病者の脳髄の上に聖霊の歩いてゐるのを発見してゐた。

On the bank of good and evil-but, fortunately or unfortunately, Rombrozoo found the Holy Spirit walking on the spinal cord of the psychiatric person.

4 ヨセフ

4 Joseph

 クリストの父、大工のヨセフは実はマリア自身だつた。

Chris Christ's father, the carpenter Joseph, was actually Maria himself.

彼のマリアほど尊まれないのはかう云ふ事実にもとづいてゐる。

It is based on the fact that he is less respected than his Maria.

ヨセフはどう贔屓目に見ても、畢竟余計ものの第一人だつた。

Joseph was the foremost surplus, no matter how he looked at it.

5 エリザベツ

5 Elizabeth

 マリアはエリザベツの友だちだつた。

Maria was a friend of Elizabeth.

バプテズマのヨハネを生んだものはこのザカリアベの妻、エリザベツである。

The wife of John the Baptist was Elizabeth, the wife of this Zakariabe.

麦の中に芥子の花の咲いたのは畢に偶然と云ふ外はない。

It can be said that the fact that the mustard flower bloomed in the wheat was a coincidence.

我々の一生を支配する力はやはりそこにも動いてゐるのである。

The power that governs our lives also moves there.

6 羊飼ひたち

6 Shepherd Hitachi

 マリアの聖霊に感じて孕んだことは羊飼ひたちを騒がせるほど、醜聞だつたことは確かである。

It is certain that the feelings of the Holy Spirit of Mary were enough to make the shepherds hurt.

クリストの母、美しいマリアはこの時から人間苦の途に上り出した。

Christo's mother, Beautiful Maria, has been in human suffering since this time.

7 博士たち

7 Doctors

 東の国の博士たちはクリストの星の現はれたのを見、黄金や乳香や没薬を宝の盒に入れて捧げて行つた。

 The eastern doctors saw the appearance of Cristo's star, and offered gold, frankincense, and myrrh in the treasure leaf.

が、彼等は博士たちの中でも僅かに二人か三人だつた。

But they were only two or three of the doctors.

他の博士たちはクリストの星の現はれたことに気づかなかつた。

The other doctors realized that the star of Christo had appeared.