文学その6

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

西方の人:芥川 龍之介(60-118)/510

のみならず気づいた博士たちの一人は高い台の上に佇みながら、(彼は誰よりも年よりだつた。)

Not only that, but one of the doctors he noticed stood on a high platform, (he was older than anyone).

きららかにかかつた星を見上げ、はるかにクリストを憐んでゐた。

Looking up at the brightly shining star, he pityd Christ for much.

「又か!」

"Mataka!"

8 ヘロデ

8 Herod

 ヘロデは或大きい機械だつた。

Herod was a big machine.

かう云ふ機械は暴力により、多少の手数を省く為にいつも我々には必要である。

Kafufu machines are always needed by us to save some work due to violence.

彼はクリストを恐れる為にベツレヘムの幼な児を皆殺しにした。

He killed all of Bethlehem's young children to fear Christ.

勿論クリスト以外のクリストも彼等の中にはまじつてゐたであらう。

Of course, other than Christ, some of them will be present.

ヘロデの両手は彼等の血の為にまつ赤になつてゐたかも知れない。

Herod's hands may have gone pine red because of their blood.

我々は恐らくこの両手の前に不快を感じずにはゐられないであらう。

We will probably not feel uncomfortable in front of these hands.

しかしそれは何世紀か前のギロテインに対する不快である。

But it's an annoyance to guillotine centuries ago.

我々はヘロデを憎むことは勿論、軽蔑することも出来るものではない。

We can't hate Herod, nor despise him.

いや、寧ろ彼の為に憐みを感じるばかりである。

No, I just feel mercy for him.

ヘロデはいつも玉座の上に憂欝な顔をまともにしたまま、橄欖や無花果の中にあるベツレヘムの国を見おろしてゐる。

Herod always looks down on the land of Bethlehem in the slander and the fruit, with his gloomy face on his throne.

一行の詩さへ残したこともなしに。

Without leaving to a line of poetry.

……

......

9 ボヘミア的精神

9 Bohemian spirit

 幼いクリストはエヂプトへ行つたり、更に又「ガリラヤのうちに避け、ナザレと云へる邑」に止まつたりしてゐる。

❖ The young Christo goes to Egypt, and also stops at "Area called Nazareth, avoiding it in Galilee".

我々はかう云ふ幼な児を佐世保や横須賀に転任する海軍将校の家庭にも見出すであらう。

We will find young children in the naval officer's household who are transferred to Sasebo and Yokosuka.

クリストのボヘミア的精神は彼自身の性格の前にかう云ふ境遇にも潜んでゐたかも知れない。

Cristo's bohemian spirit may have lurked in the context of his own personality.

10 父

10 father

 クリストはナザレに住んだ後、ヨセフの子供でないことを知つたであらう。

After Christo lived in Nazareth, he learned that he was not Joseph's child.

或は聖霊の子供であることを、――しかしそれは前者よりも決して重大な事件ではない。

Or being a child of the Holy Spirit-but it is by no means a more serious event than the former.

「人の子」クリストはこの時から正に二度目の誕生をした。

"The Son of Man" Christo has just born for the second time.

「女中の子」ストリントベリイはまづ彼の家族に反叛した。

"The maiden child," Strintbergii, rebelled against his family.

それは彼の不幸であり、同時に又彼の幸福だつた。

It was his misery and his happiness at the same time.

クリストも恐らくは同じことだつたであらう。

Christo probably did the same.

彼はかう云ふ孤独の中に仕合せにも彼の前に生まれたクリスト――バプテズマのヨハネに遭遇した。

He met Christ, the Baptist John, who was born before him in a lonely manner.

我々は我々自身の中にもヨハネに会ふ前のクリストの心の陰影を感じてゐる。

We feel the shadow of Christ's heart before we meet John in ourselves.

ヨハネは野蜜や蝗を食ひ、荒野の中に住まつてゐた。

John lived in the wilderness, eating wild honey and scorpions.

が、彼の住まつてゐた荒野は必しも日の光のないものではなかつた。

However, the wilderness in which he lived was inevitable.

少くともクリスト自身の中にあつた、薄暗い荒野に比べて見れば……。

Compared to the gloomy wilderness at least in Christo himself...

11 ヨハネ

11 John

 バプテズマのヨハネはロマン主義を理解出来ないクリストだつた。

John the Baptist was Christo who could not understand romanticism.

彼の威厳は荒金のやうにそこにかがやかに残つてゐる。

His majesty lingers in the brilliance of the money.

彼のクリストに及ばなかつたのも恐らくはその事実に存するであらう。

Perhaps it is in that fact that he did not reach Christo.

クリストに洗礼を授けたヨハネは※の木のやうに逞しかつた。

John, who baptized Christo, survived in the wood.

しかし獄中にはひつたヨハネはもう枝や葉に漲つてゐる※の木の力を失つてゐた。

However, during prison, John, who had been hit, had already struck the branches and leaves, and had lost the power of the tree.

彼の最後の慟哭はクリストの最後の慟哭のやうにいつも我々を動かすのである。

His last cousin always moves us like Christo's last cousin.

――

-

「クリストはお前だつたか、わたしだつたか?」

"Did Christ get you or me?"

 ヨハネの最後の慟哭は――いや、必しも慟哭ばかりではない。

━ John's last cry---No, it is not the only cry.

太い※の木は枯かかつたものの、未だに外見だけは枝を張つてゐる。

The thick * trees have withered, but they still have branches only for their appearance.

若しこの気力さへなかつたとしたならば、二十何歳かのクリストは決して冷かにかう言はなかつたであらう。

If he were to fall for this spirit, Christus, twenty years old, would never say anything cold.

「わたしの現にしてゐることをヨハネに話して聞かせるが善い。」

"It is good to tell John what I am and tell you."

12 悪魔

12 Devil

 クリストは四十日の断食をした後、目のあたりに悪魔と問答した。

Chris asked the devil around his eyes after fasting forty days.

我々も悪魔と問答をする為には何等かの断食を必要としてゐる。

We also need some fasting to talk to the devil.

我々の或ものはこの問答の中に悪魔の誘惑に負けるであらう。

Some of us will lose the temptation of the devil in this question and answer.

又或ものは誘惑に負けずに我々自身を守るであらう。

Others will protect themselves without being tempted.

しかし我々は一生を通じて悪魔と問答をしないこともあるのである。

But we may not talk with the devil throughout our lives.

クリストは第一にパンを斥けた。

Cristo first banished the bread.

が、「パンのみでは生きられない」と云ふ註釈を施すのを忘れなかつた。

However, I forgot to give the comment that "I cannot live with bread alone".

それから彼自身の力を恃めと云ふ悪魔の理想主義者的忠告を斥けた。

Then he rejected the devil's idealistic advice, which he calls his own power.

しかし又「主たる汝の神を試みてはならぬ」と云ふ弁証法を用意してゐた。

But he also prepared a dialectic saying, "Don't try the Lord your God."

最後に「世界の国々とその栄華と」を斥けた。

Finally, he dismissed "the countries of the world and their glory."

それはパンを斥けたのと或は同じことのやうに見えるであらう。

It appears to be the same as the one that dismissed the bread.

しかしパンを斥けたのは現実的欲望を斥けたのに過ぎない。

However, it was only the real desire that prevented the bread.

クリストはこの第三の答の中に我々自身の中に絶えることのない、あらゆる地上の夢を斥けたのである。

In this third answer, Christ dismissed all of the earthly dreams in ourselves.