文学その6

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

西方の人:芥川 龍之介(174-225)/510

彼の最も愛したものは彼の道に従ふものだつた。

What he loved the most was his way.

クリストは又情熱に燃え立つたまま、大勢の人々の集つた前に大胆にもかう云ふ彼の気もちを言ひ放すことさへ憚らなかつた。

With all his passion, Christ reluctantly relented on his courage to speak boldly before a large crowd gathered.

マリアは定めし戸の外に彼の言葉を聞きながら、悄然と立つてゐたことであらう。

Maria stands out with courage while listening to his words outside the door.

我々は我々自身の中にマリアの苦しみを感じてゐる。

We feel the suffering of Mary in ourselves.

たとひ我々自身の中にクリストの情熱を感じてゐるとしても、――しかしクリスト自身も亦時々はマリアを憐んだであらう。

Even if we feel Christ's passion in ourselves-but Christ also sometimes harbors Mary.

かがやかしい天国の門を見ずにありのままのイエルサレムを眺めた時には。

When you look at Jerusalem as it is without looking at the glorious gates of heaven.

……

......

18 クリスト教

18 Christism

 クリスト教はクリスト自身も実行することの出来なかつた、逆説の多い詩的宗教である。

Chris is a paradoxical religion that cannot be practiced by Christ himself.

彼は彼の天才の為に人生さへ笑つて投げ棄ててしまつた。

He laughed at his life and threw him away because of his genius.

ワイルドの彼にロマン主義者の第一人を発見したのは当り前である。

It's no wonder that Wild's man discovered the first of Romantics.

彼の教へた所によれば、「ソロモンの栄華の極みの時にだにその装ひ」は風に吹かれる一本の百合の花に若かなかつた。

According to his teaching, "At the height of Solomon's glory, that dress" was a young lily flower blown by the wind.

彼の道は唯詩的に、――あすの日を思ひ煩はずに生活しろと云ふことに存してゐる。

His path is poetic: to live tomorrow without hesitation.

何の為に?

For what?

――それは勿論ユダヤ人たちの天国へはひる為に違ひなかつた。

--Of course, it was a mistake to reach Jewish heaven.

しかしあらゆる天国も流転せずにはゐることは出来ない。

But every heaven can't be helped without diversion.

石鹸の匂のする薔薇の花に満ちたクリスト教の天国はいつか空中に消えてしまつた。

One day Christ's heaven, full of soapy rose flowers, disappeared into the air.

が、我々はその代りに幾つかの天国を造り出してゐる。

But instead, we create some heaven.

クリストは我々に天国に対する※※を呼び起した第一人だつた。

Christo was the first person to evoke us against heaven.

更に又彼の逆説は後代に無数の神学者や神秘主義者を生じてゐる。

Furthermore, his paradox gives rise to countless theologians and mystics in later generations.

彼等の議論はクリストを茫然とさせずには措かなかつたであらう。

Their debate would be unsuccessful without disturbing Christo.

しかし彼等の或者はクリストよりも更にクリスト教的である。

But some of them are more Christian than Christo.

クリストは兎に角我々に現世の向うにあるものを指し示した。

Christ pointed us to something beyond this world.

我々はいつもクリストの中に我々の求めてゐるものを、――我々を無限の道へ駆りやる喇叭の声を感じるであらう。

We always find what we are looking for in Christo-the voice of a jerk who drives us to infinite paths.

同時に又いつもクリストの中に我々を虐んでやまないものを、――近代のやつと表現した世界苦を感じずにはゐられないであらう。

At the same time, I can't help but feel the pain of the world, which was described by Christ as a modern one.

19 ジヤアナリスト

19 Jiya Analyst

 我々は唯我々自身に近いものの外は見ることは出来ない。

We can only see what is close to ourselves.

少くとも我々に迫つて来るものは我々自身に近いものだけである。

At the very least, the only things that come close to us are those close to ourselves.

クリストはあらゆるジヤアナリストのやうにこの事実を直覚してゐた。

Christ was aware of this fact like any other analyst.

花嫁、葡萄園、驢馬、工人――彼の教へは目のあたりにあるものを一度も利用せずにすましたことはない。

Bride, vineyards, horses, craftsmen-his teaching has never gone without using what is around him.

「善いサマリア人」や「放蕩息子の帰宅」はかう云ふ彼の詩の傑作である。

"The Good Samaritan" and "The Return of the Prodigal Son" are the masterpieces of his poems.

抽象的な言葉ばかり使つてゐる後代のクリスト教的ジヤアナリスト――牧師たちは一度もこのクリストのジヤアナリズムの効果を考へなかつたのであらう。

The later Christo-like jean analyst who used only abstract words: the pastors never thought of the effect of jerusalism on this christo.

彼は彼等に比べれば勿論、後代のクリストたちに比べても、決して遜色のあるジヤアナリストではない。

He is, by definition, no less competitive analyst than theirs, or even the later Christos.

彼のジヤアナリズムはその為に西方の古典と肩を並べてゐる。

For that reason, his analogy is on par with Western classics.

彼は実に古い炎に新しい薪を加へるジヤアナリストだつた。

He was a Jaya analyst who added old fire to new firewood.

20 エホバ

20 Jehovah

 クリストの度たび説いたのは勿論天上の神である。

Of course, Christo often spoke of the heavenly god.

「我々を造つたものは神ではない、神こそ我々の造つたものである。」

“It is not God who made us, God made us.”

――かう云ふ唯物主義者グウルモンの言葉は我々の心を喜ばせるであらう。

――The words of the materialist Guulmon, who says Kauffu, please our hearts.

それは我々の腰に垂れた鎖を截りはなす言葉である。

It is a word that breaks the chains that hang on our waist.

が、同時に又我々の腰に新らしい鎖を加へる言葉である。

But at the same time, it is a word that adds a new chain to our waist.

のみならずこの新らしい鎖も古い鎖よりも強いかも知れない。

Not only this new chain may be stronger than the old one.

神は大きい雲の中から細かい神経系統の中に下り出した。

God descended from a large cloud into a fine nervous system.

しかもあらゆる名のもとにやはりそこに位してゐる。

Moreover, it is ranked there under all names.

クリストは勿論目のあたりに度たびこの神を見たであらう。

Of course, Christo often saw this god around his eyes.

(神に会はなかつたクリストの悪魔に会つたことは考へられない。)

(It is unthinkable to meet God but never met Christ the devil.)

彼の神も亦あらゆる神のやうに社会的色彩の強いものである。

His god is also as socially colored as any god.

しかし兎に角我我と共に生まれた「主なる神」だつたのに違ひない。

However, there is no doubt that it was the "lord god" born with Kakugae in the rabbit.

クリストはこの神の為に――詩的正義の為に戦ひつづけた。

Christ continued to fight for this god—for poetic justice.

あらゆる彼の逆説はそこに源を発してゐる。

Every his paradox originates there.

後代の神学はそれ等の逆説を最も詩の外に解釈しようとした。

Later theology attempted to interpret these paradoxes most out of poetry.

それから、――誰も読んだことのない、退屈な無数の本を残した。

Then--- left behind a myriad of boring books that no one has ever read.