文学その6

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

澄江堂雑記:芥川 龍之介(251-311)/498

が、この頃ふとレミ・ド・グルモンのことを書いたものを読んだら、グルモンはその晩年にさへ、毎日ラ・フランスに論文を一篇、二週間目にメルキユウルに対話を一篇書いてゐたらしい。

However, when I read what I wrote about Remi de Gourmont around this time, Gourmont wrote that in his later years, he wrote a paper to La France every day and a dialogue to Melchiyuur in the second week. ..

すると芸術を尊重する仏蘭西に生れた文学者も甚だ清閑には乏しい訣である。

Then, the literary man born in France and the west who respects art is also a scarce idea for Seikan.

日本に生れた僕などの不平を云ふのは間違ひかも知れない。

It may be wrong to complain about myself and other people born in Japan.

     二十 イバネス

Twenty Ibanez

 イバネス氏も日本へ来たさうである。

Mr. Ivanez came to Japan.

滞在日数も短かかつたし、まあ通り一ぺんの見物をすませただけであらう。

I stayed only a few days, and I only had to visit the top of the street.

イバネス氏の評伝には Camille Pitollet の 〔V.Blasco-Iba'n~ez, Ses romans et le roman de sa vie〕 などと云ふ本も流行してゐる。

A book called "V. Blasco-Iba'n~ez, Ses romans et le roman de sa vie" by Camille Pitollet is also popular in Ivanez's biography.

と云つて読んでゐる次第ではない。

It doesn't depend on what you read.

唯二三年|前の横文字の雑誌に紹介してあるのを読んだだけである。

Twenty-Three Years | I just read the one introduced in the previous horizontal magazine.

「わたしの小説を作るのは作らずにはゐられない結果である。

"Making my novel is a result that cannot be avoided.

……わたしは青年時代を監獄に暮した。

...I lived in jail during my youth.

少くとも三十度は入獄したであらう。

At least thirty degrees in prison.

わたしは囚人だつたこともある。

I have been a prisoner.

度たび野蛮な決闘の為に重傷を蒙つたこともある。

He was often seriously injured due to a savage duel.

わたしは又人間の堪へ得る限りの肉体的苦痛を嘗めてゐる。

I also swear as much human suffering as I can.

貧乏のどん底に落ちたこともある。

I have fallen to the bottom of poverty.

が、一方には代議士に選挙されたこともある。

However, on the other hand, he was elected to a representative.

土耳古のサルタンの友だちだつたこともある。

I've also made friends with Dotanko Sultan.

宮殿に住んでゐたこともある。

I once lived in a palace.

それからずつと鉅万の金を扱ふ実業家にもなつてゐた。

Since then, he has become a business man who deals with a lot of money.

亜米利加では村を一つ建設した。

America built one village.

かう云ふことを話すのはわたしは小説を生活の上に実現出来ることを示す為である。

The reason I speak is to show that I can realize a novel in life.

紙とインクとに書き上げるよりも更に数等巧妙に実現出来ることを示す為である。」

This is to show that it is possible to realize more elaborately, such as numbers, than writing on paper and ink. "

 これはピトオレエの本の中にあるイバネス氏自身の言葉ださうである。

This is the word of Mr. Ibanez himself in Pitoolee's book.

しかし僕はこれを読んでも、文豪イバネス氏の云ふやうに、格別小説を生活の上に実現してゐると云ふ気はしない。

However, even if I read this, I wouldn't say that, as Mr. Ibanez, a literary writer, said, I would realize an exceptional novel in my life.

するのは唯小説の広告を実現してゐると云ふ気だけである。

The only thing I do is to realize a novel advertisement.

     二十一 船長

21st captain

 僕は上海へ渡る途中、筑後丸の船長と話をした。

 I talked with the captain of Chikugo Maru on the way to Shanghai.

政友会の横暴とか、ロイド・ジヨオジの「正義」とかそんなことばかり話したのである。

He talked about the tyranny of the Seiyukai and the "justice" of Lloyd Jyooji.

その内に船長は僕の名刺を見ながら、感心したやうに小首を傾けた。

While watching the business card, the captain tilted his nose as he was impressed.

「アクタ川と云ふのは珍らしいですね。

"It's rare to say the Akta River.

ははあ、大阪毎日新聞社、――やはり御専門は政治経済ですか?」

Haha, Osaka Mainichi Shimbun ----is your specialty political and economic? "

 僕は好い加減に返事をした。

Replying to my favor

 僕等は又|少時の後、ボルシエヴイズムか何かの話をし出した。

|We also talked about Borsievism or something after a while.

僕は丁度その月の中央公論に載つてゐた誰かの論文を引用した。

I just quoted someone's paper in the Central Public Thesis for the month.

が、生憎船長は中央公論の読者ではなかつた。

However, Captain Satan was not a reader of Central Public opinion.

「どうも中央公論も好いですが、――」

"I like Central Public opinion, but-"

 船長は苦にがしさうに話しつづけた。

 The captain continued to talk painfully.

「小説を余り載せるものですから、つい買ひ渋つてしまふのです。

"Because I publish too many novels, I'm afraid to buy.

あれだけはやめる訣に行かないものでせうか?」

Isn't that the only way to stop? "

 僕は出来るだけ情けない顔をした。

 I looked as pitiful as possible.

「さうです。

"I'm sorry.

小説には困りますね。

I am troubled with novels.

あれさへなければと思ふのですが。」

I think I should go to that. "

 爾来僕は船長に格別の信用を博したやうである。

-I'm really grateful to the captain.

     二十二 相撲

22 Sumo

「負けまじき相撲を寝ものがたりかな」とは名高い蕪村の相撲の句である。

"I wonder if you lose sleeping wrestling sumo?" is a famous sumo wrestling phrase in Kabumura.

この「負けまじき」の解釈には思ひの外異説もあるらしい。

It seems that there is a strange theory in the interpretation of this "Loss of Magic".

「蕪村句集講義」によれば虚子、碧梧桐両氏、近頃は又|木村架空氏も「負けまじき」を未来の意味としてゐる。

According to Kabumura's collection of lectures, both Kyoko and Kiri Aoki, and recently Ms. Kiku Kimura also use the term "losing magic" as the meaning of the future.

「明日の相撲は負けてはならぬ。

"Tomorrow's sumo won't lose.

その負けてはならぬ相撲を寝ものがたりに話してゐる。」

Talk about the unbeatable sumo to the sleeping sick. "

――と云ふやうに解釈するのである。

-It is interpreted as if it were.

僕はずつと以前から過去の意味にばかり解釈してゐた。

I was always interpreting the meanings of the past from before and after.

今もやはり過去の意味に解釈してゐる。

I still interpret it to the meaning of the past.

「今日は負けてはならぬ相撲を負けた。

"Today I have lost an unbeatable sumo.

それをしみじみ寝ものがたりにしてゐる。」

Soak it into a bedclothes. "

――と云ふやうに解釈するものである。

-It is something that you can interpret as.

もし将来の意味だつたとすれば、蕪村は必ず「負けまじき」と調子を張つた上五の下へ「寝ものがたりかな」と調子の延びた止めを持つて来はしなかつたであらう。

If it means in the future, Kabumura will never bring a slow-down stop to Kamigo under the condition that he is in a position of "losing and losing".

これは文法の問題ではない。

This is not a grammar issue.

唯「負けまじき」をどう感ずるかと云ふ芸術的|触角の問題である。

It's a matter of artistic feeling, which is how to feel "defeated magic".

尤も「蕪村句集講義」の中でも、子規居士と内藤鳴雪氏とはやはり過去の意味に解釈してゐる。

Of course, in the "Kabumura Gakushu Lecture", Shigeki Shigeki and Naruyuki Naito interpret the meaning of the past.