文学その6

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

プロレタリア文学論:芥川 龍之介(37-60)/60

斯の如く所謂宣伝の対照もはつきりせずその宣伝のために迷惑を蒙る資本家でない人もある。

As such, there are some people who are not capitalists who do not have a so-called contrast of advertising and are troubled by the advertising.

それは兎に角としてプロレタリア文学は矢張りうまいものでなければならない。

As a rabbit, proletarian literature must be tame.

まづいものはいけない、なぜかといふに譬へプロレタリア文学は宣伝を陰に陽に主張してゐることによつて想像出来る如く、彼等の目的はプロレタリアの天下を将来させるための一つの啓蒙的な一時的なものであるといつても、将来は文学として立派なプロレタリア文学が出来るが、現在ではその踏み台だ。

Don't be afraid, for some reason why proletarian literature is one of the enlightening ones for the future of the proletarian world, as can be imagined by proclaiming propaganda implicitly and positively. It is always a temporary thing, but in the future, it will be possible to make good literature as proletarian literature, but now it is a stepping stone.

それでいゝ、それだからまずくてもいゝといふ論は立たないと思ふ。

That's right, so I don't think there's a debate about it.

又あらゆる文芸は死滅せざるを得ない。

Also, all literary arts must be killed.

伝統は滅びる。

Tradition perishes.

しかし過去の死滅した文学もその当時にあつては立派に生きてゐたやうに、将来はいゝものが必ず出来るからといつて現在のプロレタリア文学の不完全を是認出来ないのである。

However, even if the dead literature of the past lived brilliantly at that time, it is not possible to approve the imperfections of the present proletarian literature just because something will surely be made in the future.

現在でもいゝプロレタリア文学を造らなければならない。

Even now, I have to make a proletarian literature.

それは私といふ人間が早晩死ぬだらうが、現在はこの通り生きてゐる。

It makes me and my humans die early and soon, but now I live this way.

それは非常に見識の高い人間から見れば私は生きてゐるやうでその実中味は死んでゐるといはれるかも知れないが、ともあれなんといつても私はこの通り生きてゐるやうに、一つの過渡期における産物、将来の足場同様のプロレタリア文学といつても、現在われわれの胸を打つ力のあるものでなければならない。

It may be said that from the viewpoint of a very discerning person, I'm alive and its contents are dead, but anyway, I'm always alive, one transitional period. The product of, the proletarian literature of the future, as well as the scaffolding of the future, must always be the power that strikes us now.

相当芸術作品としてものになつてゐるものでなければならない。

It must be a work of art.

佐藤春夫君がプロレタリア文学には生々しい実感がなければならないといつたのも要するにいゝものを、すぐれたプロレタリア文学を求めんとする所の叫びに外ならないと思ふ。

I think that Haruo Sato has to have a fresh feeling for proletarian literature, and that is why I must say that it is nothing but the cry of seeking good proletarian literature.

 私が文壇においてプロレタリア文学の叫びは三四年来耳にするのであるが、私の目する所をもつてすれば私達の胸を打つプロレタリア文学なるものは未だ嘗て現れないやうであり、又同時にプロレタリア文学は誰の人によつても未だ形ちをもつに至らざる処女地のやうなものであると思ふ。

I have heard proletarian literature screaming in the literary podium for 34 years, but if I put my eyes on it, the proletarian literature that strikes our hearts will never appear again, and at the same time. I think that proletarian literature is a virgin land that has not yet been shaped by anyone.

私達今の作家の多くが所謂ブルヂヨア的である故にこれから新しい文学を樹立せんとする新人は大いにプロレタリア文学の処女地を開拓すべきであらうと思ふ。

Since most of us writers today are so-called bourgeois-like, I think that newcomers who want to establish new literature should cultivate a virgin place for proletarian literature.

いゝものはいゝのである。

"Imono is".

プロレタリア文学の完成を私は大いに期待するものである。

I have great expectations for the completion of proletarian literature.

底本:「芥川龍之介全集 第十二巻」岩波書店

Sokomoto: "Ryunosuke Akutagawa Complete Works, Volume 12" Iwanami Shoten

   1996(平成8)年10月8日発行

Issued October 8, 1996

入力:もりみつじゅんじ

Input: Mori Mitsujunji

校正:松永正敏

Calibration: Masatoshi Matsunaga

2002年5月17日作成

Created May 17, 2002

青空文庫作成ファイル:

File created by Aozora Bunko:

このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。

This file was created by Aozora Bunko (http://www.aozora.gr.jp/), a library on the Internet.

入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。

Volunteers helped input, proofread, and produce.