文学その6

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

文学好きの家庭から:芥川 龍之介(1-30)/30

文学好きの家庭から

From a literary home

芥川龍之介

Ryunosuke Akutagawa

 私の家は代々お奥坊主だったのですが、父も母もはなはだ特徴のない平凡な人間です。

 My house has been an Okubo for generations, but my father and mother are ordinary people with no special characteristics.

父には一中節、囲碁、盆栽、俳句などの道楽がありますが、いずれもものになっていそうもありません。

My father has hobbies such as Ichuchu, Go, bonsai, and haiku, but it seems unlikely that they will be all successful.

母は津藤の姪で、昔の話をたくさん知っています。

My mother is Tsuto's niece and I know a lot of old stories.

そのほかに伯母が一人いて、それが特に私のめんどうをみてくれました。

Besides that, there was one aunt, who especially watched me.

今でもみてくれています。

I still see it.

家じゅうで顔がいちばん私に似ているのもこの伯母なら、心もちの上で共通点のいちばん多いのもこの伯母です。

It is this aunt who looks the most like me at home, and it is also the aunt who has the most similarities in heart.

伯母がいなかったら、今日のような私ができたかどうかわかりません。

Without my aunt, I don't know if I could be like today.

 文学をやることは、誰も全然反対しませんでした。

No one was against doing literature at all.

父母をはじめ伯母もかなり文学好きだからです。

My parents and my aunt love literature.

その代わり実業家になるとか、工学士になるとか言ったらかえって反対されたかもしれません。

Instead, he might have been opposed by saying that he would be a businessman or a bachelor of engineering.

 芝居や小説はずいぶん小さい時から見ました。

I've seen plays and novels since they were so small.

先の団十郎、菊五郎、秀調なぞも覚えています。

I remember Danjuro, Kikugoro, and I'm in excellent condition.

私がはじめて芝居を見たのは、団十郎が斎藤内蔵之助をやった時だそうですが、これはよく覚えていません。

I heard that the first time I saw a play was when Danjuro played Tsutomu Saito, but I don't remember this well.

なんでもこの時は内蔵之助が馬をひいて花道へかかると、桟敷の後ろで母におぶさっていた私が、うれしがって、大きな声で「ああうまえん」と言ったそうです。

At this time, when Kinosuke Nonosuke drove his horse to the flower path at this time, I was hugged by my mother behind the pier and said with happiness in a loud voice, "Oh, no."

二つか三つくらいの時でしょう。

It will be two or three.

小説らしい小説は、泉鏡花氏の「化銀杏」が始めだったかと思います。

I think the novel that seems to be a novel was the beginning of Kyoka Izumi's "Ancho Kagin".

もっともその前に「倭文庫」や「妙々車」のようなものは卒業していました。

Before that, though, things like "Waiko" and "Myoyo" were graduated.

これはもう高等小学校へはいってからです。

This is after I went to higher elementary school.

底本:「羅生門・鼻・芋粥」角川文庫、角川書店

Sokomoto: "Rashomon, nose, potato porridge" Kadokawa Bunko, Kadokawa Shoten

   1950(昭和25)年10月20日初版発行

First issue on October 20, 1950 (Showa 25)

   1985(昭和60)年11月10日改版38版発行

Revised November 10, 1985 (Showa 60) Issued 38 editions

入力:j.utiyama

Input: j.utiyama

校正:かとうかおり

Calibration: Kaori Kato

1999年1月12日公開

Published January 12, 1999

2004年3月7日修正

Revised March 7, 2004

青空文庫作成ファイル:

File created by Aozora Bunko:

このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。

This file was created by Aozora Bunko (http://www.aozora.gr.jp/), a library on the Internet.

入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。

Volunteers helped input, proofread, and produce.